Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>Adoにとってもチャレンジングな経験になった『ONE PIECE FILM RED』歌姫・ウタを振り返る



Adoインタビュー

 全国公開中の映画『ONE PIECE FILM RED』で、Adoがヒロインの歌姫・ウタの歌唱キャストを担当している。

 Adoは、中田ヤスタカが提供した主題歌「新時代」と、Mrs. GREEN APPLE提供の「私は最強」、Vaundyによる「逆光」、FAKE TYPE.提供の「ウタカタララバイ」、澤野弘之による「Tot Musica」、折坂悠太による「世界のつづき」、秦 基博による「風のゆくえ」という劇中歌を歌唱。これらの7曲は8月10日発売のアルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』に収録される。

 この作品についてのAdoへのインタビューが実現。『ONE PIECE』への思い、初挑戦づくしとなった制作の裏側から、8月11日に開催される2度目のライブに向けての意気込みなどについて、語ってもらった。(Interview & Text: 柴那典)

――まず『ONE PIECE FILM RED』の話が来たときの第一印象はどうでしたか?

Ado:自分が生まれる前から連載されている作品ですし、例えば、外を歩いていても自販機に描かれていたり、『ONE PIECE』のグッズがあったり、ポスターがあったり。国民的にも人気ですし、世界的にも有名だし、大袈裟じゃなく『ONE PIECE』イコール“世界”みたいな印象がありました。私が関わることは一生ないだろうと思っていたので、お話をいただいたときは、最初は「どこのブランドと洋服のコラボするんですか?」って聞き返したりしてしまって(笑)。「そのワンピースじゃない」ってなって、「えっ? あっち!?」って。想定外の出来事でした。人生で起こるはずがないことが起こってしまって、すごくびっくりしましたが、同時にとても嬉しかったです。そんな作品に携われるということはすごく光栄です。


(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

――しかも今回は単に主題歌を歌うたけじゃなく、ヒロインのウタの歌唱パートを担当するという関わり方も予想外だったのではないかと思います。

Ado:本当にその通りで、ただ主題歌を歌わせていただくんじゃなくて、7曲も歌うという。そもそも普通の映画に歌入りの楽曲が7曲あるなんて、なかなかないと思うんですけれど、その挑戦を『ONE PIECE』がすると聞いて、「すごいことをするな」という驚きと、それを担当させていただけるワクワクが入り混じって……。もちろん、「やらせてください!」という感じでした。

――Adoさんとしては、劇中に登場する歌姫の歌唱キャストとして歌うのはやったことはなかったですよね?

Ado:一度もありませんでした。以前、実写版の『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』の挿入歌(「会いたくて」)を歌わせていただいたことはあるのですが、役柄として歌わせていただくのは初めてです。ましてや普通の少女ではなく「歌姫」という肩書きで。私は「破壊神」とか「地獄の王」とか「魔女」とかのイメージのほうが近いと思うんですけれど(笑)。

――ウタというキャラクターにはどんな印象がありましたか?

Ado:今回は歌姫ウタというだけでなく、シャンクスの娘という、とんでもない肩書きが付いていて。ルフィにとっても、私たち作品を愛している読者にとっても大きな存在であるシャンクスの娘というだけで、大きさが違ってくるなと思います。それを踏まえた上でウタというキャラクターがどんなキャラクターか、どんな思いで歌っているかを考えました。シャンクスはウタにとっての父親なんですけれど、ただ家族だからというだけでは片付けられない、大きいストーリーがあって。ウタも、シャンクスに対して父親としての思い、希望や明るい気持ちだけではなくて、怒りや憎しみの強い力を同時に持っている。それを踏まえた上での歌姫という肩書きは、すごく新しいなと思いました。


(C) 尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

――歌い手のAdoとして歌うことと、ウタの歌唱キャストとして歌うということには、どんな違いがありましたか?

Ado:今回はあくまでウタというキャラクターがいて、ウタの生い立ちだったり、ウタの気持ちだったり、ストーリーに楽曲が関わっています。ただ私が歌うだけなら自分が表現したいものでいいのかもしれないですが、「ウタだったらこう歌うかな」とか「この楽曲のウタはこういう状態だから、こうやって歌おう」みたいなことを考えて、普段のレコーディングとは違う感じで進めていきました。ウタの気持ちや生い立ちから出てくる歌声と自分の歌い方がどうにかマッチしてほしいなというところはありました。

――楽曲提供陣もバラエティ豊かで豪華な名前が並んでいますが、コラボしての実感はどんな感じでしたか?

Ado:普段はさまざまなボカロPさんに書き下ろしていただいて、いろいろなジャンルの曲を歌わせていただいていますが、今回はアーティストさんや作家さんとしてメジャーシーンで活動されていて、私も代表曲をほとんど知っている方々ばかりでした。改めて「どんな感じになるんだろう?」と思っていたんですけれど、ボカロとは全然違うメロディーラインや、普段歌わないようなバラード、ラップのように自分が挑戦してこなかったタイプの楽曲もあって、自分の歌の表現の幅も広がる良い経験になりました。

――曲についてもそれぞれ聞かせてください。まず主題歌の「新時代」について。これは中田ヤスタカさんの曲ですが、どんな印象がありましたか?

Ado:この曲、イントロで<変えてしまえば>と歌った後、中田ヤスタカさんらしいエレクトロニックなフレーズが来る前にずっしりとした太鼓の音色が入ってくるんですけれど、実はその太鼓のところが、私がレコーディングしたときは入っていなくて、完成したものを聞いたときに、より『ONE PIECE』っぽいと思いました。主題歌にもふさわしいし、「ウタって誰?」って思ったときに、「新時代」を聞くと納得できる楽曲になっていると思いました。キラキラしていて、物語が始まる感じもあるし、歌姫の自己紹介というような立ち位置で、素敵ですね。


――この曲が発表されたときの反響はどんな感じでしたか?

Ado:リアルに「これAdo?」というコメントがあったり、「Adoって、こういう歌い方できたんだ」とか「『うっせぇわ』と全然違っていい」というコメントもありました。攻撃的な感じというか、尖った強さのイメージを持っていた方も多かったと思うのですが、思った以上に「Adoがやる歌姫ウタ」を受け入れて、楽しみにしてくださって、すごく嬉しかったです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. Adoが全曲解説
  3. Next >


――「私は最強」はMrs. GREEN APPLEの大森元貴さんによる楽曲ですが、これはどうでしょうか?

Ado:これはMrs. GREEN APPLEさんの味や得意としているところがすごく出ている曲ですよね。「新時代」とはまた違った明るさがあるし、自信に満ち溢れたウタのキャラクターも出ていて。私は普段、絶対に「私は最強」なんて言わないですし、むしろ自分に自信なんてないのですが……ウタの自信が私たちの背中を押してくれるような、追い風のような楽曲だなと思います。きれいに歌い上げられたらと思いながら歌いました。


――<私は最強>と歌うときの思い切りの良さみたいなものも感じたんですが、歌うときにはどんなふうに心がけたんでしょうか?

Ado:デモを大森(元貴)さんが歌われていて、「Adoちゃん、結構似せてるよね」というコメントがあったんですけど、本当にその通りなんです。デモも「もうこのままリリースしてください」って思うくらいMrs. GREEN APPLEさんの曲になっていたので、真似できるクセは真似したいな、と。私らしく歌うのもいいのですが、「この曲はミセスさんで歌うしかない!」と思って、大森さんのクセだったり、普段使わないようなビブラートの仕方だったり、ポイントで真似できるところを真似しました。ウタとしても歌ってるけれど、さらに大森さんも憑依させて、いろんないいとこ取りをして、聞いていて一番いいところを出せたらいいなと思って歌いました。

――「逆光」はVaundyさんが楽曲提供ですけども、この曲はどうでしょうか?

Ado:「逆光」はイントロからロックでかっこいいですよね。バンドサウンドがずっと鳴っていて、歓声が入っていて、ライブにピッタリな曲です。『ONE PIECE FILM RED』にもライブシーンがあるので、映画にもピッタリだし、一番ライブ感があるのはこの楽曲だと思います。この曲が「新時代」と「私は最強」と違うところは、怒りのパワーがあるというところですね。ウタのキラキラとした“ザ・歌姫”という感じだけじゃなく、ジリジリとした怒りの熱いところが見えてくる。初めて聞いたときは、「歌姫ウタってこういう曲も歌うんだ」と、イメージが覆されました。シャンクスの娘としてのウタには欠かせない楽曲だと思います。

――この曲のがなりを込めたパワフルな歌声の感じはAdoさんが得意としている歌い方の一つかなと思います。

Ado:がなったり叫んだりするところは、一番Adoらしいと思いますね。ただ、怒りを表すための表現なので、絶対にそこは引いちゃいけないなと思って、ウタの歩んできた道や、どんな思いで歌ってるのかを考えたときに、「ここは全力で活用しよう」と。得意な部分は全部出し切ろうと思って歌いました。


――「ウタカタララバイ」はラップもあり難易度が高い曲だと思います。この曲の挑戦はどうでしたか?

Ado:これは大変でした。初めて聞いたときは「かっこいいイントロだな。メロディもいいな」と思っていたら、急にラップが始まって。ジェットコースターのように急降下したり急停止したり、暴走列車のような楽曲で、聞くぶんにはすごく素敵な曲なんですけど、いざ自分がウタとして歌うとなると、何回も挫けそうになりましたね。でも、ここまでの3曲とはまたガラリと変わった、ちょっと取り憑かれている感じがあって。ストーリー的にも興奮状態にあるウタの、ウタなんだけどウタじゃなくなってきている感じがあって、人々を惑わせるような、聞いていたら目がぐるぐるしちゃうんじゃないかという怪しげな雰囲気を大切にしたいと思って歌いました。


――「Tot Musica」は澤野弘之さんが作曲を手掛けています。これもかなりドラマティックかつ変幻自在な曲だと思いますが、どうでしたか?

Ado:やっぱり澤野弘之さんにこういう楽曲を任せたら間違いないですね。この楽曲は壮大で恐ろしくて、ウタというよりは、ウタが生み出した壮大で恐ろしい力、人間ではない何かが伝わればいいなと思いました。デモの時点でいただいた歌詞も特殊でした。曲の中に呪文のようなフレーズがあるんですけど、そこがルーン文字で書かれていました。だから私も呪文を唱える感じで歌えればいいんだと思って、すごく面白かったです。

――さすがにルーン文字の歌詞を歌う経験はないですよね。

Ado:二度とないと思います(笑)。さすがだなと思いました。


――「世界のつづき」は折坂悠太さんが書き下ろしたバラードです。こういう親密で優しい響きを持ったタイプの曲は、Adoさんが歌う曲としては珍しいなと思ったんですが、どんな印象がありましたか?

Ado:その通りで、Adoが歌うには珍しい楽曲ですし、純粋に優しい楽曲ですよね。ここまでは歌姫ウタとして大勢の人や不特定多数を相手に歌っているイメージがあったんですけど、この「世界のつづき」は一対一という感じがしましたね。相手がシャンクスなのか、ルフィなのか、ウタを愛してくださっているウタのファンの一人なのか、自分自身なのか……ただ、一人に向けて歌っているという意識はあります。一人の少女が幼い頃の思い出を思い浮かべながら優しく語りかけているように歌っている感じがしました。デモも折坂さんが歌われていたんですけど、優しいんですよね。「これ、私で大丈夫?」と思いました。「私はこんな優しくない! 優しくできない!」って、優しさを知らない怪物みたいに思ってしまって(笑)。優しさが伝わるかどうか心配でした。

――印象としては、いい意味でAdoさんらしくない、「こういう優しさ、繊細さ、こういう包容力の表現というのもあるんだ」というところに驚いたし、そこが良さだなと思いました。

Ado:嬉しいです。この曲は一番難しいんじゃないかなって思いましたね。「ウタカタララバイ」もラップという点では難しかったのですが、「世界のつづき」の頼りがいのある強さ、バラードでしか得られない強さを表現することは今までなかなかなかったので、そこが難しい楽曲だなと思いました。

――秦 基博さんが提供した「風のゆくえ」も、これまでAdoさんがあまり歌ってなかったタイプの曲という感じがしました。

Ado:そうですね。これも秦さんらしい優しさがある楽曲ですが、「世界のつづき」とは違った優しさがあります。ウタはいろんな強さを持っていて、本当に風のような少女だなと思わせてくれるような曲です。『ONE PIECE FILM RED』の最後を飾る楽曲として素晴らしい楽曲だなと思いました。

――「世界のつづき」と「風のゆくえ」って、どっちもバラードなんだけどタイプが違うところがありますよね。一人に向けて歌うバラードが「世界のつづき」で、広く空を見上げて歌うバラードが「風のゆくえ」だと思いました。

Ado:まさにその通りですね。私もそう思います。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 夢は大きく「いずれドームや国立競技場でやれたら」
  3. Next >


――これだけキャラクターと曲調と表現がバラバラな7曲をレコーディングしていくというのは、なかなか大変な作業なんじゃないかなと思いますが、振り返ってどうでしたか?

Ado:大変でした。曲調も、ウタの気持ちも、劇中で使われるシーンも、7曲それぞれ違うので、変に「似てないかな?」とか、「逆にAdoっぽくなりすぎてないかな?」とか、いろいろなことを考えながら2〜3か月ぐらい向き合った修行の日々でした。

――Adoさん自身の活動についての話も聞かせてください。今年1月の初ライブ【喜劇】は、いろんな人生の伏線を回収した素晴らしい場所だったと思うんですが、振り返ってどうでしたか?

Ado:ずっと自分の夢のステージだったZepp Diver Cityに立つことができて、リハーサルで初めてステージに立ったときからずっと「本当にZepp Diver Cityにいるの?」という感じでしたし、歌っている自覚も、パフォーマンスをしているという自覚もあったのですが、「今、夢を叶えてるんだ」というような感覚もあって。ずっとその感覚が残り続けて、今になっている感じはありますね。

――そして8月11日にはさいたまスーパーアリーナで【カムパネルラ】という2ndライブが決まっています。ライブに向けてどんなことを考えていますか?

Ado:私が一番目標にしていた場所がさいたまスーパーアリーナだったのですが、それが8月11日に叶うなんて、「本当?」って思っちゃいます。今、その練習もしていまして、「どんな景色になるんだろう?」って考えています。もちろん、さいたまスーパーアリーナにはライブを観に行ったこともありますし、すごく綺麗だったのも覚えています。私のライブで、ペンライトの景色が広がっているのを見たら、どう思うんだろうって。私の一番の夢だったさいたまスーパーアリーナが叶ったその瞬間に、私はどんな気持ちになるのかが純粋に気になっています。

――きっと次の夢や目標も生まれてくるでしょうし、今は嬉しさと不安が相まってるような感じ?

Ado:そうですね。そう思います。まずはさいたまスーパーアリーナをやって、いずれ東京ドームや国立競技場でもやれたらいいなって。大きな目標を掲げながらやっていけたら、もっと幸せかもなと思っています。

関連キーワード

TAG

関連商品

狂言
Ado「狂言」

2022/01/26

[CD]

¥2,750(税込)

狂言
Ado「狂言」

2022/01/26

[CD]

¥3,300(税込)

狂言
Ado「狂言」

2022/01/26

[CD]

¥4,400(税込)

狂言
Ado「狂言」

2022/01/26

[CD]

¥9,900(税込)

狂言
Ado「狂言」

2022/01/26

[CD]

¥2,750(税込)

狂言
Ado「狂言」

2022/01/26

[CD]

¥3,300(税込)

狂言
Ado「狂言」

2022/01/26

[CD]

¥4,400(税込)

狂言
Ado「狂言」

2022/01/26

[CD]

¥9,900(税込)