Billboard JAPAN


NEWS

2020/10/26

【ビルボード】IZ*ONE『Twelve』が172,221枚でALセールス首位 矢沢永吉/星野源が続く

 IZ*ONEの『Twelve』が初動3日間で163,421枚、当週172,221枚を売り上げて、2020年11月2日付の週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”で首位を獲得した。

 2位には、矢沢永吉『「STANDARD」~THE BALLAD BEST~』が初動3日間で26,686枚、当週46,044枚を売り上げてチャートイン。そして3位には星野源の『Gen Hoshino Singles Box “GRATITUDE”』が初動3日間で38,933枚、当週43,813枚を売り上げてチャートインした。

 そして、前週の本チャートで首位を獲得したLiSAの『LEO-NiNE』が当週25,182枚を売り上げて4位、高橋優の『PERSONALITY』が当週23,643枚で5位にチャートインする結果となった。『LEO-NiNE』は累計売上枚数が91,347枚となっている。

 6位以下の動きでは、日向坂46の『ひなたざか』が当週2,628枚を売り上げている。これで累計売上枚数は200,641枚と、20万枚を突破した。


◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2020年10月19日~10月25日までの集計)
1位『Twelve』IZ*ONE(172,221枚)
2位『「STANDARD」~THE BALLAD BEST~』矢沢永吉(46,044枚)
3位『Gen Hoshino Singles Box “GRATITUDE”』星野源(43,813枚)
4位『LEO-NiNE』LiSA(25,182枚)
5位『PERSONALITY』高橋優(23,643枚)

IZ*ONE その他の画像・最新情報へ

関連商品

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    上白石萌音、カバーAL『あの歌 -2-』ダイジェスト映像を公開 1年後のイベントに行けるキャンペーンも

  2. 2

    <インタビュー>米津玄師が考える音楽の性質とラブソングの関係性、新曲「Pale Blue」を語る

  3. 3

    BTS、オンラインファンミーティングで全15曲を熱唱 シングルCD『Butter』リリースも発表

  4. 4

  5. 5

    Billboard Japan Hot 100

HOT IMAGES

注目の画像