Billboard JAPAN


Special Contents

稲垣潤一×荻野目洋子 対談

稲垣潤一×荻野目洋子 対談 インタビュー

 アメリカやフランスのスタンダードミュージックをJ-POPに昇華した画期的なカバーアルバム『ある恋の物語 My Standard Collection』を完成させた稲垣潤一と、今作において相性抜群のデュエットを披露した荻野目洋子の対談が実現。かつてはあり得なかった夢の共演を受け、2人に今と昔の音楽シーン(旧知の仲 秋元康についても)等について語ってもらった。

アイドル全盛の30年前~「夜のヒットスタジオ」裏話

--稲垣潤一さんと荻野目洋子さんは、今作『ある恋の物語 My Standard Collection』以前に『男と女3 -TWO HEARTS TWO VOICES-』収録の『異邦人』でもデュエットを披露されていましたが、元々親しくはあったんですか?

インタビュー写真

稲垣潤一:親しくは……なかったんですけど(笑)。

荻野目洋子:稲垣さんは大先輩ですから!

稲垣潤一:いやいや。でも現場では会っていましたね。レコード会社が一緒だとか、そういうこともなかったものですから、例えば「夜のヒットスタジオ」とか歌番組でご挨拶したり。

--今、荻野目さんは稲垣さんのことを「大先輩」と仰いましたが、稲垣さんのレコードデビュー(1982年)と荻野目さんのソロデビュー(1983年/ソロレコードデビューは1984年)は、実は1年差ぐらいなんですよね。

稲垣潤一:あんまり変わんないじゃないですか(笑)。

荻野目洋子:そうなんですね。でも稲垣さんのイメージって、皆さんもそうだと思うんですけど、大先輩じゃないですか。

稲垣潤一:まだ30周年ですから。

荻野目洋子:意外とそんなには変わらないんですね。その前はどんな活動をされていたんですか?

稲垣潤一:セミプロ活動が長くて、高校卒業してから10年ぐらいいろんなところで歌ってましたね。だからデビューが遅いんですよ。28だから。

荻野目洋子:たしかにあの時代では珍しいかもしれないですね。最近だとスガ シカオさんとか、デビューの遅い方はいらっしゃいますけど。

--荻野目さんは当時の稲垣さんにどんな印象を持たれていました?

インタビュー写真
▲荻野目洋子

荻野目洋子:本人の目の前で恐れ多いんですけど、すでに貫禄がありましたし、最初から鮮烈な印象。大人のアーティストというイメージでしたね。私はアイドル全盛期みたいな感じの中でデビューしてしまっていたので、やっぱりまた別の世界というか。当時は演歌があり、ニューミュージックがあったんですけど、そちらの世界と私のいる世界は違う感覚で。

稲垣潤一:1982年頃はアイドルが多かったんですよね。だから僕とかが異質な感じですよ。浮いてる感じ(笑)。

荻野目洋子:でも「夜のヒットスタジオ」はいろんなジャンルの方が一同に会すので、不思議な緊張感があって。

稲垣潤一:あれはすっごい緊張感があったね。メドレーのコーナーがあって、他の出演者の曲をその人の目前で歌わなくちゃいけないから大変なんですよ。演歌とか。軽くリハーサルはやるんですけど、ほとんどぶっつけ本番ですから、どこのキーで歌っていいんだか、イントロの長さがどれぐらいなのか、全然分かんなくて。

荻野目洋子:それで生放送だから、大御所の方でも戸惑うぐらい。それが視聴者の方からしたら面白かったんだと思うんですけど。

稲垣潤一:出演者は皆さんピリピリしていて凄かったですよね。

荻野目洋子:怖かったです。気合いがヒシヒシと伝わってきて。しかもそれぞれの事務所の方々、ギャラリーがすごく多いので、「あの方とお話したいなぁ」といつも思うんですけど、話し掛けることもできず萎縮していました。

--稲垣さんは『ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)』などを歌う当時の荻野目さんにどんな印象を持たれていたんでしょう?

インタビュー写真
▲稲垣潤一

稲垣潤一:やっぱり「歌唱力があるな」って思いましたね。いろんな方がデビューしてくる中で、非常に歯切れの良い歌い方をする人だなと。荻野目さんは同期って誰になるんですか?

荻野目洋子:吉川晃司さんとか菊池桃子ちゃんとか岡田有希子ちゃんとか。

稲垣潤一:僕は中森明菜さんとかキョンキョン(小泉今日子)と一緒なんですよ。だから浮いてる感じなんです(笑)。

--これは個人的な印象なんですが、当時の荻野目さんは人気アイドル、稲垣さんはザッツ・ミュージシャンという見方をしていまして、そうした2人が一緒に歌うというのは今でこそ実現しているものの、当時からしたら奇跡的なことだったんじゃないですか?

稲垣潤一:ですね。だから実は昔からデュエットはしたいと思っていたんですけど、なかなか出来なかったんですよね。いろいろとハードルが高かったんです。それに比べたら今の時代はデュエットし易くなってる。

荻野目洋子:最近はいろんなコラボレーションがあるので、稲垣さんからデュエットのお話を頂いたときも違和感なく、純粋に声を掛けて頂いたことが嬉しかったですね。ただ、たしかに今の時代は誰とでもデュエットし易くなってると思うんですけど、先輩の方から声を掛けて頂かないと実現しないじゃないですか。アメリカとかでもそうだと思うんですけど、後輩からは頼みづらいんですよね。

--では、お2人のデュエットも収録された『ある恋の物語 My Standard Collection』について触れていきたいんですが、以前インタビューさせて頂いた際、稲垣さんは「ジャズやスタンダードナンバーをAOR的に、ある種ポップに日本語で歌うことが出来たら、まだ誰も形にしていない世界になるかな」と仰っていたのですが、今作はそのヴィジョンを具現化したものですか?

インタビュー写真

稲垣潤一:正しくそうです。何年か前から温めていたテーマ。ただ、当時は「やりたい」と言っても説得する材料が何もなかったし、ただ言葉で伝えても「うーん……よく分かんないな」とか言われそうなので、まずライブでシミュレーションしようかなって思ったんですよ。で、昨年、ジャズピアニスト山中千尋さんのトリオとコラボライブする機会があって、今作にも収録している『夜のストレンジャー』や『オルフェの唄』をトライしてみて。そこでのリアクションなどが説得材料にもなったし、自分も「良いものが出来そうだな」と実感できたので、昨年末からレコーディングに取り掛かったんです。

今の音楽シーン~AKB48&旧知の仲 秋元康の印象

--そもそも、そうしたアプローチをしたいと思ったのは何故なんでしょう?

インタビュー写真

稲垣潤一:昔から“あまり人がやってないようなことをやりたい”と思うタイプなんですよ。で、越路吹雪さんとか江利チエミさんとか、あとは美空ひばりさんもそうですが、スタンダードナンバーを日本語で歌っていたんですけど、あるときから誰もやらなくなったんです。それは法定訳詞が今の時代にフィットしないとか、いろんな問題があったと思うんですけど、だったら詞を新しく作りかえればいいじゃないと思って。ただ、そこに許諾の問題があるというのを忘れていたんですよ。

--(笑)

稲垣潤一:それでちょっと時間はかかってしまったんですが、おかげさまで11曲許諾が下りて収録できることになりまして。今、英語でスタンダードナンバーをカバーする人はいますけど、日本語で歌っている人は本当にいないんですよね。だから形に出来てよかったです。

--そのアルバムのボーカルワークを独りではなく、様々な女性ボーカルと共に構築しているのが、デュエットソング数国内最高記録保持者の稲垣さんらしいなと思いました。

稲垣潤一:(笑)。そうですね。『男と女』というデュエットカバーアルバムを3作つくったので、今回もデュエットをお願いしたいとは考えていて。それで荻野目さんにもお願いした訳ですけど、他にもゲストミュージシャンに参加してほしいと思って、ピエール・バルーさんとか尾崎亜美さんとか、多くの人に声を掛けさせて頂いたんです。

--荻野目さんと再びデュエットしたいと思った要因は何だったんでしょう?

インタビュー写真

稲垣潤一:この曲『恋はリズムにのせて』がすごく合うと思ったんですよ。で、今回、音楽プロデューサーの川原伸司さんがスーパーバイザーとして参加してくれているんですけど、彼は荻野目さんとも古くからの付き合いになるもので、声を掛けてもらったんです。実際、すごく合ってますよね?

荻野目洋子:恐縮です(笑)。

--そのデュエット曲『恋はリズムにのせて Duet with 荻野目洋子』、僕も実際に聴かせて頂いたんですが、この曲の世界観と2人の個性的なボーカル。尋常じゃないほど相性良いですよね。

稲垣潤一:それは僕も思います。目指していたものになってます、完全に。今回、星の数ほどあるスタンダードナンバーの中からどの曲を歌うか。日本語で歌ったときのことをイメージしながら選曲していって、自分の声との相性を知る為にデモテープも録ったりしながら収録曲を決めていったんです。ただ、その中で『恋はリズムにのせて』はアルバムの制作ミーティングのときにふと「いいかも」ってなって、すぐイメージが浮かんだんですよ。それで、荻野目さんと歌わせて頂いたらイメージ通りのものになった。すごく良い形になったなと思います。

荻野目洋子:川原さんにも伝えたんですけど、出来上がったのを聴かせて頂いたら自分で言うのも何ですが、良質なものになっていて(笑)。正直、家で自分の曲は何度も聴いたりしないんですね。でもこの曲はすごく気持ち良いから、その日のうちに何十回も繰り返し聴いてて。気に入ってます。

--こうした音楽的に面白いアプローチをしている作品を、ちゃんと面白いアプローチとして捉えてもらいたい気持ちは強いですか?

インタビュー写真

稲垣潤一:どう届くのか、すごく興味があります。多分、原曲を知っている同世代の人には「あ、これがJ-POPに変わったのね」って面白がってもらえると思うんですけど、原曲を知らない若い人には“稲垣潤一の新曲”として届けばいいのかなって。このアルバムは“アメリカやフランスのスタンダードナンバーをJ-POPにしよう”という発想で作ったんだけど、最初はどうまとめるか考えていたんですよ。でも僕はジャズシンガーではなくポップシンガーだから、J-POPにすればいいんだなって。そうした方が分かり易いしね。

--シンプルだし、面白いと思います。ただ、今の音楽シーンはAKB48をはじめアイドルが多くのシェアを握っており、それ以外の音楽はなかなか行き届かない現状があります。この事態についてはどんなことを感じられていますか?

稲垣潤一:AKB48は秋元(康)くんですからね。

--よく知った仲でいらっしゃいますよね。

稲垣潤一:だからあんまり悪口は言えないんですけど(笑)。彼の作詞家デビューと僕のデビューってほぼ一緒なんですよね。それから作詞はもちろん、映画作ったり、いろいろプロデュースしたり、仕掛けを作ったりしているんですけど、未だに才能が枯渇していない。昨年ぐらいに久々に会ったんですけど、昔のまんまだったし。ただ、周りがみんな「先生」って呼ぶんですよ。「秋元くん」なんて僕ぐらいしか言う人いなくて。だから「さすがだな~。俺も先生って言わなきゃマズイのかなぁ?」って。

--(笑)

稲垣潤一:あと、AKB48に限らず、J-POPの全体的な方向性として言葉に比重が移っている感じはします。日本語のラップが出てきてから、どうもメロディというよりは言葉重きになってる。ただ、僕は30年間ずっとメロディを大切にしてきたから、今回もメロディの宝庫とも言えるスタンダードにスポットを当てた。そういう意味では、古い曲だけど新鮮に響くのかなっていう気はします。

--荻野目さんの目に、今のアイドル全盛シーンがどんな風に映っているのかも興味深いです。

インタビュー写真

荻野目洋子:私も3人の子供を持つ母になったので分かるんですけど、いつの時代も子供たちは若い人に人気のある曲を聴く訳ですよ。

稲垣潤一:お子さんもAKB48の歌をうたったりするの?

荻野目洋子:やっぱり歌います。親が与えなくてもテレビをつければ必ず流れている訳だし、嵐の曲とかもよく聴いてます。昨日、子供の運動会だったんですけど、嵐の曲が使われていたりするんですよ。だからいつの時代も変わらないんだろうなって。

--実際、荻野目さんの『ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)』も運動会で使われていました。

荻野目洋子:そうそう、使われていたんですよ(笑)!

--お2人はこれまで自らもムーヴメントを起こしていますし、様々なムーヴメントがこの芸能界や音楽業界から生み出されている流れを近くで見てきているとも思うんですけれど、例えば今のアイドルに対抗できるものを生み出せるとしたら、それはどんなものだったりすると思いますか?

稲垣潤一:それが分かったら事務所の社長になってる(笑)。ムーヴメントを起こすのは難しいですよね。でも「すごく変わったな」と思うのは、僕がデビューした頃にはレゲエを日本語で歌う人もいなかったし、ラップをやっている人もいなかったんですよ。歌謡曲かニューミュージックしかなかったのに、この30年で多様性を持つようになった。

荻野目洋子:私は稲垣さんみたいにずっと第一線でご活躍されている生き方とはまた違って、女性として結婚もして子育てもして退いている部分があるので、逆に普通にシーンの流れを見ていられたんです。その結果、個人的に惹かれていたのはグラミー賞に名を馳せるような、アデルみたいなボーカリストで。いつの時代も自分を磨いて、その声で感動させていく人はやっぱり凄いなって思うんですよね。だから自分もそこを目指していけたらなって。なので、もちろんいろんなジャンルがあっていいと思うし、それぞれに好きなものがあっていいと思うんですけど、口パクとかは……(笑)。当時はあんまりいなかったですもんね。

--今はライブで実際に歌わなくても、それはそれとして受け入れられるようになりました。

荻野目洋子:ですよね。でも私たちはそれが許されない時代にデビューしているので(笑)、やっぱり本物の声で感動したいと思う。

職業作詞家&作曲家不在の時代、2人が進む道

--個人的には、そうした本物の歌の力もそうですし、今作のような大人のポップミュージックを打ち出していくことも重要だと思っていまして。音楽を聴く大人を増やして、同時にそれを子供が憧れる音楽にしていく。『恋はリズムにのせて』もそうですし、『007のテーマ~ロシアより愛をこめて』も大人からしたら凄まじくキャッチーですし、子供からしたら憧れに成り得る世界じゃないですか。そこはどう思われます?

インタビュー写真

稲垣潤一:今作がそうやって幅広い世代に聴かれたら嬉しいとは思います。日本はまだパッケージを大事にする国民性があって、CDを愛する世代には届けられるはずと思ってるんですよ。ライブをしていても、同じ世代の人たちがまた会場に戻ってきている気がするし。実際、CDのマーケットは年々小さくなっているけど、ライブに足を運ぶ人は増えてるんですよ。それは何故かと言ったら、やっぱりライブって生き物みたいなもんだし、さっき荻野目さんも言ったけど、歌だけは作りようがないんですよね。それがライブの良さだし、それを求めて皆さん会場に足を運ばれていると思うんです。だからますますこれからも歌を大事にしていきたい。

--また、今回のようなアプローチは、ロッド・スチュワートがアメリカンスタンダードをポップ寄りに歌って大ヒットさせた前例もありますし、追求し甲斐のあるところなんじゃないですか?

稲垣潤一:それはそうなんだけど、ロッドみたいな歌い方は僕には出来ないんですよ。だからJ-POPにしようと思ったんですけど、ロッドはすごく器用なボーカリストで、なんであれだけロックを歌っていてジャズシンガーにもなれるんだろう?みたいな。なので、僕はどちらかと言うとブライアン・ウィルソン(ザ・ビーチ・ボーイズ)っぽい。彼もガーシュウィンの曲を歌ってますけど、ブライアン・ウィルソン流になってる。僕も稲垣潤一流にすればいいと思って、どんな曲であってもJ-POPとしての解釈でカバーすることにしたんです。

--その結果として『恋はリズムにのせて』がカラオケでデュエットされるような状況を生めたら、ストーリーとしても美しいですよね。せっかく伊藤銀次さんが歌謡テイストの強い日本語詞を付けてくれていますし。

インタビュー写真

稲垣潤一:そうですね。銀次さんとか杉真理くんに歌詞をお願いした理由としては、最近は職業作詞家と言われる方が少なくなっちゃって。秋元くんとか、今回お願いした湯川れい子さんとかは別ですけど、信頼して頼める人があんまりいない。シンガーソングライライター系のアーティストにお願いした方が、言葉にリズムを生み出す能力を持っている。そういう判断から銀次さんと杉くんにお願いしたんですよね。

--そうした状況もこの30年で大きく変わった部分ですよね。

稲垣潤一:僕たちが出てきた頃は、筒美京平さんとか、売野雅勇さん。職業作詞家、職業作曲家と言われる人たちがたくさんいらっしゃった時代だったんです。でも今はほとんどいないですよね。で、その時代の方々はメロディを大事にしている人たちだったので、さっきの話とリンクしますけど、だんだんメロディと言葉のバランスが変わっていった。

--では、荻野目さんも2009年にカバーアルバム『Songs & Voice』を発表されていますが、荻野目さんや稲垣さんが近年カバーに注力しているのは、信頼できる職業作詞家、職業作曲家の不在も関係していますか?

インタビュー写真

稲垣潤一:僕は関係していると思いますけどね。新曲としてなかなか良い曲を生み出せないんだったら、やっぱり埋もれている良い作品ってたくさんあるから、そこをリメイクした方が良いものになる。

荻野目洋子:私は最初のヒット曲『ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)』がカバーだったので、そもそも「良い曲はどんどん歌っていこう」という発想なんですよね。自然とそうなっていて。いつの時代も良い曲はどんどんリメイクされて世に出ていくべきだと思いますし。ただ、今回の稲垣さんのアルバムを聴かせて頂いてすごく新鮮だったのが、ラテンテイストの曲もあるじゃないですか。私の中の稲垣さんのイメージにはなかったので驚いて。

稲垣潤一:今回のアルバムはある種のルーツミュージックで。セミプロ時代に歌ったり、ドラムを演奏していた曲をセレクトしているんです。当時はそういう曲をバックにソシアルダンスを踊るお客様が必ずいたんですよ。チャチャチャ、ラテン、ルンバ。それに対応する為にこちらもラテンやらタンゴやらを演奏する。だからラテンも染み着いてはいるんですよね。

荻野目洋子:私もザ・ビートルズ『ア・テイスト・オブ・ハニー』とかナット・キング・コール『キサス・キサス・キサス』とか、個人的にラテンテイストのものにシビれたり、ジャズっぽい曲に憧れたりします。自身の作品として『コーヒールンバ』をカバーしたことはあるんですけど、世代的にはラテンのブームってなくて。でも大人の方々たちはそのブームを体感していて、事務所の社長とかも「ラテンはいいぞぉ~」なんてよく言っていたので(笑)、上の世代の方には自然と馴染んでいる音楽なのかなって思っていたんですよね。

稲垣潤一:そうですね。その頃によく演奏していました。

--お2人とも様々なジャンルを歌ってきたと思うんですが、音楽的に今後挑戦していきたいこと、実現したい目標などありますか?

荻野目洋子:自分の世代でもライブに行きたくなるような、ノリの良い曲を歌いたいですね。お芝居とか観ていても思うんですけど、この年代になってみると、そういう生の舞台が本当に“日常からの解放”になるんですよ。若いときとは違いライブの楽しさがあって、しみじみいろんなことを感じられるし、盛り上がって汗をかくのも気持ち良いし、最高なんです。だからそう感じてもらえるエンターテインメントを目指していけたらいいなって思いますね。

--そう思えるようになったのは、家庭に入ったり、お子さんができたことが大きく関係しているんでしょうか?

インタビュー写真

荻野目洋子:大きいんですよ(笑)! 毎日決まっているサイクルから抜け出す時間は必要だなって。私は歌手をやってからそういう生活に入ったので、余計にそう思うんですよね。世の中には虐待とかいろんな問題がありますけど、それを無くす為には自分を解放できる何かが絶対必要だなとか、そういうことも考えられるようになりましたし。だから自分もそういうものを作っていけたらいいなって、心からそう思いますね。

--稲垣さんの今後についても伺わせてください。

稲垣潤一:今回はコール・ポーターの作品が歌えて、初めて『Night And Day~J・I VERSION』という4ビートの曲に挑戦できたんですけど、僕の大好きなリチャード・ロジャースとかガーシュウィンとかの作品は歌えなかったんですよ。なので、またこういう機会があれば、歌ってみたい。スタンダードって本当にたくさんあるので。

--では、このプロジェクトもシリーズ化していく可能性が?

稲垣潤一:まだ分かりませんけれども、気持ちとしてはやりたいですね。

--では、また2人組んで何かをするとしたらどんなことがしたいですか? もしくはどんな曲を歌ってみたいですか?

稲垣潤一:次はディスコソングですね。この前、ドナ・サマーが亡くなってしまって、彼女の曲を聴きながらも思ったんですけど、ディスコソングって結構名曲が多くて。日本語の歌詞がハマり易いなとも思ったんですよ。だからスタンダードの次はディスコソングもアリだなって。

--荻野目さんは実際にディスコソングを歌ってきていますからね。

稲垣潤一:ぜひ! 荻野目さん、すごく合いそうなので。

荻野目洋子:はい、私でよろしければ!

関連キーワード

TAG

関連商品

ディア・ポップシンガー
荻野目洋子「ディア・ポップシンガー」

2014/08/20

[CD]

¥3,190(税込)

ディア・ポップシンガー
荻野目洋子「ディア・ポップシンガー」

2014/08/20

[CD]

¥4,290(税込)

雨と涙の唄 BEST
(V.A.) 稲垣潤一 森高千里 松本英子 德永英明 BEGIN STARDUST REVUE 松田聖子「雨と涙の唄 BEST」

2014/05/21

[CD]

¥3,157(税込)

Revival
稲垣潤一「Revival」

2013/11/27

[CD]

¥2,200(税込)

流行歌手 +4
荻野目洋子「流行歌手 +4」

2010/05/26

[CD]

¥2,619(税込)

TRUST Me +7
荻野目洋子「TRUST Me +7」

2010/05/26

[CD]

¥2,619(税込)

雨のうた
(オムニバス) 稲垣潤一 ASKA STARDUST REVUE 德永英明 松本英子 松田聖子 久保田利伸「雨のうた」

2010/05/26

[CD]

¥3,143(税込)

FAIR TENSION +8
荻野目洋子「FAIR TENSION +8」

2010/04/21

[CD]

¥2,619(税込)

バラードベスト
稲垣潤一「バラードベスト」

2009/03/11

[CD]

¥2,619(税込)

MY ONE
稲垣潤一「MY ONE」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

J’s DIMENSION
稲垣潤一「J’s DIMENSION」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

Signs of Trust
稲垣潤一「Signs of Trust」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

FOR MY DEAREST
稲垣潤一「FOR MY DEAREST」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

SKETCH of HEART
稲垣潤一「SKETCH of HEART」

2009/03/11

[CD]

¥2,365(税込)

WILL
稲垣潤一「WILL」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

Self Portrait
稲垣潤一「Self Portrait」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

HEART & SOUL
稲垣潤一「HEART & SOUL」

2009/03/11

[CD]

¥2,365(税込)

EDGE OF TIME
稲垣潤一「EDGE OF TIME」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

Mind Note
稲垣潤一「Mind Note」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

REALISTIC
稲垣潤一「REALISTIC」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

NO STRINGS
稲垣潤一「NO STRINGS」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

Personally
稲垣潤一「Personally」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

J.I.
稲垣潤一「J.I.」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

Shylights
稲垣潤一「Shylights」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

246:3AM
稲垣潤一「246:3AM」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

SINGIN’ DRIVE
荻野目洋子「SINGIN’ DRIVE」

2008/11/19

[DVD]

¥3,143(税込)

DANCING COLORS
荻野目洋子「DANCING COLORS」

2008/11/19

[DVD]

¥3,143(税込)

ムービング・ナウ
荻野目洋子「ムービング・ナウ」

2008/11/19

[DVD]

¥2,619(税込)

ザ・ステップ 荻野目洋子 1st
荻野目洋子「ザ・ステップ 荻野目洋子 1st」

2008/11/19

[DVD]

¥2,619(税込)

悲しみがとまらない
稲垣潤一&小柳ゆき「悲しみがとまらない」

2008/11/05

[CD]

¥1,047(税込)

サヨナラからのメッセージ
稲垣潤一「サヨナラからのメッセージ」

2008/02/06

[CD]

¥1,257(税込)

ディア・ポップシンガー
荻野目洋子「ディア・ポップシンガー」

2014/08/20

[CD]

¥3,190(税込)

ディア・ポップシンガー
荻野目洋子「ディア・ポップシンガー」

2014/08/20

[CD]

¥4,290(税込)

雨と涙の唄 BEST
(V.A.) 稲垣潤一 森高千里 松本英子 德永英明 BEGIN STARDUST REVUE 松田聖子「雨と涙の唄 BEST」

2014/05/21

[CD]

¥3,157(税込)

Chains +3
荻野目洋子「Chains +3」

2010/05/26

[CD]

¥2,619(税込)

SCANDAL +6
荻野目洋子「SCANDAL +6」

2010/05/26

[CD]

¥2,619(税込)

ヌーディスト +5
荻野目洋子「ヌーディスト +5」

2010/05/26

[CD]

¥2,619(税込)

流行歌手 +4
荻野目洋子「流行歌手 +4」

2010/05/26

[CD]

¥2,619(税込)

TRUST Me +7
荻野目洋子「TRUST Me +7」

2010/05/26

[CD]

¥2,619(税込)

雨のうた
(オムニバス) 稲垣潤一 ASKA STARDUST REVUE 德永英明 松本英子 松田聖子 久保田利伸「雨のうた」

2010/05/26

[CD]

¥3,143(税込)

ハートビート・エクスプレス +9
荻野目洋子「ハートビート・エクスプレス +9」

2010/03/24

[CD]

¥2,619(税込)

ラズベリーの風 +5
荻野目洋子「ラズベリーの風 +5」

2010/03/24

[CD]

¥2,619(税込)

貝殻テラス +4
荻野目洋子「貝殻テラス +4」

2010/03/24

[CD]

¥2,619(税込)

ラブリー・ポップス
(オムニバス) 松田聖子 荻野目洋子 本田美奈子 中山美穂 斉藤由貴 南野陽子 小比類巻かほる「ラブリー・ポップス」

2009/12/23

[CD]

¥3,353(税込)

Songs & Voice
荻野目洋子「Songs & Voice」

2009/11/25

[CD]

¥3,190(税込)

クリスマスキャロルの頃には
稲垣潤一&広瀬香美「クリスマスキャロルの頃には」

2009/11/18

[CD]

¥1,572(税込)

バラードベスト
稲垣潤一「バラードベスト」

2009/03/11

[CD]

¥2,619(税込)

MY ONE
稲垣潤一「MY ONE」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

J’s DIMENSION
稲垣潤一「J’s DIMENSION」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

Signs of Trust
稲垣潤一「Signs of Trust」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

FOR MY DEAREST
稲垣潤一「FOR MY DEAREST」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

SKETCH of HEART
稲垣潤一「SKETCH of HEART」

2009/03/11

[CD]

¥2,365(税込)

WILL
稲垣潤一「WILL」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

Self Portrait
稲垣潤一「Self Portrait」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

HEART & SOUL
稲垣潤一「HEART & SOUL」

2009/03/11

[CD]

¥2,365(税込)

EDGE OF TIME
稲垣潤一「EDGE OF TIME」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

Mind Note
稲垣潤一「Mind Note」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

REALISTIC
稲垣潤一「REALISTIC」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

NO STRINGS
稲垣潤一「NO STRINGS」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

Personally
稲垣潤一「Personally」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

J.I.
稲垣潤一「J.I.」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

Shylights
稲垣潤一「Shylights」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

246:3AM
稲垣潤一「246:3AM」

2009/03/11

[CD]

¥2,409(税込)

SINGIN’ DRIVE
荻野目洋子「SINGIN’ DRIVE」

2008/11/19

[DVD]

¥3,143(税込)

DANCING COLORS
荻野目洋子「DANCING COLORS」

2008/11/19

[DVD]

¥3,143(税込)

ムービング・ナウ
荻野目洋子「ムービング・ナウ」

2008/11/19

[DVD]

¥2,619(税込)

ザ・ステップ 荻野目洋子 1st
荻野目洋子「ザ・ステップ 荻野目洋子 1st」

2008/11/19

[DVD]

¥2,619(税込)

悲しみがとまらない
稲垣潤一&小柳ゆき「悲しみがとまらない」

2008/11/05

[CD]

¥1,047(税込)

サヨナラからのメッセージ
稲垣潤一「サヨナラからのメッセージ」

2008/02/06

[CD]

¥1,257(税込)

荻野目洋子 HISTORY
荻野目洋子「荻野目洋子 HISTORY」

2005/12/16

[CD]

¥3,143(税込)

アンチェインド・メロディー
稲垣潤一「アンチェインド・メロディー」

2005/11/23

[CD]

¥3,143(税込)

クリスマスにラブソングを
(オムニバス) 松田聖子 稲垣潤一 EPO ユニコーン 槇原敬之 大沢誉志幸 辛島美登里「クリスマスにラブソングを」

2005/10/26

[CD]

¥2,420(税込)

ジャパディスコ
(オムニバス) 荻野目洋子 長山洋子 麻生真美子&キャプテン 渡辺めぐみ TOPS ピンク・レディー Be-2「ジャパディスコ」

2004/12/16

[CD]

¥2,530(税込)

Revival Ⅱ
稲垣潤一「Revival Ⅱ」

2004/11/03

[CD]

¥2,096(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「馬と鹿」9週連続で首位 嵐がトップ10内に4曲

  2. 2

    花村想太(Da-iCE)、バンドプロジェクト発表

  3. 3

    BiSH 禁断のスク水ライブ解禁で全員ダイブ&サプライズ生誕祭にモモコ歓喜

  4. 4

    【先ヨミ・デジタル】星野源の新EP『Same Thing』が27,168DLでアルバム首位独走中 関ジャム効果でスピッツベストがトップ10浮上

  5. 5

    新しいことを始めて気づくこと【世界音楽放浪記vol.69】

HOT IMAGES

注目の画像