Billboard JAPAN


NEWS

2018/12/29

【2018年米音楽界を歌詞でプレイバック】「1985」J.コール~ヒップホップ界における世代間の対立

 2018年の米チャートを賑わせたヒット曲や話題曲の中には、今年の米音楽界におけるトレンドや、社会の動きが歌詞に凝縮されているものがいくつも見られた。

 今年も残り少なくなるなか、米ビルボードがこれらの楽曲を起点に、米国における2018年の音楽事情/社会情勢を振り返っている。本日は、ヒップホップ/ラップ界においてひときわ異彩を放つ、J.コールの「1985」をピックアップする。

 「I'll be around forever 'cause my skills is tip-top/ To any amateur n***** that wanna get rocked/ Just remember what I told you when your shit flop/ In five years you gon' be on Love & Hip-Hop」(俺のスキルは最高だから永遠にここにいるぞ/ボコボコにされたいアマチュア野郎に(言っておく)/お前がダメになったとき、俺が言ったことを思い出せよ/あと5年もすればお前は(リアリティ番組)“Love & Hip-Hop”に出演してるだろうよ)

 J.コールは、最も力強く示唆に富んだメッセージをアルバムの最後に持ってくる傾向があるが、最新アルバム『KOD』でもこのパターンは続いており、最終曲「1985」では台頭してきた若い世代のラッパーたちに警告を放っている。ターゲットにしていたとされるリル・パンプと彼は、のちに1時間の対談で徹底的に話し合うことになるが、この楽曲はいわゆる“オールド・スクール”のヒップホップ・スターと、SoundCloudで頭角を現してきた新世代ラッパーたちとの間に存在する敵対意識を浮かび上がらせた。

 ほかにも、ミーク・ミルの『チャンピオンシップス』ではリック・ロスが6ix9ine(シックスナイン)を長々とディスっていたり、エミネムが『カミカゼ』でリル・ヨッティをターゲットにしている(今年はマシン・ガン・ケリーとのビーフも注目された)。ここ数年で言えばジェイ・Zやスヌープ・ドッグも新世代スターたちに批判的だ。

 だが、若手も先輩たちに敬意を表しているとは言えない。故XXXTentacion(エックスエックスエックステンタシオン)は、自分は故2パック(トゥパック・シャクール)より優れていると発言しており、Lil Xan(リル・ザン)も2パックはつまらないと発言して批判された。世代間の対立は当面続きそうだ。


◎「1985」音源
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/1985-intro-to-the-fall-off/1374017096?i=1374017632&mt=1&app=music

J.コール その他の画像・最新情報へ

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ】SixTONES / Snow Man、ジャニーズ初の同時デビュー2組が1.7万枚差でトップ2独走中

  2. 2

    【先ヨミ速報】SixTONES vs Snow Man、デビューシングルが共に40万枚超えでハーフミリオン目前

  3. 3

    桑田佳祐、1/24生放送の民放共同特別番組で応援ソングを初公開

  4. 4

    TOMORROW X TOGETHERが『ミュージックステーション』に初出演

  5. 5

    佐野元春が『ダウンタウンなう』に出演、地上波バラエティ番組は11年ぶり

HOT IMAGES

注目の画像