Billboard JAPAN


Special Contents

最先端ダンスポップを行く3ピースバンド=ドラゴネット、新作『Royal Blues』リリース記念インタビュー



インタビュー

 マーティン・ソルヴェグとの共演作「HELLO」が世界的な大ヒットを記録した、カナダ・トロント出身の3人組エレクトロ・ポップ・バンド、ドラゴネット。紅一点のマルティナ・ソーバラを中心に、キャッチーでポップでダンサンブルなトラックを手掛けてきた彼らが、前作『Bodyparts』以来、約4年振りに新作『Royal Blues』をリリースした。本作は、フィーチャー参加した「OUTLINES」のマイク・マゴや、スウェーデンのポップバンド、Dada Ante Portasを迎え、ポップ/ダンス/エレクトロの枠を超えた作品に仕上がっている。今回、12月23日の国内盤リリースを記念して、フロントボーカルを務めるマルティナにインタビューし、新作について話を訊いた。また、彼女に影響を与えた曲とおすすめソングのプレイリストも公開。

私達はポップ・ミュージックの最先端を追い求めてきたし、常に違うサウンドでプレイしてきた

−−4年ぶりとなる新作『Royal Blues』がついにリリースされました。タイトルにはどんな意味が込められているのでしょうか?

マルティナ・ソーバラ:完成するまでに時間も労力もかかったわ。タイトルは、すごくハッピーなんだけど、なんだか憂鬱っていう心情の意味よ。

−−今作はポップでダンサブルなサウンドは残しながらも、あなた達の初期作品に比べると、ソフトなサウンドに仕上がっていますね。テイラー・スウィフトやレディー・ガガのように、ジャンルのシフトチェンジをし、成功を収めているアーティストがいる中、ポップにこだわる理由はなぜでしょうか?

マルティナ:ポップの世界は幅広くて、ジャンルも増えてきてるわ。私達はポップ・ミュージックの最先端を追い求めてきたし、常に違うサウンドでプレイしてきた。自分たちがポップという括りに縛られているとは全く感じていないし、ポップ・ミュージックを作り続けていることで、何か心配することは一つもないわ。

−−チャーリーXCXの「ブーム・クラップ」を手掛けたプロデューサー、ステファン・グラスランドがシングル「Lonely Heart」のプロデュースを務めていますね。彼との出会いを教えてください。

マルティナ:別のライターとプロデューサーと一緒にLAで曲を書いていたときに、彼と知り合ったの。すぐに意気投合したわ。この曲は、これまで書いたことのないような作品に仕上がっているわね。新しいクリエイターとの出会いの良いところって、自分たちでは想像もつかないような作品が完成するところよ。




−−本作ではマイク・マゴや、スウェーデンのポップバンド、Dada Ante Portasをフィーチャーした曲も収録されていますね。

マルティナ:彼らとは過去に共演しているの。その時だけの関係で終わらずに、その後も一緒に作品を作る関係を築き上げるのって素晴らしいわよね。それに互いの制作プロセスをよく知ることが出来るわ。

−−カナダ出身で、恋愛や失恋を歌うポップ・アーティストという点では、ティーガン&サラと共通する部分があるなと感じました。

マルティナ:彼女達との仲は、もうかれこれ20年以上になるわ。初めて会った時から、お互いを励まし合ってきたし、新曲を出す前に相談にも乗ってくれるの。私にとって、ものすごく大切な関係よ。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 私達は今まで通りプレイして、曲を作って、その時の変化に任せるだけ
  3. Next >

私達は今まで通りプレイして、曲を作って、その時の変化に任せるだけ

−−皆さんの出身地、トロントは世界でも有数な多文化都市ですが、この背景が皆さんの音楽に何か関係していますか?

マルティナ:トロントって今すごくクールな場所よ。素晴らしく独創的で、文化的で、社交性に溢れているものがたくさん生まれているわ。それらには、街の多様性が十分関係しているっていうのは確かね。トロントから誕生するミュージックやアートのほとんどに多大な影響を与えているのは間違いないわ。




−−現代の音楽の聴き方について、どうお考えでしょうか?音楽ストリーミングサービスが主要となってきたこの頃、より多くのリスナーに知ってもらえるメリットもあれば、CDセールス数が落ちているというデメリットもあります。このような状況にどう対処していきますか?

マルティナ:現在の音楽業界って、とても面白くて、消費の本質や音楽の聴き方も絶えず変化している。私はその変化を恐れたり、それが良いか悪いか熟考したりするのは何の役にも立たないと思う。ただ今は、そのやり方が主流っていうだけで、私達は今まで通りプレイして、曲を作って、その時の変化に任せるだけよ。

−最近おすすめの作品はありますか?−

マルティナ:フランス人シンガー・ソングライターのクリスティン・アンド・ザ・クイーンズと、スウェーデン出身のデュオ、ニキ&ザ・ドーヴがおすすめ。私の今年のベスト・アルバムの2枚よ。

−−最後に、日本について、どう思っていますか?

マルティナ:まだ一回も日本でプレイしたことがないの。ジャパニーズ・ミュージックについても、そんなに詳しくないけど、まだまだ私の知らない世界がたくさんあるって感じね。さて、どこからスタートしようかしら。

ドラゴネットに影響を与えた9曲

Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>

ドラゴネット「Royal Blues」

Royal Blues

2016/12/23 RELEASE
LEXCD-16030 ¥ 2,160(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.LET THE NIGHT FALL
  2. 02.BODY 2 BODY
  3. 03.LONELY HEART
  4. 04.ROYAL BLUES
  5. 05.SWEET POISON (feat.DADA)
  6. 06.SECRET STASH (feat.MIKE MAGO)
  7. 07.SAVE MY NECK
  8. 08.DARTH VADER
  9. 09.HIGH FIVE
  10. 10.DETONATE
  11. 11.LOVE CAN’T TOUCH ME NOW
  12. 12.LOST TEENAGERS
  13. 13.FUTURE GHOST
  14. 14.RESISTOR (ジャパン・ボーナス)
  15. 15.MY COMPUTER (ジャパン・ボーナス)
  16. 16.21ST CENTURY (ジャパン・ボーナス)

関連キーワード

TAG

Special Contentsmore

Anly 1stアルバム『anly one』インタビュー
Anly 1stアルバム『anly one』インタビュー
伊江島出身の20歳は、初めてのアルバムで何を歌いたかったのか
甲斐よしひろ インタビュー
甲斐よしひろ インタビュー
「エド・シーランもそうですけど、 いま本当にシンガーソングライターが要求されている感じがします」
NGT48『青春時計』インタビュー
NGT48『青春時計』インタビュー
NGT48、いよいよメジャーデビュー。
少女たちの熱くてピュアな想い―――解禁。
A Closer Look at Spotify Live
A Closer Look at Spotify Live
注目のアーティストのライブセッションを世界へ発信する人気プログラム“Spotify Live”の第一弾国内アーティストの配信がスタート。一体どんなプログラムなのか?一つずつ紐解いていきましょう。
桑田佳祐 ソロ活動30周年イヤースタート。
桑田佳祐 ソロ活動30周年イヤースタート。
今年、ソロデビュ-30周年を迎える桑田佳祐から目が離せない!
スコット&リバース最新作『ニマイメ』発売記念特集
スコット&リバース最新作『ニマイメ』発売記念特集
約4年ぶりの2枚目!新作の魅力を豪華なゲスト・ラインアップの紹介とともに紐解く
大塚 愛『LOVE HONEY』インタビュー
大塚 愛『LOVE HONEY』インタビュー
歌うことの楽しさも取り戻した大塚 愛による、待望の新アルバム『LOVE HONEY』完成。
 サバイバル化が進む音楽シーンにおける彼女の生き方。そして本音と夢。
スプーン 来日インタビュー
スプーン 来日インタビュー
ブリットが語る最新作『ホット・ソーツ』、プリンス&ボウイの魅力、フクロウカフェ。

Chartsmore