Billboard JAPAN


Special Contents

<インタビュー>目標はスタジアム・バンド! 音楽集団としてのジェニーハイ、上質なポップ・アルバムとしての『ジェニーハイストーリー』について



 川谷絵音がプロデュースを務め、4人組ロック・バンド、tricotの中嶋イッキュウ、お笑い芸人の小籔千豊、くっきー!(野性爆弾)、そして現代音楽家の新垣隆がメンバーとして名を連ねる異色混成バンド、ジェニーハイ。2018年10月にデビュー・ミニアルバム『ジェニーハイ』をリリースし、各地の夏フェスにも登場、音楽シーンを大いに賑わせたこのバンドが、ついに1stフルアルバム『ジェニーハイストーリー』を発表。今作の発売前週である11月22日、メンバー5人は都内某所に集い、合同取材会でのインタビューに応じた。本稿では前半で合同取材会での内容をレポート、後半では個別インタビューの内容をお届けする。

ガンプラというよりゾイドですよね



 

 ご存知の通り、ジェニーハイのメンバーはそれぞれが個別の活動を展開している。いずれもプロフェッショナルの現場に身を置き、そのスケジュールも濃密だ。この日のように5人全員が一堂に会すること自体、非常に稀なのである。制作過程を振り返り、「こんなにスケジュールが合わないバンドもなかなかいないし、レコーディングもそれぞれ別の日にやったので、制作費が普通のバンドの10倍くらいかかってしまった。50万枚くらい売らないと…」と話した川谷。indigo la End、ゲスの極み乙女。をはじめ、いくつものバンドやプロジェクトに参画する川谷に「本当に大変だった」と言わしめるジェニーハイというキメラ・バンドは、それだけ一挙手一投足に膨大なエネルギーを要するということだ。小籔千豊は自身のバンド、吉本新喜劇ィズのドラマーとしても活動するが、やはり本業はお笑い芸人。「新曲がくると背筋が凍る。どれも本当に難しい曲で。(今作は)努力の結晶になった」と苦労を語った。

 

 制作の大きな障壁となったスケジュールの問題だが、結果的にプラスに働いた側面もある。中嶋が「前作は曲数が少ない中でもバラエティに富んでいたけど、その時は“ジェニーハイにどんな音楽が合うか分からないから試した”と川谷Pが言っていた。なら、1stフルアルバムを作るとしたらどんな作品になるのかなって思っていたら、半分ぐらいがラップになっていた」と話した通り、今作ではバンド演奏による楽曲の中に混じって、打ち込みのサウンドでメンバーがラップを披露するナンバーが散見できる。



ジェニーハイ『ジェニーハイラプソディー』


 

 これらのラップ曲は、前作以上にサウンドの幅が広がった今作においても大きな聴きどころで、アルバムを通して聴いた時の聴き心地をいい意味で乱すスパイスになっているが、これについて川谷は「バンドのサウンドだけじゃ終わらないからラップの曲が増えた」と種明かし。身も蓋もない吐露で経緯が明らかとなった形だが、その仕上がりはさすがのハイクオリティで、例えば「ヘチマラップ」は、現行のUSヒップホップを思わせる、ミニマルなビートと鬱屈したサウンドの本格派ラップ・ナンバー。リリックは社会風刺的な内容となっているが、その題材に「ヘチマ」をチョイスするセンスもまた規格外だ。さて、前作のインタビューでもラップへの苦手意識を語った新垣だが、今作の手応えについて訊かれると、「少しずつ上達してます。最終的には自分が一番上手くなりますのでよろしくお願いします」とコメント。いつかマイク片手にキレキレのラップを披露する現代音楽家の姿を見る日がくるかもしれない。




 

 今作の制作において、各パートのアレンジは川谷のほか、休日課長(ゲスの極み乙女。/DADARAY/ichikoro)、佐藤栄太郎(indigo la End / ichikoro)、ちゃんMARI(ゲスの極み乙女。/ichikoro)といった布陣が参加。レコーディングでもindigo la Endのドラマー、佐藤栄太郎のサポートを受けた小籔は、「僕は100回ぐらい録り直ししてもいいんですけど、あの人らは帰りたいんやろなっていうプレッシャーがあって、胸が痛くなりました(笑)。でも、レコーディングを通して上達していく実感があるので、僕としては大変ありがたかった」と感謝を述べ、くっきー!は「レコーディングってすごく楽しいですよね。完成していく過程を目の当たりにするというか。完成して曲が動き出す感じがガンプラというよりゾイドですよね。だから僕、レコーディングのことゾイドって言ってるんです」と独特な言い回しで制作の日々を振り返った。

 

 そんな特異な成り立ち以上に、ウェルメイドな音楽アルバムである点で、あらゆる音楽リスナー必聴の1stフルアルバム『ジェニーハイストーリー』。本作をもって、ジェニーハイはさらに個性の融点を高め、唯一無二のバンドへと変貌した。「ガッキー(新垣)って寡黙じゃないですか。でも、僕と川谷Pが将棋してるのを見て、“そこ違うと思います”って喋りかけてくるんです。それで一度、Pが“ちょっと新垣さん黙っていてもらえます!?”ってキレかけたことがあって。その時に打ち解けたなって思いました」とくっきー!。愛憎こもごも、強すぎる5つの個性は時に相反し、時に融和しながら相乗効果を生み出し、やがて未だかつて類を見ない音楽集団へと成長していくに違いない。

 

 なお、この合同取材会の模様は、Warner Music JapanのYouTubeチャンネルにてライブ配信されたほか、現在もアーカイブ視聴が可能となっているので、ぜひチェックしてほしい。



ジェニーハイ 1stフルアルバム合同取材会ライブ配信


曲そのものの面白さ

――デビュー・ミニアルバム『ジェニーハイ』の発表から1年、ついに1stフルアルバム『ジェニーハイストーリー』がリリースされました。スケジュールを合わせるだけで骨が折れそうなバンドなので、正直、こんなに早くフルアルバムが完成するとは思っていなかったのですが、前作のリリース時点で道のりはいくらか見えていたのでしょうか?

川谷絵音:いや、『ジェニーハイ』のリリース直後はしばらく会う機会がなかったし、「シャミナミ」のレコーディングもなかなか終わりが見えなくて。とはいえ「このまま曲をリリースしない状態が続くのもなぁ…」とは思っていたので、「ジェニーハイラプソディー」を作ったんです。ラップならすぐできると思って。




――トラックは川谷さんが作ればいいわけですもんね。

川谷絵音:その「ジェニーハイラプソディー」のMV撮影の時、「ケツ(期限)を決めないとアルバムできないだろうな」って思って、MVの中でリリース日に丸をつけたカレンダーを登場させて、そこに向けて制作を進めていきました。

――先に発売日を発表してしまったと。

くっきー!:僕は「間に合うんかなぁ…」って不安でしたね。未来の点だけは見えているけど、そこにどう進んでいったらいいのか分からないみたいな(笑)。でも、なんとかなるもんですね。

小籔千豊:ただ、たまにメンバー同士で集まった時、「アルバム作りたいよね」とか「Mステ出れたらいいな」とか、目標みたいなことは話し合っていたので、突然降って湧いた話でもないんですよ。

――そういった話し合いの場は『ジェニーハイ』リリース以降もあったんですね。

川谷絵音:何かの機会に会ったり。

中嶋イッキュウ:ライブをする機会は『ジェニーハイ』リリース以降も何度かあったので、そういう時にみんなでご飯を食べに行ったりしましたね。ミーティングってほどのものではないんですけど。

新垣隆:アルバムのリリースはバンドにとって一つの悲願でしたし、ライブを経験していくことで形も整っていくというか。希望が見えてきた感じがしました。




――先ほどの合同取材では、特に苦戦した曲として「まるで幸せ」がよく挙がっていましたが、他の視点で印象深い楽曲はありますか?

小籔千豊:僕の場合、その時々によって「ええな」って思う曲が違うんですよ。例えば6月はこの曲、7月はこの曲、みたいな。練習している時は「この曲が1番好きかも」って思うんですけど、次に別の曲を練習し始めると「あれ、こっちのほうが好きかもな」って。

くっきー!:やっていて楽しいのは「グータラ節」ですね。テンポもいいし、ニコニコしながら弾けるというか。逆に「プリマドンナ」は難しくて、気を張りながら弾いてるんですけど、その分ちゃんと弾けた時の達成感はありますよね。

新垣隆:それぞれの曲に色んな工夫があるんですよね。歌詞はもちろん、曲そのものの面白さがとてもある。そういったコンポジションの構想が個人的にも興味深いですし、このバンドの面白い部分の一つだと思います。

――『ジェニーハイ』のリリース以降、【SUMMER SONIC 2019】大阪公演をはじめ、フェスに出演する機会も何度かあったと思うのですが、振り返ってみていかがでしたか?

中嶋イッキュウ:まだ「片目で異常に恋してる」しか発表していない時から比べると、お客さんもだいぶ盛り上がってくれるようになりましたね。「ジェニーハイラプソディー」とか「シャミナミ」とか、新曲も反応が良かったですし。もともと知名度があるメンバーが多いので、出てきただけで盛り上がってもらえるようなバンドなんですけど、ちゃんと曲が刺さっているような実感もあって。

小籔千豊:【METROCK 2019】に出演した時なんですけど、ありがたいことにお客さんもたくさん集まってくれた一方で、関係者の方もたくさん見に来てくださったようで。フェスの運営の方に「あんなに関係者エリアがギチギチになっているところ、見たことない」って言ってもらえてありがたかったです。


スタジアム・バンドになることが目標

――これも合同取材で明かされたことですが、川谷さんはジェニーハイの楽曲ができた時、ミュージシャン仲間に聴かせているそうですね。いわゆる同業者からの反響も大きいのでしょうか?

川谷絵音:星野源さんが「ジェニーハイラプソディー」をラジオでかけてくれたり、菅田将暉くんがライブを見に来てくれたり、音楽をやっている人からもちゃんと見てもらえている気がします。「こんなこと、このバンドにしかできないよな」って思えるような、唯一無二のバンドってたまにいるじゃないですか。ある意味、ジェニーハイってそういう存在だと思っていて。ミュージシャンではない芸能人が組んでいるバンドって、どうしても色眼鏡で見られがちじゃないですか。でも、ジェニーハイはそうじゃない。




――何が評価のきっかけになったのだと思いますか?

川谷絵音:バンドで演奏している曲ではないですけど、やっぱり「ジェニーハイラプソディー」がきっかけだったと思います。前作に収録されている「ジェニーハイのテーマ」と同じように自己紹介ソングなんですけど、あの曲よりもだいぶキャッチーで。サビなんてバンド名を連呼しているだけなのに(笑)。ジェニーハイっていう言葉がすごく語呂がいいということにも気づきました。

――同業者ならではの気付きもあるんでしょうね。

川谷絵音:分かる人には分かる、みたいなポイントもあると思います。例えばUSのヒップホップみたいなリズムを意図的に入れたりしていて。今作に入っている「バレンタイン泥棒」とか、個人的にめちゃくちゃクオリティが高いと思ってます。ストリーミングで回るような曲というか。この曲のミックスはD.O.I.(ヒップホップからレゲエ、R&B、J-POPまで幅広く手掛けるエンジニア/マニュピレーター)さんにやってもらったんですけど、そういう音作りを意識してお願いしたので。

――ラップ系の曲ではD.O.I.さん、それ以外の曲では美濃隆章(toe)さんがミックスを担当されているんですよね。美濃さんはindigo la End、ゲスの極み乙女。の作品にも参加されていますが、今作ではどんな音像をオーダーしたのでしょうか?

川谷絵音:それこそindigoとかゲスだとストイックにしてしまうような部分を、あえてストイックにしないよう、より分かりやすく派手にしてほしい、みたいなことはお願いしました。ちょっとしたスタジアム・バンド感というか。

――「不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)」では、ゲスト・ヴォーカルとしてアイナ・ジ・エンド(BiSH)さんが迎えられています。これはどういった経緯があって?

川谷絵音:バンド内で「コラボとかいいよね」って話になった時、僕はアイナちゃんの歌がすごく素敵だと思っていたし、もともと何か一緒にやろうという話は本人としていたので、このタイミングだなと。女性同士のデュエットでここまで細かくパートを分けているものって、最近では珍しいと思うんですよ。

中嶋イッキュウ:レコーディングは別々で、私が先に録ったので、最初は仕上がりが全然想像できなかったんですけど、アイナちゃんの歌声の良さが生かされているなって感じました。あと、自分の声とアイナちゃんの声って、そこまで遠いところにあるものでもないなって思いましたね。それでいて、ちゃんと歌い分けられてもいるし。すごく貴重なコラボ経験になりました。



ジェニーハイ『不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)』


――コラボ候補としては他にどんな方の名前が挙がったのでしょう?

川谷絵音:渡辺直美さんと一緒にすごくストイックな曲をやるのとか面白いなって思いましたね。めちゃくちゃガチのR&Bみたいな。それか僕らが自己紹介ラップをいつも通りやりつつ、それを壊してくれるようなゲストを呼んだり。

――なるほど。くっきー!さんはどんな方とコラボしてみたいですか?

くっきー!:僕、音が出たら何でも音楽だと思っていて。例えばこのコップを置いた時に鳴る「コトッ」って音ともコラボしたいし、今撮ってもらってるカメラのシャッター音とだってコラボしたいというか。なので言ってしまったら、地球ですよね。地球の奏でる全ての音とコラボしたい。そう思ってます。




――壮大ですね(笑)。くっきー!さんは会見時、「Pが疲れた時は自分が作詞作曲する」とも言っていましたが。

くっきー!:そうですね。今のところ「NO」っぽいですけど(笑)。

川谷絵音:(笑)。未来はどうなるかは分からないですけどね。

新垣隆:カヴァーとかどうですか?

川谷絵音:そうですね。それもちょっと考えてます。

――収録曲の話に戻しますが、「愛しのジェニー」はこれまた異質というか。歌詞もサウンドも独特ですよね。

川谷絵音:これは【METROCK 2019】に出演が決まった時、AbemaTVでやった「#ジェニーハイと新曲つくろう」っていう企画から生まれた新曲なんですよ。歌詞を視聴者から募集したワードで作るっていうやつ。サウンドに関して言うと、最初はトラックでずっと鳴っている「タンタタンタン」っていうリズムはギターで弾いてたんですけど、MIDIに打ち込んで色々な音を試していたら、なんか妙に明るいやつが出てきて(笑)。これ面白いかもなって思って採用しました。




小籔千豊:意外とフェスで盛り上がります。サビでみんながジャンプするんですよ。

中嶋イッキュウ:【METROCK 2019】で初披露だったのに、みんな盛り上がってましたね。終わったあと、お客さんに「あの曲はアルバムに入りますか?」ってすごく聞かれましたし。

小籔千豊:一番強いかも分からへん。聴いたことない曲であんなに盛り上がってもらえるなんて。

――このインタビューから数時間後、皆さんは『ミュージックステーション』に出演するわけですが、次に叶えたい夢、野望、目標があれば教えてください。

小籔千豊:CMとかドラマの曲を担当すること。あと、東京や大阪はもちろん、名古屋や仙台、福岡とか全国を回るツアーですかね。

くっきー!:教科書に載りたいです。音楽の授業で教材として使われたい。

新垣隆:僕も全国ツアーが夢です。

中嶋イッキュウ:誰もが知ってる1曲を生み出せたらいいなって思います。時代が変わっても、例えば「お母さんが歌ってるから知ってる」みたいな、世代を越えて歌われる1曲があったらいいなって。

川谷絵音:日産スタジアムですね。美濃さんとのミックスの話にも繋がりますけど、スタジアムで映えるような音楽をどんどん作って、75,000人キャパの会場でライブできるようなスタジアム・バンドになることが目標です。



ジェニーハイ『シャミナミ』


Interview by Takuto Ueda
Photo by Yuma Totuka

ジェニーハイ「ジェニーハイストーリー」

ジェニーハイストーリー

2019/11/27 RELEASE
WPCL-13148 ¥ 3,300(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.シャミナミ
  2. 02.ダイエッター典子
  3. 03.不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)
  4. 04.ジェニーハイラプソディー
  5. 05.プリマドンナ
  6. 06.ヘチマラップ
  7. 07.グータラ節
  8. 08.愛しのジェニー
  9. 09.バレンタイン泥棒
  10. 10.まるで幸せ

関連キーワード

TAG

関連商品

ジェニーハイストーリー
ジェニーハイ「ジェニーハイストーリー」

2019/11/27

[CD]

¥4,950(税込)

ジェニーハイストーリー
ジェニーハイ「ジェニーハイストーリー」

2019/11/27

[CD]

¥3,300(税込)

ジェニーハイ
ジェニーハイ「ジェニーハイ」

2018/10/17

[CD]

¥2,200(税込)

ジェニーハイ
ジェニーハイ「ジェニーハイ」

2018/10/17

[CD]

¥1,650(税込)

夢の意味
山田和樹/東京混声合唱団 中嶋香 新垣隆 和田友子 尾崎かをり 柿本竜二郎「夢の意味」

2007/09/21

[CD]

¥2,640(税込)

ジェニーハイストーリー
ジェニーハイ「ジェニーハイストーリー」

2019/11/27

[CD]

¥4,950(税込)

ジェニーハイストーリー
ジェニーハイ「ジェニーハイストーリー」

2019/11/27

[CD]

¥3,300(税込)

ジェニーハイ
ジェニーハイ「ジェニーハイ」

2018/10/17

[CD]

¥2,200(税込)

夢の意味
山田和樹/東京混声合唱団 中嶋香 新垣隆 和田友子 尾崎かをり 柿本竜二郎「夢の意味」

2007/09/21

[CD]

¥2,640(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】SixTONES vs Snow Man『Imitation Rain / D.D.』が776,836枚でSGセールス首位獲得 2位と24,600枚差

  2. 2

    <ライブレポート>藤井フミヤが紡ぎ出す2時間の物語 西本智実との3年ぶりのステージで、時空を超えた愛を歌う

  3. 3

    <インタビュー>岩田剛典、映画『AI崩壊』では「“人間味”みたいな部分をできるだけ削ぎ落とした」

  4. 4

    【深ヨミ】新時代の男性アイドルグループとなるか? 嵐/King&Prince/SixTONES/Snow Manを比較

  5. 5

    【ビルボード】NCT DREAM『THE DREAM』が51,733枚を売り上げてALセールス首位獲得 King Gnu/MISIAが続く

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像