Billboard JAPAN


NEWS

2019/03/05

故リル・ピープ、ドキュメンタリー映画が【SXSW】で初公開 サントラはFOBが担当

 故リル・ピープのドキュメンタリー映画『Everybody’s Everything』が、来週から米テキサス州オースティンで開催される【SXSW 2019】でプレミア上映される。

 約2時間の『Everybody’s Everything』は、「すべての人のためにすべてであろうとしたアーティストを理解しようとする、親密で人間的な肖像である」と【SXSW】のサイトで紹介されている。<24 Beats Per Second>部門で2019年3月10日、12日、14日に公開される予定だ。

 2017年11月に急逝した彼を題材にしたドキュメンタリーが製作中であることは、米紙ニューヨーク・タイムズが2018年に報じていた。製作責任者は生前ピープの家族と親しかった【カンヌ国際映画祭】パルム・ドール受賞監督のテレンス・マリックで、ピープの母親リザ・ウォーマック(Liza Womack)も製作責任者として名を連ねている。

 監督はセバスチャン・ジョーンズ(Sebastian Jones)とラメズ・シルヤン(Ramez Silyan)で、「I’ve Been Waiting」でピープとコラボしたフォール・アウト・ボーイのパトリック・スタンプがサウンドトラックを担当している。


◎リル・ピープのアカウントへの投稿
https://www.instagram.com/p/BujmVSJjXgB

リル・ピープ その他の画像・最新情報へ

関連商品

マ ニ ア
フォール・アウト・ボーイ「マ ニ ア」

2018/01/19

[CD]

¥2,750(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    <ライブレポート>上白石萌音、25歳を迎え大きな愛に包まれた初のビルボードライブ公演

  2. 2

    <ライブレポート>稲葉浩志、約7年ぶりとなるソロライブで再認識したファンとの“縁”「生まれ変わったような気分です」

  3. 3

    <ライブレポート>ずっと真夜中でいいのに。 時代も次元も超えて踊り明かした“ボーナスステージ”

  4. 4

    The 1975のマシュー・ヒーリー、オアシスは“大人になって”再結成すべきと語る「ふざけるのをやめてほしい」

  5. 5

    <ライブレポート>THE LAST ROCKSTARS、デビューライブで見せた奇跡のステージ

HOT IMAGES

注目の画像