Billboard JAPAN


Daily News

16歳の女子高生SSW 坂口有望 メジャーデビューSG『好-じょし-』購入特典が決定

  • 坂口有望「16歳の女子高生SSW 坂口有望 メジャーデビューSG『好-じょし-』購入特典が決定」1枚目/3
  • 坂口有望「」2枚目/3
  • 坂口有望「」3枚目/3

 2017年7月26日に発売となる、16歳の女子高生シンガーソングライター 坂口有望のメジャーデビューシングル『好-じょし-』のCD購入特典が決定した。

 オリジナルバッジ2種は北村みなみによる超キュートな「女子高生」書き下ろしイラストにタワーレコードロゴ入り。そしてA2ポスターは坂口有望のかわいらしさと力強さが伝わってくる迫力の仕上がりだ。すべて非売品、今回限りの特典となっている。


◎特典情報
・タワーレコード全店(オンライン含む/一部店舗除く)…オリジナルバッジ
※オリジナルバッジは絵柄A,B 2種の内、1種をランダムにてお渡しいたします。
・坂口有望 応援店…オリジナルA2ポスター
http://amisakaguchi.tumblr.com/

◎リリース情報
メジャーデビューシングル『好-じょし-』
2017/7/26 RELEASE
<CD> ESCL-4898 1,111円(tax out.)
収録曲:
1.「好-じょし-」(作詞・作曲:坂口有望 編曲:岡部晴彦)
2.「紺色の主張」(作詞・作曲:坂口有望 編曲:岡部晴彦)
3.「16さいのうた-Studio Live Ver.-」(作詞・作曲:坂口有望)


◎ツアー情報
【坂口有望『サマーセンチガール ~初のバンド編成ワンマンライブ~』】
2017年8月10日(木)東京 渋谷WWW
OPEN 18:30 / START 19:00

2017年8月26日(土)大阪 心斎橋FANJ twice
OPEN 17:00 / START 17:30

チケット:前売り 3,000円(税込)※別途ドリンク代必要
※当日入場前に受付で学生証を提示すると500円キャッシュバック
※~6/5 21:00まで先行予約受付中!
http://eplus.jp/amisakaguchi_hp2017/

 

空っぽの空が僕はきらいだ
坂口有望「空っぽの空が僕はきらいだ」
2017/12/06
[CD]
¥1,200(税込)
購入画面へ
好-じょし-
坂口有望「好-じょし-」
2017/07/26
[CD]
¥1,200(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore