Billboard JAPAN


NEWS

2019/12/03

Spotifyが2019年の日本・世界の音楽シーンを振り返るランキングを発表

 世界で2億4,800万人以上のユーザーが利用する音楽ストリーミング・サービスSpotifyが、2019年の音楽シーンを振り返るランキング(集計期間:2019年1月1日~11月25日)を発表した。

 2019年に世界で最も再生されたアーティストは、2019年だけで65億回以上の再生を記録したポスト・マローン。最新アルバム『Hollywood's Bleeding』も配信開始からわずか12週間で世界で最も再生されたアルバムの2位となった。

 世界で最も再生されたアーティストの2位と3位にはビリー・アイリッシュとアリアナ・グランデがそれぞれランクイン。特にビリー・アイリッシュのアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』はポスト・マローン『Hollywood's Bleeding』を超えて世界で最も再生されたアルバムとなった。Spotifyで女性アーティストのアルバムが年間で最も再生されたアルバムとなるのは初となる。

 世界で最も再生された楽曲はショーンメンデスとカミラ・カベロの「Señorita」で、10億回を超える再生回数を記録。次いで、ビリー・アイリッシュ「bad guy」、ポスト・マローン、スワエ・リー「Sunflower - Spider-Man: Into the Spider-Verse」が続いている。

 日本国内のランキングでは、あいみょんが日本国内で最も再生されたアーティストに、Official髭男dism「Pretender」が日本国内で最も再生された楽曲となった。一方、海外で最も再生された国内アーティストには3年連続でONE OK ROCKが輝き、海外で最も再生された国内アーティストの楽曲は映画・アニメ・ゲームなどに関連する楽曲が上位を占拠している。

 さらに、Spotifyは2010年代最後となる今年、過去10年間で最も再生されたアーティストのランキングも発表した。第1位は280億以上の総再生回数を記録したドレイクで、エド・シーラン、ポスト・マローン、アリアナ・グランデ、エミネムがこれに続いている。楽曲ではエド・シーラン「Shape of You」が23億回以上の再生を記録して1位となっている。

 また、2019年はポッドキャストが大きな成長を遂げた年となった。Spotify上で利用できるポッドキャストの番組数は現在50万を超え、世界のポッドキャストリスナーも前年比50%の増加。コメディ、社会・文化、犯罪ドキュメンタリー、ニュース、健康に関するポッドキャスト番組が特に人気とのことだ。


◎2019年 Spotifyグローバルランキング
<世界で最も再生されたアーティスト>
1. ポスト・マローン
2. ビリー・アイリッシュ
3. アリアナ・グランデ
4. エド・シーラン
5. バッド・バニー

<世界で最も再生された楽曲>
1. ショーンメンデス、カミラ・カベロ「Señorita」
2. ビリー・アイリッシュ「bad guy」
3. ポスト・マローン、スワエ・リー「Sunflower - Spider-Man: Into the Spider-Verse」
4. アリアナ・グランデ「7 rings」
5. リル・ナズ・X ft. ビリー・レイ・サイラス「Old Town Road - Remix」

<世界で最も再生されたアルバム>
1. ビリー・アイリッシュ『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』
2. ポスト・マローン『Hollywood's Bleeding』
3. アリアナ・グランデ『thank u, next』
4. エド・シーラン『No.6 Collaborations Project』
5. ショーン・メンデス『Shawn Mendes』

◎2019年 Spotifyジャパンランキング
<日本国内で最も再生されたアーティスト>
1. あいみょん
2. Official髭男dism
3. ONE OK ROCK
4. BTS
5. TWICE
※本ランキングはSpotifyのプレイリストでも紹介

<日本国内で最も再生された楽曲>
1. Official髭男dism「Pretender」
2. あいみょん「マリーゴールド」
3. King Gnu「白日」
4. あいみょん「君はロックなんて聴かない」
5. あいみょん「今夜このまま」
※本ランキングはSpotifyのプレイリストでも紹介

<日本国内で最も再生されたアルバム>
1. あいみょん『瞬間的シックスセンス』
2. Official髭男dism『Traveler』
3. back number『アンコール』
4. あいみょん『青春のエキサイトメント』
5. Official髭男dism『エスカパレード』
※本ランキングはSpotifyのプレイリストでも紹介

<海外で最も再生された国内アーティスト>
1. ONE OK ROCK
2. RADWIMPS
3. 宇多田ヒカル
4. LiSA
5. Aimer

<海外で最も再生された国内アーティストの楽曲>
1. Teriyaki Boyz「Tokyo Drift (Fast & Furious) - From "The Fast And The Furious: Tokyo Drift" Soundtrack」
2. TK from 凛として時雨「unravel」
3. 宇多田ヒカル、スクリレックス「Face My Fears - English Version」
4. 米津玄師「ピースサイン」
5. KANA-BOON「シルエット」
※本ランキングはSpotifyのプレイリストでも紹介

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    <ライブレポート>倖田來未×オーケストラ 新たな響きに包まれたオーチャードホール

  2. 2

    <コラム>SNSでの新たな接点、ファンとの共有、聴き方の提示、そして楽曲――BUMP OF CHICKEN「クロノスタシス」がチャート上でも特別な理由

  3. 3

    【先ヨミ・デジタル】BE:FIRST「Bye-Good-Bye」ストリーミング首位返り咲きなるか 米津玄師「M八七」は初の速報トップ10入り

  4. 4

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「M八七」が首位 ダチョウ倶楽部がMVに出演しているケツメイシ「友よ~この先もずっと…」は3位に登場

  5. 5

    ヒゲダン&ミスチル総合首位、【ロッキン】第1弾発表、ジャニーズWEST初のフェス出演:今週の邦楽まとめニュース

HOT IMAGES

注目の画像