Billboard JAPAN


Daily News

須長和広、quasimodeベーシストによる初ソロ公演をレポート ジャズとは離れたサウンドで新たな一面を魅せる

 この日「ビルボードライブ東京」で行われたのは、須長和広の『MIRROR』リリースライブ。その2ndステージに立ち会うことが出来た。まずは、『MIRROR』にも参加した4人のメンバー、神谷洵平 (ds)、椎谷求 (g)、Kan Sano (key)、sugar me (vo)が登場。遅れて、須長和広が『MIRROR』のジャケットと同様の出で立ちで登場し、会場に大拍手が沸き起こった。

 オープニングは『MIRROR』でも1曲目を飾った「Coexistence」。幻想的なサウンドとアコースティック・ベースを手に取った須長のヴォーカルが会場に心地良く響き渡った。続く「空が落ちて」は歌詞にも注目していた曲だが、途中のピアノ、ベース、ドラムのトリオによるプレイも熱かった。

 MCを挟んで、ここから須長はエレクトリック・ベースに持ち替える。イントロが印象的な「Showtime」はギタリストの椎谷をフィーチャー。椎谷とは大橋トリオで知り合ったそうで、脳みそがチカチカするようなギター、普通じゃない感じが好きだったそうだ。そして、sugar meをフィーチャーした「Step Into The Sky」。歌詞はsugar meが付け、空に昇るようなハッピーな気持ちになる曲に仕上がったというが、耳に残る素晴らしい楽曲だ。

 ドラムの神谷をフィーチャーした「Suzanne」は、神谷が初めてヴォーカルを取った曲で、ライヴで歌うのも今回が初めてだったそうだが、ドラムと共にその歌声も印象深かった。Kan Sanoのキーボードとヴォーカルをフィーチャーした「Spring Mind」もカッコ良く、続く「The Butterfly」のラストで、quasimodeの「リライト・マイ・ファイア」でやったカヴァーのショート・ヴァージョンが聴けたのも嬉しかった。「Help Me」はquasimodeのカヴァー作品から漏れたというジョニ・ミッチェルの名曲で、須長のベースも心地良かった。

 そして、いよいよ『MIRROR』からの先行シングルで、NHK-Eテレの人気番組「やさいの時間」のエンディングテーマとして採用された「リズム」が、“幸せな気持ちになって終わります!”という須長のメッセージと共に紹介された。この曲が象徴するように『MIRROR』とこの日のライヴはバンドの一体感を感じさせた。

 アンコールでは『MIRROR』のジャケットをモチーフにしたTシャツを着て須長が1人で登場し、椅子に腰を掛けてベースソロを披露してくれた。そして、これで終演かと思っていた所に、先程LAから帰って来たばかりというマヤ・ハッチが予定外のスペシャル・ゲストとして登場! 『MIRROR』のラストを飾った「Everywhere」がマヤ・ハッチ本人の飛び入りという形で実現! その歌声は感無量だった。

 30歳を過ぎて、自分の中から出る音楽をやりたかったからと今回ソロ・アルバムを作った理由を語ってくれた須長和広。ベーシストとしてだけでなく、その楽曲はキャッチーでポップで、ロックやソウルも感じさせ、ジャズとはかけ離れたサウンドが良い意味でquasimodeファンの期待を裏切り、須長和広の新たな一面を見せてくれた。

 終演後はステージ後方から客席をバックに写真撮影を行い、その後サイン会も行われた。10月16日には『MIRROR』のジャケット撮影を手掛けた写真家、平間至と須長和広のトーク・セッションが開催される。また、10月2日にはビルボードライブ大阪でも公演が行われる。

 最後に、予てからジャズ・シーンで歌が歌える男性のアコースティック・ベース奏者が出て来ないものか…と密かに期待していたが、須長和広こそ、その期待に十分応えてくれる逸材だと思っている。

加瀬正之
ジャズ&音楽情報マガジン『The Walker's』発行人&編集人
http://www.t-walkers.com

◎公演情報
ビルボードライブ東京
2015年9月21日(月)
1stステージ開場15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30

ビルボードライブ大阪
2015年10月2日(金)
1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30

酒ジャズ~ぬる燗 佐藤 × ブルーノート
(V.A.) アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ クオシモード ルーベン・ウィルソン アルフォンズ・ムゾーン ホレス・シルヴァー ジャッキー・マクリーン リー・モーガン「酒ジャズ~ぬる燗 佐藤 × ブルーノート」
2016/07/06
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
今泉総之輔 須長和広 田村和大「凛」
2015/09/09
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
MIRROR
須長和広「MIRROR」
2015/09/09
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
Hot & Cool
quasimode Yusuke Hirado Takahiro “matzz” Matsuoka Kazuhiro Sunaga Sohnosuke Imaizumi Yoshio Iwamoto Taichiro Kawasaki「Hot & Cool」
2015/05/13
[CD]
¥2,808(税込)
購入画面へ
ジャズ・ナウ2015
(V.A.) 山中千尋 クオシモード ファブリッツィオ・ボッソ メリッサ・アルダナ アル・ジャロウ 黒田卓也 ヘレン・メリル「ジャズ・ナウ2015」
2014/12/17
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
ウィ・ラヴ・ジャズ・クリスマス
(V.A.) 小林桂 クオシモード トレインチャ ザ・バード&ザ・ビー 小野リサ ノラ・ジョーンズ イリアーヌ「ウィ・ラヴ・ジャズ・クリスマス」
2014/11/05
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore