Billboard JAPAN


Special

<インタビュー>超特急が「今だからこそ伝えたいこと」を表現した配信ライブ、Blu-ray化された3日間を振り返る



インタビュー

 2020年12月25日、26日、27日の3日間にわたり開催された超特急のオンラインライブ【Superstar】。開演まで放映された番組ではリョウガがメガホンをとり、本編ではユーキ総合演出のもと3日間異なるテーマの中、カイ、タクヤ、タカシがそれぞれ衣装をプロデュース。メンバーそれぞれが大きく制作に関わった配信ライブのBlu-ray化が満を持して決定した。  Billboard JAPANでは5人にインタビューを行い、衣装、演出、3日目に披露されたソロコーナーまで、各々のこだわりポイントを訊いた。

――配信ライブ【Superstar】のBlu-rayがリリースされます。今回はどんな作品になっていますか?


カイ:5枚組というボリュームがまずやばいよね(笑)。全部見たらどれくらいかかるのか分からないくらいですが、今はどうしても家にいる時間が増えていると思うので、何回でも見ていただきたいですね。

リョウガ:今までのライブBlu-rayは8号車ありきの映像だったんですけど、今回は配信ライブを映像にしたということで、8号車がいないことを逆手にとった映像向きの演出になっています。超特急のライブを見たことがある方も、今までと違った雰囲気になっているので、そういう部分も楽しんでいただけると思います。

ユーキ:超特急のライブって“今だからこそ伝えたいことを表現する”ということをモットーにしていて、この3日間のライブの中では、楽しい日もあれば過去を振り返る日もあり、でもまた未来を見ていくという、人生の過程を表現しているライブになっていて、2020年の超特急のエピローグになっています。カメラワークや内容は、8号車が求めているようなシチュエーションやかっこいい角度を考えたので、また新しい発見をしながら見ていただきたいです。

kai

――無観客ライブとして意識されたことはありましたか?


ユーキ:無観客だからこそ広がる選択肢を意識して作っていきました。逆側を向いたときのセンターステージからのライトの感じは、普段できない演出だったりするので。8号車との掛け合いをしている画を作れないという意味では、どうしたら8号車に見て楽しんでもらえるかを考えていきました。

タクヤ:直接会ってライブができないという状況下でもできることはなんだろうと考えたし、そのときの超特急がすべて詰まっているので、しっかり受け取ってほしいなと思います。

――今回はステージのバックに大きなスクリーンがありましたが、それも何か意図があったのでしょうか?


ユーキ:もともと大きいスクリーンを背負ってライブがしてみたいというのがまずありました。今回大きいスクリーンが背景にあったことで“テーマパーク”という世界観をどでかく背負えて華やかさもありつつ、カメラに抜かれたメンバー以外もバックで見ることができるのでいいなと思いました。


kai

――今回のライブではどのようにセットリストを組んでいったのでしょうか?


ユーキ:テーマ別に分けていきましたね。12月25日は結成記念日だったので、お誕生日をお祝いするような「No More Cry」などを入れていて、2日目は“Story”というテーマだったので、超特急を原点から振り返っていくように、デビュー曲の「TRAIN」からスタートしてみたり。そして3日目は、未来の僕たちを見せたかったので、大人っぽく色気のある楽曲を入れてみたり、それぞれコンセプトに合わせて組んでいきました。

――3日間でカイさん、タクヤさん、タカシさんがそれぞれ衣装をプロデュースされていましたが、担当の日はどのように決めたのですか?


タクヤ:「どの日をやりたい?」という相談を3人でしました。カイは最初「え~またクリスマス~?」と言っていたんですが、数分後に「やっぱやるわ」に変わったので、彼の中で何かが降りてきたんだなと思いました(笑)。カイの脳内が垣間見えた瞬間でしたね。

カイ:25日は結成日でもあるんですが、毎年クリスマス公演の衣装を担当していて、もう3回目か4回目だったんですよね(笑)。でも今回は“テーマパーク”というテーマがあったので、また違ったアプローチで結成日を表現できるかなと思って、挑戦してみることにしました。

――どんな“テーマパーク”のイメージで作られたんですか?


カイ:最初の衣装は、テーマパークの支配人というイメージでした。“BULLET TRAIN WORLD”に遊びに来てくれる8号車を僕らが迎え入れる、という華やかさを出したかったので、シャツやジャケットのほうがいいかなと思って。例えばリョウガはフリルをつけてみたり、タクヤはストライプにしたり、メンバーそれぞれに「こうしたら似合うんじゃないかな?」というのを考えて作っていきました。

――メンバーそれぞれに似合う衣装を考えていったんですね。


カイ:1着目は遠くから見たら統一感があるけど、よく見たらそれぞれの個性がある。2着目はトップスが全員一緒。3着目は色もスタイルもそれぞれ違うものというふうに、3パターン魅せられたのではないかなと思います。今までキラキラした衣装が多かったので、3着目は私服っぽい衣装もやってみたいなと思ったのと、テーマパークなのでデートみたいな、僕らと一緒に遊んでいる気持ちになるようなイメージで選びました。

――8号車さんの妄想を掻き立るような衣装でしたね。


カイ:ぜひ妄想してもらいたいです!



――タクヤさんの「TRAIN」リバイバルバージョンの衣装もファン垂涎ものだったのでは。


タクヤ:超特急を振り返っていくストーリー仕立ての演出だったんですけど、曲の世界観だけでなく衣装でもはっきりと伝えたくて、「TRAIN」の衣装をリバイバルすることにしました。最近応援し始めてくれた方には「こんな衣装を着てたんだ」と思ってほしかったし、昔から応援してくれている方には懐かしい気持ちで見ていただきつつ、「成長したな」と思ってもらえたらいいなという気持ちも込めて、当時の衣装の何倍もバージョンアップした衣装にしました。

――2020年バージョンの「TRAIN」の衣装のこだわりポイントはありますか?


タクヤ:ただの青色ではなくて、よく見たら白に近いスカイブルーのような青だったり、左右で色味を変えたり、当時のものを生かしながら、色味やデザインを忠実に再現しつつ、その中でメンバーそれぞれが似合う丈感などでジャケットの形を決めていきました。

――3着目のスーツを着くずしたような衣装もタクヤさんらしくて素敵でした。


タクヤ:僕は超特急が着るジェンダーレスな衣装がすごく好きで、あえて女性が似合うような丈感の短いジャケットのシルエットを意識しました。シャツは4パターンくらい案を出したんですが、「“蜂”と8号車の“8”がかかっていいんじゃない?」とスタイリストさんに言っていただいたので、あのシャツを選びました。「a kind of love」にもすごく合うなと思ったんですよね。





――タカシさんの歌については歌い上げる曲はもちろん、ユーモラスな楽曲でも表現力の幅広さをすごく感じました。


タカシ:今回はオンラインライブに向けて、リハーサルと同じくらいボイストレーニングにも通わせていただきました。できることを全て準備しきったライブだったので、3日間を通してやりきること、後悔しないことを一番に意識していました。そのときに出た「ライブって楽しいな」という気持ちを大事にしていたら、今までリハーサルで出なかった音が意識せずとも出たりして。

――今回はタカシさんも衣装プロデュースに携わっていますよね。


タカシ:大きなライブで衣装を担当させていただくことって今までなかったので、しっかりテーマに沿った衣装ができるだろうかという不安な気持ちもあったんですが、どうしたら超特急の良いところをいっぱい引き出すことができるかとか、パッと見たときに超特急を分かりやすく表現できるかという、目からの情報をどう与えるかという部分を意識しました。

――どうしてライダースを選ばれたんですか?


タカシ:それぞれ“スーパースター”というテーマに沿って考えていったんですが、レザーの衣装はつなぎの衣装をやってみたかったので選びました。ライダースってパンクなイメージがあるじゃないですか。超特急って他にないジャンルだと思っていて、2021年になっても変わらず反骨心をむき出しで“超特急道”を歩いていきたいなという気持ちで作りました。

――なるほど、そういう意味合いもあったんですね。


タカシ:一番最初の衣装は超特急としてのスーパースター。自分の中のスーパースターで連想したのが、ハットを被って黒いジャケットを着ているというイメージで、そこにメンバーカラーを合わせていきました。

――マイケル・ジャクソンっぽさも感じましたね。


タカシ:ジャケットのイメージはまさにマイケルをモチーフにしました。



リョウガ:今回のBlu-rayの表紙写真はタカシの衣装なんです。

――そうだったんですね!


タカシ:実はジャケット撮影の時、ひそかにうるっときていました(笑)。

タクヤ:すっごい嬉しかった。

リョウガ:でもさ、タクヤとカイは悔しくなかったんですか? ぽっと出のダークホース出現みたいな。

タクヤ:言い訳に聞こえるかもしれませんけど、僕とカイの衣装はその日のための衣装であまりにコンセプチュアルだったので。なんなら「TRAIN」じゃんってなるし(笑)。

カイ:タカシのテーマが一番抽象的だったし、その点でもタカシの衣装は良かったよね。

タクヤ:そうそう。“クール&セクシーなSuperstar”っていうテーマに一番合ってた。

ユーキ:もともと僕が一番打ち出したかったのが“クール&セクシー”というテーマだったので、タカシの衣装はびっちしハマってました。

リョウガ:びっちし…?(笑)

タカシ:よかった!


――タカシさんはソロコーナーの衣装もプロデュースしたとのことでしたが、大変ではありませんでしたか?


タカシ:メンバーのイメージもあったりするので、意見を聞いたうえで考えていきましたが、楽しかったですね。

――楽しんで制作ができたんですね。


タカシ:そうですね! スタイリストさんも大変だったと思うのですが、生地感とか細かいことまで逐一相談させてくれたのは感謝の一言でした。

ユーキ:それぞれがやりたいことを、衣装はタカシに、演出については演出家のSHIGEさんに言っていきました。

――ユーキさんのソロはどんなイメージだったんですか?


ユーキ:僕のソロ曲の「Jasper」は、砂漠で彷徨っている感を出したいなと思って。そのときに浮かんだのが、『北斗の拳』の世紀末な感じでした。魅せたい画と僕の好きなモノのイメージを一致させて作っていった感じですね。振付に関しては、50さんに曲のイメージをお話ししながら作っていただきました。ちなみに、リョウガのソロパートを先に僕から説明させてもらうと、リョウガはすごく無欲で(笑)。僕がリョウガをこういうふうに魅せたいというのを詰め込みました。

――無欲なんですか?

リョウガ:無欲というか、僕が考えて絞り出したものと、ユーキに任せたものだったら、後者のほうが絶対に良いものになるだろうなという考えのもと、“任せる”というプロデュースをさせていただきました。

ユーキ:“任せる”というプロデュース(笑)。なんかかっこよく聞こえるなぁ。

リョウガ:もしくは“委ねる”というプロデュースですね。ユーキにプロデュースさせるというプロデュースです。唯一僕が口酸っぱく指示させてもらったのは、映像の中で着ていた上下グレーのスウェットです。

――お寿司の靴下もですか?

リョウガ:お寿司の靴下はSHIGEさんのこだわりです。

タクヤ:そうだったんだ!(笑)

リョウガ:撮影中はSHIGEさんから「お寿司の靴下ちゃんと見せて」とすごく言われました。結果的に注目してくれていた8号車もたくさんいたのでよかったです。ちょっとだけ主役をお寿司の靴下にとられた感じもしたんですが、その後のタカシがプロデュースしてくれた陰と陽を表現した衣装も素敵だったので、巻き返せたと思います。



――レーザーを操る演出もユーキさんプロデュースですか?


ユーキ:それぞれの特攻演出を決めていったときに、僕は曲的に爆発音、カイは水を使いたい、タクヤは曲的に炎かなと考えていて、リョウガはゲームの演出があったので、操っている感じがあったらかっこいいなと。

――前回のインタビューでユーキさんが、リョウガさんの“陰”と“陽”をどちらも出したいとおっしゃっていたので、「これか!」と思いました。


ユーキ:そうです! Blu-rayでは登場前の映像部分がもっと素晴らしくなっていて、よりリョウガがゲームに熱中している感じが出ているので、パワーアップした部分も見ていただきたいです。

――今回はクールなリョウガさんをたくさん見ることができたように感じましたが、普段とのギャップは意識されましたか?


リョウガ:変に意識しすぎると空回りしちゃうので、シーンや演出を作ってくれた人の力を借りて、流れに身を任せる感じでしたね。

――そしてリョウガさんは今回、映像作品をプロデュースされたと。


リョウガ:はい。開場から開演までのあいだに放映した番組をプロデュースさせていただきました。「超特急の慰安旅行」という、旅行をしながらミニゲームをするワイワイした内容と、夢8への勧誘映像をプロデュースさせていただきました。開演ギリギリからしか見れなかった方や、興味がなくて見なかった方には、Blu-rayを見て「なぜ見なかったのか」と反省していただきたいですね(笑)。





――カイさんのソロでの水の演出についても聞かせていただけますか?


カイ:水を使った演出をしてみたいと常々思っていて、今回やらせていただきました。衣装は長いガウンを着るのがいいかなとタカシに相談したら、想定通りだったみたいで。直接反応は見れなかったんですけど、僕の体が水に濡れるのを見て喜んでいたらしいです(笑)。

リョウガ:そうなんです。すごく気持ち悪かった。

タカシ:“クール&セクシー”の違った角度からの“セクシー”を見せてくれたなと思って嬉しかったんです。

――水をうまく使うダンスと、ヒラヒラ動くガウンがぴったりでしたよね。


カイ:振り付けは50さんが考えてくれました。足を斜めに着いたりすると滑ってしまうので、滑らないように踊るのが大変でしたね。でも、すごく楽しかったです。

――タクヤさんの炎の演出もすごかったです。縛られたタクヤさんが登場したときは驚きました。

タクヤ:インタビューや取材で「炎の特攻をやってみたい」というのは時々話していたんですが、直接話したことがなかったので、ユーキが汲み取ってくれたのかなと思いました。牢屋みたいな縛られている演出は、リョウガが提案してくれて採用しました。

――そこはリョウガさんが?

リョウガ:ノリで意見を言うのは得意なんですよね(笑)。思いつきで言ってみたら、タクヤがそれを拾ってくれて、そこから着想を得て広げてくれたんです。唯一プロデュースした部分ですね。



――タクヤさんとカイさんは、今回のソロで演じているような表現がありましたが、たくさんのドラマや映画に出演されているので、そこから培われた表現力なのかなと圧倒されました。


タクヤ:普段はあんまり意識しないですが、今回のソロでは自分の中で『ワンパンマン』の無免ライダーというキャラクターから着想を得て表現していて、あえて表情だけで魅せることにしたんです。なので、今回は特に“演じた”という感じが強かったですね。

カイ:映像も含めて自分でストーリーを作っていて、そういう意味では僕も演じたというか、世界観を作ってそこに入っていくような感じでした。「Before Dawn」は聴く人のそのときの感情によって悲しい曲にも聴こえるし、幸せな曲にもなると思うのですが、今回は「Never Mine」にも合わせて悲しいイメージで踊らせてもらいました。

ユーキ:「Never Mine」見ていて気になりませんでした? 最後、笑顔で倒れるのはどういう意味なんだろうって。色々考えさせられるから、いつか答え合わせしてほしいな。

カイ:いつかね。まだ早いです(笑)。まずは見る人に委ねてみたいです。






サイン入りインスタント写真をプレゼント

写真

超特急のサイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼント!
Billboard JAPANの公式Twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)をフォロー&ハッシュタグをツイートして、応募完了です。下記注意事項をご確認の上、ふるってご応募ください!

・応募締め切り:2021年4月10日(金)23:59
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMをお送りします。当選時に@Billboard_JAPANをフォローされていない場合、当選は無効となります。
・種類は選べません。

Interview / Photo: Yuma Totsuka

超特急「Asayake」

Asayake

2020/12/16 RELEASE
ZXRC-1238 ¥ 1,650(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Asayake
  2. 02.Fantasista
  3. 03.キズナアルゴリズム
  4. 04.What’s up!?

関連キーワード

TAG

関連商品

Revival Love
超特急「Revival Love」

2019/11/20

[CD]

¥1,320(税込)

Hey Hey Hey
超特急「Hey Hey Hey」

2019/06/10

[CD]

¥1,019(税込)

Hey Hey Hey
超特急「Hey Hey Hey」

2019/06/10

[CD]

¥1,222(税込)

Hey Hey Hey
超特急「Hey Hey Hey」

2019/06/10

[CD]

¥1,222(税込)

Believe×Believe
超特急「Believe×Believe」

2014/06/11

[CD]

¥1,100(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,047(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,047(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,257(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,676(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,257(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,676(税込)

POLICEMEN
超特急「POLICEMEN」

2013/02/13

[CD]

¥1,257(税込)

Hey Hey Hey
超特急「Hey Hey Hey」

2019/06/10

[CD]

¥1,019(税込)

Hey Hey Hey
超特急「Hey Hey Hey」

2019/06/10

[CD]

¥1,222(税込)

Hey Hey Hey
超特急「Hey Hey Hey」

2019/06/10

[CD]

¥1,222(税込)

Hey Hey Hey
超特急「Hey Hey Hey」

2019/06/10

[CD]

¥1,222(税込)

Hey Hey Hey
超特急「Hey Hey Hey」

2019/06/10

[CD]

¥1,222(税込)

Hey Hey Hey
超特急「Hey Hey Hey」

2019/06/10

[CD]

¥1,222(税込)

GOLDEN EPOCH
超特急「GOLDEN EPOCH」

2018/11/14

[CD]

¥3,080(税込)

GOLDEN EPOCH
超特急「GOLDEN EPOCH」

2018/11/14

[CD]

¥4,180(税込)

JESUS
超特急「JESUS」

2018/08/08

[CD]

¥1,222(税込)

RING
超特急「RING」

2014/12/03

[CD]

¥3,850(税込)

RING
超特急「RING」

2014/12/03

[CD]

¥2,750(税込)

Believe×Believe
超特急「Believe×Believe」

2014/06/11

[CD]

¥1,100(税込)

Believe×Believe
超特急「Believe×Believe」

2014/06/11

[CD]

¥1,100(税込)

Believe×Believe
超特急「Believe×Believe」

2014/06/11

[CD]

¥1,100(税込)

Believe×Believe
超特急「Believe×Believe」

2014/06/11

[CD]

¥1,100(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

ikki!!!!!i!!
超特急「ikki!!!!!i!!」

2014/03/26

[CD]

¥1,047(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,047(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,047(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Kiss Me Baby
超特急「Kiss Me Baby」

2013/11/13

[CD]

¥1,257(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,257(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,676(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,257(税込)

Bloody Night
超特急「Bloody Night」

2013/06/05

[CD]

¥1,676(税込)

POLICEMEN
超特急「POLICEMEN」

2013/02/13

[CD]

¥1,257(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    BTS、ベストアルバム全7形態のジャケット写真&ニュービジュアルを公開

  2. 2

    BTS、マクドナルドとのコラボを発表

  3. 3

    TWICE、新曲「Kura Kura」MV公開

  4. 4

    <ライブレポート>斉藤由貴にしか生み出せない独創性と時代を超えた普遍性を持つ楽曲の魅力を表現した贅沢なステージ

  5. 5

    Hey! Say! JUMPの新曲「#502」、楽曲提供アーティストは“ひらめ”

HOT IMAGES

注目の画像