Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>上野大樹、2ndアルバム『帆がた』から感じる土地の記憶とセルフプロデュース



 2020年12月にファーストアルバム『瀬と瀬』でデビューを果たしたシンガーソングライター の上野大樹が、早くもセカンドアルバム『帆がた』をリリースする。繊細だが凛とした強さを感じさせる上野の歌声や、それを包み込むオーガニックなバンドアンサンブルは、これまでの延長線上にあるもの。しかし彼が幼少時代に聴いていた、1990年代のJPOPからインスパイアされたという本作のメロディは、前作以上の強度を持ち聴く者の心を捉えて離さない。目の前にありありと情景が浮かび上がってくるような歌詞世界も健在だ。コロナ禍で、作品をどう届けるかを必死に考えていたという上野。セルフプロデュース力にも長けた彼に、アルバム制作エピソードについてじっくり語ってもらった。

「住んでいた場所とその記憶」の特別さ

――『瀬と瀬』のリリースから1年が経ちます。この間、どのような活動をされてきましたか?

上野大樹(以下:上野):今のレーベルに移籍し『瀬と瀬』をリリースしてからずっとコンスタントに音源リリースをしていました。しかもその時点で「来年12月にはアルバムを出そう」という話をしていたので、常に制作モードでいましたね。コロナ禍で去年はライブが出来なかったのですが、今年に入って少しずつライブも出来るようになって。自分が作った音楽をお客さんの前で演奏することで「完成」するということを再認識しましたし。コロナ禍でのデビューだったからこそ、配信も含めてリアルな僕の「声」を届けに行く1年だったのかなと思います。

――コロナ禍で音楽への向き合い方にも変化はありましたか?

上野:レーベル契約したときはまだコロナ前だったのですが、『瀬と瀬』をリリースする頃にはもうライブもできないような状態になってしまって……。正直、「このままどうなっていくのだろう?」という怖さがありました。



上野:ステイホーム期間を「余暇」と捉えて趣味に高じる人も多かったと思うのですが、僕自身はむしろ「この状況でどうやったら動きを止めることなく、サバイブしていくことが出来るか?」をずっと考えていました。それで思うのは、コロナ禍になっていてもいなくても、変化を受け入れその状況に自分を適応させていくことが大切だということ。そのことに気づくきっかけにもなった2年間だと思っています。制限された状況だったからこそ、見えてきたこと、気づけたことがたくさんありました。

――今作『帆がた』に収録されている楽曲は、どれも詩情があって映像が思い浮かんできますよね。

上野:ありがとうございます。僕は地元が山口県宇部市なのですが、曲を書くときによくその風景を思い浮かべることが多くて。実家のすぐ近くに海があり、後ろを振り返るとすぐ近くに山がそびえているような場所で生まれ育ったんです。山に登ると頂上からは瀬戸内海が一望できて、夜は対岸の街の光がとても綺麗なんですよね。東京にはあまりそういう景色ってないじゃないですか。もちろん、街にはたくさんの情報があって刺激的だし、それに比べると地元には何もないんですけど、だからこそ上京してきてからその景色のことをふと考えて気持ちをリセットさせることもよくあるんです。

――なるほど。上京してきてからこそ、地元がどれだけ特別だったかに気づくことってあるのでしょうね。

上野:しかも、その景色にはたくさんの記憶や思い出が染みついていますからね(笑)。 実は僕、上京してから5回くらい引っ越しているんですけど(笑)、以前住んでいた場所をたまに訪れたりすると、その頃の記憶がありありと蘇ってくるんですよ。それが曲作りのモチーフになることもあるので、「住んでいた場所とその記憶」というのは、自分の中で結構特別なものなのかもしれないです。



NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 作品は人の心に届いた時に残るもの
  3. Next >

作品は人の心に届いた時に残るもの

――ファーストアルバムのタイトルも、今作『帆がた』も、そしてリードトラックの「波に木」も、海や水を連想させますよね。今作を作る上で、何かテーマのようなものはありましたか?

上野:前作『瀬と瀬』の時は、結構バタバタで。自分にとって初めてのアルバムだったし、コンセプトやテーマなどもどう決めたらいいのか分からず、とにかくいろんな自分を見せたいというがむしゃらな気持ちで作ったのですが、実際にリリースしてみると「アルバム」というフォーマットで見せていくのってすごく難しいことに気づいたんですよね。



上野:僕は1996年生まれですが、姉と兄が16歳上なので「CD世代」というか、アルバム単位で曲を楽しむ文化を通ってきているんです。なので、今回は「アルバム」として聴いてもらうにはどうしたらいいのかを、前作よりも考えました。

――それは例えばどんなことですか?

上野:例えばサビを今まで以上に強いメロディにすることを心がけるとか、曲数をどうするかとか、ミックスやマスタリングをどうするかとか、ボーカルのディレクションも含めて、スタジオレーベルだから出来ることを全てやっていきました。兄や姉が好んで聴いていた90年代の楽曲……例えばMr.ChildrenやDEENなどを今聴くと、もう「JPOP」の黄金時代というか。サビもオケもとにかく強いんですよ。そういう音楽を当時浴びるように聴いていて、そのときは意識していなかったけど、いざ自分が音楽を作る側に立ってみると本当にすごいなと思うんです。その頃のエッセンスを自分なりに吸収して、今の時代にフィットしたサウンドとして鳴らすことは特に意識しましたね。

――なるほど。

上野:それと、アルバムとして楽しんでもらうためには、曲ごとのクオリティだけじゃなくてアルバム全体の流れもすごく大事だなと思いました。全ての曲が、Aメロ、Bメロ、サビの強い「ポップス」だと、通して聴いているときに疲れてしまう(笑)。アルバムの中には、そういう曲ばかりを入れるのではなく「この曲は、軽く聴き流してもらってもいいかな」みたいな曲も必要なんじゃないかと。



――ちょっと「箸休め」的な。

上野:そうなんです。例えば「フィルム」という曲は、アレンジャーの方に「部屋に一人でいて、窓の外をずっと見ているような1日の過ごし方を曲にしたいんです」と伝えて、なるべく音を削ぎ落として抑制のきいた展開にしてもらっています。

上野:この曲をアルバムの真ん中に置くことで、A面とB面じゃないですけど、ちょっと気持ちが切り替わるような効果が出せたらいいなと思いました。こういう曲が入ることで、「波に木」のようなサビの強い楽曲がより映えるという効果も出せたと思っていますね。アルバムだからこそ出来る試みですね。

――そのリード曲「波に木」の歌詞には、どんな思いを込めましたか?

上野:「後悔の先の後悔」について描こうと思いました。Dメロで“忘れるよりもっと違う形で乗り越えたかった”と歌っているんですけど、例えば恋人と別れたときに「なぜ別れてしまったんだろう」みたいに後悔したとして、それを乗り越えた先で、「ただ後悔するだけじゃなくて、もっと違った向き合い方をしていれば自分を成長させるための時間にも出来たのにな」と思う、みたいな(笑)。


▲上野大樹 / 波に木【Official Video】

上野:実際に創作活動においても、できなかったことを「できなかった」と悔やんでいるだけの1ヶ月を送ってしまったときに、「じゃあ、何ができなかったのか」「どうすれば良かったのか」を考えれば良かったなと思ったんです。

――それが「後悔の先の後悔」なのですね。

上野:そう。そこでまた後悔しているだけだと同じことの繰り返しなので、今回は「恋愛」に置き換え歌にしてみたわけです。その際に、なるべくシンプルな言葉を使おうと思いました。それはアルバムの他の曲にも通じることなんですけど、難しい言葉で難しいことを話すよりも、簡単な言葉で難しいことを話す方が技術の要ることだと思うんですよね。


▲上野大樹 / 揺れる【Official Video】

上野:例えば「揺れる」では、自分自身のことを歌っているようで実はリスナーのことも歌っていて。心が揺れ動いて、前に進んだり後ろに下がったりしながらも、気づけば最初にいた場所よりはるか先まで進んでいたという、自分自身のこれまで体験を歌っているのと同時に、“あの小さな出会いが戻れないくらい遠くへ運んできてしまった”や、“知らない誰かになれるような誰も知らない場所”という歌詞では、音楽を通じてリスナーと出会い、「ここではない、どこか」へ旅するような感覚も歌っている。聴く人の立場によって、いろんな解釈ができる歌詞を書くためにも、シンプルな言葉を使うのは大切なことだと思っています。

――アルバムを作り終えて、今はどんな心境ですか?

上野:さっきも言いましたが、アルバムを作ることよりも、それを広げていくことの方が大変なんですよね。自分一人でできることではないし、作品は「作ったから残る」のでは なく、人の心に「届いた時に残る」ものだと思うんです。なので、こうやってインタビューをさせてもらったり、ライブで全国を回ったりしながら、このアルバムが誰かにとって「意味のある作品」になるきっかけをこれから作っていきたいと思っています。



関連キーワード

TAG