Billboard JAPAN


Special

尾崎裕哉、石崎ひゅーいとのコンサートを語る

インタビュー

 「billboard classics」の新シリーズ、二人のアーティストによるオーケストラとの共演 "Grand Duo"。その第1弾として、尾崎裕哉と石崎ひゅーいによるコラボコンサートが開催される。2013年の尾崎豊トリビュート・コンサートで初めて共演して以来、親交を深めてきた2人。2018年に開催された初の2マンライブ「双発機」では、「I LOVE YOU」「15の夜」といった尾崎豊の名曲をギター1本で披露するなど、観る者の記憶に刻まれる内容となったが、今回オーケストラを率いて繰り広げられる2人の共演は一体どんなものになるのだろうか。期待が高まる中、尾崎裕哉にコンサートへの意気込みや父・尾崎豊への思い、コロナ禍で考えていたことなどじっくりと訊いた。また石崎ひゅーいへも、メールでのインタビューを敢行。それぞれの公演への思いを語ってもらった。

Interview:黒田隆憲

石崎ひゅーいとの出会い

ーーお二人の出会いのきっかけは?

尾崎裕哉:確かキネマ倶楽部で開催された彼のライブを観に行って、そこで挨拶したのがきっかけでした。彼が尾崎豊をリスペクトしていることを聞いてすぐに意気投合して。それからは事務所でも顔を合わせることが多かったし、そのたびに「いつか、何か一緒にできたらいいね」みたいな話はしていたんです。ツーマンイベント『双発機』は、音楽監督の須藤晃さんが企画してくれたのが全ての始まりですね。タイトルの『双発機』(左右の主翼に1基ずつのエンジンを搭載した航空機)も、須藤監督がつけてくれました。

ーー尾崎さんから見た、石崎さんの印象は?

尾崎:最初に彼のライブを観たのは『集まれOZAKI』という、尾崎豊のトリビュート・コンサートで、僕はその時まだ大学生だったんですけど、彼が「十七歳の地図」をカヴァーしたときに尾崎豊のステージを完コピしていて。それがものすごく強烈なインパクトだったんですよね。「俺にはできないな」って。一方で、彼の楽曲を聴くとすごく繊細なところもある。言葉のチョイスや、その表現方法など、エモーショナルな中にも機微があるというか。

 ひゅーいくんの曲で好きなものはたくさんあるんですけど、例えば「夜間飛行」という曲だと歌詞の中に“冷蔵庫の中のチンパンジー”というフレーズが出てくるんです。意味がわからな過ぎて逆にすごいなって(笑)。きっと彼の中には、僕には想像できないストーリーがあるのだろうけど。とにかく一人のアーティストとして尊敬していますね。



▲ 石崎ひゅーい「夜間飛行」


ーー尾崎さんはこれまでにもBillboardでオーケストラライブを行っていますが、普段のライブとはどんな違いがありましたか?

尾崎:普段は完全に一人ぼっちの弾き語りなので、大きなステージで大人数と一緒に曲を奏でるのは単純に気持ちいいですよね。そのぶん、一人の時みたいな自由が利かないし、他人に委ねる部分が多くなる。相手に寄り添ったり、逆に自分が引っ張ったりすることの醍醐味があります。何より、フルオーケストラって見栄えがいいじゃないですか。そこに立っている自分を見てみたいなという気持ちもあるし、そこでどう振る舞えばカッコいいステージになるかを考えていますね。

ーー以前、石崎さんとの対談で「オーケストラライブをやるときは、玉置浩二さんのライブを参考にしている」とおっしゃっていましたが、どんなところを参考にしているのですか?

尾崎:玉置さんのステージは参考にするところが本当にたくさんあって。例えばオーケストラをバックに歌う時、「入りが少しタメ過ぎたかな?」と思ったときの巻き返し方が、玉置さんの場合は尋常じゃないんですよ(笑)。あたかも最初からそういうメロディであったかのように見せてしまう、その説得力の作り方に唸らされます。しかも、エモーショナルなようでいて熱くなり過ぎない。マイクの使い方や声の出し方を、常にコントロールしているし。そういう玉置さんのパフォーマンスを、僕は常に意識しているところはありますね。できているかどうかはわからないけど。

ーーオーケストラライブをやったときの、尾崎さんファンの反応はいかがですか?

尾崎:生のオーケストラを耳にする機会ってあんまりないと思うんですよ。その迫力に皆さん驚かれていますね。「迫力」って、音が大きければ出せるものではなくて。ダイナミクスだったり響きだったり、マエストロの動作だったり演奏者の一糸乱れぬ所作だったり。様々な要素が複合して生まれるものだと思うんですよね。お客さんがそれを楽しんでくれているのと同じように、僕自身もそこに身を置くことに喜びを感じていますね。



▲ 尾崎裕哉×billboard classics 「卒業」


ーーでは、Billboardにて開催される『石崎ひゅーい×尾崎裕哉 ~双発機~』についてお聞きしていきます。こちらはどのような内容になりそうですか?

尾崎:ひゅーいくんと僕が、それぞれの楽曲を歌い、最後に2人でデュエットするという意味ではこれまでの『双発機』の延長線上の内容ではあるのですが、お互い「シンガー」としてステージに立つことってなかなかないと思うので、そんな2人の様子だったり、僕らの仲の良さだったりが見せられるといいかなと思っています。

ーーコンサートアレンジを施したことで、特に大きく変わった曲というと?

尾崎:今回、オーケストラアレンジで初めて披露するのが「Awaken」なんですけど、普段は打ち込みのビートで演奏しているこの曲が、オーケストラだと「こんな感じになるんだ!」というのが僕的には面白かったですね。もちろん「Glory Days」や、ひゅーいくんと一緒に歌う予定の「15の夜」などのオーケストラアレンジも、すごく壮大で迫力のある仕上がりになっているので楽しみにしていて欲しいです。

ーー石崎さんにはどんなことを期待しますか?

尾崎:とにかく、泣かせにいってほしいですね(笑)。俺はしれっと歌って「イエーイ!」みたいに終わらせるつもりなんで。

NEXT PAGE
  1. <Prev
  2. きっかけは父親かも知れないけど、「今応援してくれているのは僕なんだな」と思う
  3. Next>
きっかけは父親かも知れないけど、「今応援してくれているのは僕なんだな」と思う

ーーあははは。ところで、お父さんの命日である4月25日に二人でインスタライブを行いましたよね。

尾崎:はい。両方のファンが集まってくれて、すごく楽しいひとときだったんですけど、尾崎豊の曲を2人でやることを楽しみにしてくれている人って、こんなにたくさんいるんだなと思って感慨深いものがありました。尾崎豊の命日に、リスペクトを込めて僕らが歌うということが、みんなにとって意味があることだと知れたのは嬉しかったですね。「僕らが歌うことって、自分たちで思っている以上に特別なことなのかも知れない」と。やってよかったと思っています。

ーーやはり、尾崎豊さん、尾崎裕哉さんと二代にわたって応援してくれている人も多いのでしょうね。

尾崎:熱心に来てくださる方の中には、そういう方が多いです。僕もデビューして4、5年くらい経つので、応援のありがたみというか、「応援って嘘じゃないんだな」というのがわかってきました。それにちゃんと応えたいという気持ちが僕の中でも芽生えたし、尊いことだなと思います。

ーー「応援する」というのは、ある意味では自分の気持ちを相手に投影させているところもあるから、決して他人事じゃないんですよね。

尾崎:まさにそう思います。先日テレビで、オリンピック選手を応援する人たちにスポットを当てたドキュメンタリー番組を見たんですよ。オリンピック選手が自分の街で練習するのを毎日見ているうちに、最初は全く興味がなかった街の人たちがその選手のファンになってしまうという内容で。その選手が出場する大会があると、彼らがわざわざ遠征してまで応援しているんですね。しかも、ファンの中には小さな子からおじいちゃんおばあちゃんまで。きっかけは些細なことでも、そうやって熱心に応援する気持ちが湧いてくるのって、シンプルにすごいなと。……語彙が足りなくて申し訳ないんですけど(笑)。

ーーその番組を見ながら、応援してくれるファンの人たちのことを考えていたわけですね。

尾崎:そうなんです。例えばきっかけは父親かも知れないけど、「今応援してくれているのは僕なんだな」と思うと、ありがたいことだなと改めて感じました。

ーー音楽は、過去の作品をアップデートしながら現在そして未来へと引き継いでいくところもあると思うのですが、尾崎さんは、尾崎豊さんのどんな部分を同世代のファンに伝えていきたいと思っていますか?

尾崎:尾崎豊といえば、有名な曲が決まっていますよね。例えば「卒業」や「15の夜」「OH MY LITTLE GIRL」「I LOVE YOU」「僕が僕であるために」など。それって結構、尾崎の10代の頃のイメージですが、僕が好きな尾崎豊は20代になってからの作品が多いんです。それは僕自身が大人になったからというのも大きいんですけど、やっぱり人間としての「深み」って、一度倒れた後に出てくるというか。

 明確に敵がいて、それに対する不満を吐き出していたのが10代だとするなら、その向かうべき敵がなくなった後に自分を再構築していくところに「すげえな」と思うんですよね。それって、例えば今の仕事を失ってまた新しい仕事を始めるとしたら、いったい何をやるのか?ということとほとんど一緒で。全く自由な状況って逆に怖いじゃないですか。それでも歌うことを選んでつくり出した作品というのが『誕生(BIRTH)』(1990年)以降なんですよね。そこに人間の本当の希望があると思うんです。なので、「その時期の楽曲もいいものがあるよ?」ということを、みんなに伝えられたらいいなと思います。

ーー尾崎さん自身も自分を再構築すべき局面だったり、挫折や葛藤のようなものってこれまでありましたか?

尾崎:いやあ、ほとんど毎日そんな感じですよ(笑)。やっぱり僕は「尾崎豊の息子」というイメージが強いですし。それを払拭する必要はないとは思うけど、「どう向き合っていくべきか?」は常に考えていますね。それはつまり、「自分はなぜ歌うのか?」というところにも直結する問題でもあります。まず大前提として「父親を歌いつないでいく」という気持ちはある。で、それをやりながら自分のオリジナル曲も歌っているのは、側から見ていると矛盾があるかもしれないですよね。でも自分の中では全くそこに矛盾はない。そこをどう伝えていくべきなのか? というところで知恵を絞らないといけないなとは思っています。

ーーなるほど。

尾崎:とはいえ、そんなに迎合するつもりもなくて(笑)。「わかりにくいものは、わかりにくいまま出す」ということをやっているのが現状ですね。例えば、今はソウルやシティポップに興味があるのでそういう曲を作ってみたいし、そこで尾崎豊の曲との齟齬が生まれたとしても、それはそれで仕方ないのかなと。

ーー尾崎豊さんの楽曲を歌うことは、ある意味では尾崎さんのルーツを確かめることでもあるわけですしね。

尾崎:まさしくそうだと思います。子供の頃からずっと彼の真似をしてきたし、好きなコード進行やそこに乗せるメロディは尾崎豊から受け継いだものは多いので、それなしでは語れないところはありますよね。そういう意味では僕にとっての原点は間違いなく尾崎豊ではあるんですけど、音楽を作り始めた原点は全くそこではなくて。やっぱりジョン・メイヤーだったりブルース・ギターだったり、そういうところに「音楽を奏でる喜び」を感じてきたんです。「歌うこと」の原点は尾崎豊だけど、「音楽をやること」の原点はもっと別のところにある。まあ、そんなシンプルな話じゃないってことです(笑)

NEXT PAGE
  1. <Prev
  2. (コロナ禍を経て)音楽で食っていくのって大変だなと思いました
  3. Next>
(コロナ禍を経て)音楽で食っていくのって大変だなと思いました

ーーわかりました(笑)。ところで、『石崎ひゅーい×尾崎裕哉 ~双発機~』は本来4月に開催されるはずだったのが、コロナの影響で6月に振替となりました。この間、尾崎さんはどんなことを考えていましたか?

尾崎:やっぱり音楽で食っていくのって大変だなと思いました。時代も変わってきているんでしょうね。これはもう、何度も言われていることですが、東日本大震災の時に僕らは「衣食住以外のものの大切さ」を再認識はしたと思うんですよ。だからコロナ禍でもいろんなアーティストが、いろんな手段で音楽を届けようとしていた。それでも映像コンテンツでいえば、Netflixには敵わないわけじゃないですか。「サブスクリプションの普及によって、以前よりも音楽が聴かれるようになった」とは言われているけど、実際は「聴かれる音楽」と「聴かれない音楽」の二極化が進んでいる。その中で生存していくのは本当に大変です。音楽を続けていく環境が整わなければ、何百人、何千人といる音楽家が食えていけないということになってしまうので。

ーー全くその通りだと僕も思います。

尾崎:俺みたいな人間が、ちゃんと音楽を続けていける環境を作るにはどうしたらいいのかをコロナ禍でずっと考えていました。それとは別に、こういう極限状態で人の本心が露わになるというのは本当なんだなと思う瞬間が何度もありました。それは日本だけでなく、いろんな国の対応や、その国の人たちの行動を見ていても感じます。「いろんな人間がいるなあ」と、改めて強く思いましたし、きっとそういうことを歌っていかなければいけないんだろうなと思っています。

ーー歌うべきことも再確認したのですね。

尾崎:やっぱりアーティストは「現代のシャーマン」であるべきだし、今だと小沢健二さんのような、ああいうアーティストが世の中にいないとダメだなと思いますね。「では自分はどういうアーティストを目指すのか?」ということも、ちゃんと考えていかなければと。僕らは「食うため」ためだけではなく、世の中を良くするためにも働いているわけですからね。

ーーでは最後に、改めて『石崎ひゅーい×尾崎裕哉 ~双発機~』への意気込み、ファンへのメッセージをお願いします。

尾崎:コンサートに来ること自体、躊躇する人も多い中、「絶対に来てね」みたいなことは言いづらいのですが、会場ではしっかりと感染防止対策をしていますので、安心して足を運んでいただき、純粋にそのひと時は音楽を楽しんでもらえたら嬉しいです。

石崎ひゅーいからもコメントが到着

ーー「billboard classics」の新シリーズ、二人のアーティストによるオーケストラとの共演 "Grand Duo"。その第1弾として、石崎ひゅーいさんとのコラボコンサート『石崎ひゅーい×尾崎裕哉 ~双発機~』開催決定した時の心境についてお聞かせください。

石崎ひゅーい:裕哉くんとまた一緒に歌えるという事に興奮しました。そしてオーケストラとの共演はなかなかできる事じゃないので、特別な日にしたいなぁと思いました。

ーー尾崎さんの魅力についてお聞かせください。

石崎:裕哉くんはとてもフランクで陽気なんですが、やはり歌った瞬間にその場の空気を一気に変える力があると思います。隣で一緒に歌っていて何度か時が止まるような感覚になった事があります。

ーー『双発機』はどのような内容になりそうですか?

石崎:オーケストラをバックに二つの感情がぶつかり合う。そんなライブを想像しています。二人を出会わせてくれた尾崎豊さんに対してのリスペクトも込め、一生懸命歌いたいと思っています。裕哉くんとは何度も共演させて頂いていますが、今回もお互いの息を感じて歌えればと思います。



▲ 石崎ひゅーい「さよならエレジー」


ーーコンサートアレンジをしたことで、特に大きく変わった曲、ここに注目してほしい!という箇所はありますか?

石崎:新曲の「アヤメ」のレコーディング時にストリングスを入れるか悩んだのですが、音源ではあえて音数を少なくしていくアレンジを選びました。なので、今回ビルボードでのストリングスアレンジはやってみたかった事でもあります。壮大な世界観に仕上がっています。楽しみにしていて下さい。

ーー最後に、改めて『石崎ひゅーい×尾崎裕哉 ~双発機~』への意気込み、ファンへのメッセージをお願いします。

石崎:まず、お待たせしてしまってごめんなさい。という事を伝えたいです。そして待って頂いた分最高のパフォーマンスを見せたいと思っています。2人の熱をオーケストラに乗せて、みなさんに届けたい。楽しみにしていてください。

関連キーワード

TAG

関連商品

Golden Hour
尾崎裕哉「Golden Hour」

2020/10/21

[CD]

¥4,000(税込)

Golden Hour
尾崎裕哉「Golden Hour」

2020/10/21

[CD]

¥3,100(税込)

パレード
石崎ひゅーい「パレード」

2020/03/11

[CD]

¥1,800(税込)

パレード
石崎ひゅーい「パレード」

2020/03/11

[CD]

¥1,000(税込)

ゴールデンエイジ
石崎ひゅーい「ゴールデンエイジ」

2019/03/06

[CD]

¥2,547(税込)

ゴールデンエイジ
石崎ひゅーい「ゴールデンエイジ」

2019/03/06

[CD]

¥1,834(税込)

Huwie Best
石崎ひゅーい「Huwie Best」

2018/03/28

[CD]

¥2,954(税込)

SEIZE THE DAY
尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

2017/10/04

[CD]

¥1,528(税込)

SEIZE THE DAY
尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

2017/10/04

[CD]

¥1,834(税込)

SEIZE THE DAY
尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

2017/10/04

[CD]

¥1,528(税込)

SEIZE THE DAY
尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

2017/10/04

[CD]

¥1,834(税込)

LET FREEDOM RING
尾崎裕哉「LET FREEDOM RING」

2017/03/22

[CD]

¥1,528(税込)

LET FREEDOM RING
尾崎裕哉「LET FREEDOM RING」

2017/03/22

[CD]

¥1,528(税込)

アタラズモトオカラズ
石崎ひゅーい「アタラズモトオカラズ」

2016/12/07

[CD]

¥4,074(税込)

アタラズモトオカラズ
石崎ひゅーい「アタラズモトオカラズ」

2016/12/07

[CD]

¥3,259(税込)

ピノとアメリ
石崎ひゅーい「ピノとアメリ」

2016/08/24

[CD]

¥1,834(税込)

ピノとアメリ
石崎ひゅーい「ピノとアメリ」

2016/08/24

[CD]

¥1,222(税込)

花瓶の花
石崎ひゅーい「花瓶の花」

2016/05/18

[CD]

¥3,259(税込)

花瓶の花
石崎ひゅーい「花瓶の花」

2016/05/18

[CD]

¥4,584(税込)

ピーナッツバター/泣き虫ハッチ
石崎ひゅーい「ピーナッツバター/泣き虫ハッチ」

2014/06/25

[CD]

¥1,100(税込)

独立前夜
石崎ひゅーい「独立前夜」

2013/07/17

[CD]

¥3,204(税込)

夜間飛行
石崎ひゅーい「夜間飛行」

2013/06/05

[CD]

¥1,068(税込)

ファンタジックレディオ
石崎ひゅーい「ファンタジックレディオ」

2012/11/21

[CD]

¥1,068(税込)

キミがいないLIVE
石崎ひゅーい「キミがいないLIVE」

2012/11/21

[Blu-ray Disc]

¥2,619(税込)

キミがいないLIVE
石崎ひゅーい「キミがいないLIVE」

2012/11/21

[DVD]

¥2,096(税込)

第三惑星交響曲
石崎ひゅーい「第三惑星交響曲」

2012/07/25

[CD]

¥1,923(税込)

Golden Hour
尾崎裕哉「Golden Hour」

2020/10/21

[CD]

¥4,000(税込)

Golden Hour
尾崎裕哉「Golden Hour」

2020/10/21

[CD]

¥3,100(税込)

パレード
石崎ひゅーい「パレード」

2020/03/11

[CD]

¥1,800(税込)

パレード
石崎ひゅーい「パレード」

2020/03/11

[CD]

¥1,000(税込)

ゴールデンエイジ
石崎ひゅーい「ゴールデンエイジ」

2019/03/06

[CD]

¥2,547(税込)

ゴールデンエイジ
石崎ひゅーい「ゴールデンエイジ」

2019/03/06

[CD]

¥1,834(税込)

Huwie Best
石崎ひゅーい「Huwie Best」

2018/03/28

[CD]

¥2,954(税込)

SEIZE THE DAY
尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

2017/10/04

[CD]

¥1,528(税込)

SEIZE THE DAY
尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

2017/10/04

[CD]

¥1,834(税込)

SEIZE THE DAY
尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

2017/10/04

[CD]

¥1,528(税込)

SEIZE THE DAY
尾崎裕哉「SEIZE THE DAY」

2017/10/04

[CD]

¥1,834(税込)

LET FREEDOM RING
尾崎裕哉「LET FREEDOM RING」

2017/03/22

[CD]

¥1,528(税込)

LET FREEDOM RING
尾崎裕哉「LET FREEDOM RING」

2017/03/22

[CD]

¥1,528(税込)

アタラズモトオカラズ
石崎ひゅーい「アタラズモトオカラズ」

2016/12/07

[CD]

¥4,074(税込)

アタラズモトオカラズ
石崎ひゅーい「アタラズモトオカラズ」

2016/12/07

[CD]

¥3,259(税込)

ピノとアメリ
石崎ひゅーい「ピノとアメリ」

2016/08/24

[CD]

¥1,834(税込)

ピノとアメリ
石崎ひゅーい「ピノとアメリ」

2016/08/24

[CD]

¥1,222(税込)

花瓶の花
石崎ひゅーい「花瓶の花」

2016/05/18

[CD]

¥3,259(税込)

花瓶の花
石崎ひゅーい「花瓶の花」

2016/05/18

[CD]

¥4,584(税込)

ピーナッツバター/泣き虫ハッチ
石崎ひゅーい「ピーナッツバター/泣き虫ハッチ」

2014/06/25

[CD]

¥1,100(税込)

独立前夜
石崎ひゅーい「独立前夜」

2013/07/17

[CD]

¥3,204(税込)

夜間飛行
石崎ひゅーい「夜間飛行」

2013/06/05

[CD]

¥1,068(税込)

ファンタジックレディオ
石崎ひゅーい「ファンタジックレディオ」

2012/11/21

[CD]

¥1,068(税込)

キミがいないLIVE
石崎ひゅーい「キミがいないLIVE」

2012/11/21

[Blu-ray Disc]

¥2,619(税込)

キミがいないLIVE
石崎ひゅーい「キミがいないLIVE」

2012/11/21

[DVD]

¥2,096(税込)

第三惑星交響曲
石崎ひゅーい「第三惑星交響曲」

2012/07/25

[CD]

¥1,923(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    <ライブレポート>玉置浩二、2015年から続くオーケストラ公演の集大成ツアー終了。公演最大規模のホールで千秋楽

  2. 2

    【ビルボード】King & Prince『Re:Sense』が総合アルバム首位

  3. 3

    Billboard Japan Hot 100

  4. 4

    Sexy Zone、ニューシングル『夏のハイドレンジア』のメンバー企画動画を続々公開

  5. 5

    <ライブレポート>君島大空が立ち上がらせた漠然と美しい風景【『汀の袖』vol.2】

HOT IMAGES

注目の画像