Billboard JAPAN


フェイス・エヴァンス

フェイス・エヴァンス

Daily News

6
パワフルなヴォーカルで数々の名曲を披露、フェイス・エヴァンスの大阪公演初日レポートが到着
リトル・ドラゴン×フェイス・エヴァンス、ユキミ・ナガノ率いるスウェデーデン・バンドとR&Bの大御所がコラボ
松尾潔×林剛が語る“90年代ブラック・ミュージック”のベスト・アルバムとは? ビルボードライブ10周年イベント・ダイジェスト対談
ビルボードライブ10周年を記念し、松尾潔と林剛によるスペシャル・トークセッションが二子玉川・蔦屋家電で開催決定
エリカ・バドゥ&フェイス・エヴァンスほか注目の来日、DJキャレドが2週連続の全米AL首位、エミネム&ドレー周辺が騒がしく?:今週の洋楽まとめニュース
フェイス・エヴァンス、ザ・ノトーリアス・B.I.G.に捧げた最新作を携えて東阪単独公演が開催決定
『6月10日はなんの日?』元夫・ビギーとのデュエットも話題&【SOUL CAMP 2017】出演も決定、フェイス・エヴァンスの誕生日
【SOUL CAMP 2017】が開催決定!第一弾出演者は、エリカ・バドゥ、デ・ラ・ソウル、フェイス・エヴァンス
フェイス・エヴァンスと亡き夫と奇跡のコラボアルバム発売、リル・キムやチャイナ・タージェレイも参加(Album Review)

もっとみる

3

Special Archive

もっとみる

R&Bクリスマス コンピレーション
(オムニバス) フェイス・エヴァンス ステイシー・オリコ キキ ビービー・ワイナンズ シーシー・ワイナンズ エターナル ジ・オージェイズ「R&Bクリスマス コンピレーション」
2011/11/09
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
サムシング・アバウト・フェイス
フェイス・エヴァンス「サムシング・アバウト・フェイス」
2010/10/20
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
フェイスフリー
フェイス・エヴァンス「フェイスフリー」
2006/07/26
[CD]
¥1,749(税込)
購入画面へ
キープ・ザ・フェイス
フェイス・エヴァンス「キープ・ザ・フェイス」
2006/07/26
[CD]
¥1,749(税込)
購入画面へ
フェイス・エヴァンス
フェイス・エヴァンス「フェイス・エヴァンス」
2006/07/26
[CD]
¥1,749(税込)
購入画面へ
フェイスフル・クリスマス
フェイス・エヴァンス「フェイスフル・クリスマス」
2005/11/02
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
フェイスフル・クリスマス
フェイス・エヴァンス「フェイスフル・クリスマス」
2005/11/02
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
キープ・ザ・フェイス
フェイス・エヴァンス「キープ・ザ・フェイス」
2004/06/30
[CD]
¥2,307(税込)
購入画面へ
フェイス・エヴァンス
フェイス・エヴァンス「フェイス・エヴァンス」
2004/06/30
[CD]
¥2,307(税込)
購入画面へ
フェイスフリー
フェイス・エヴァンス「フェイスフリー」
2004/02/25
[CD]
¥2,307(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore