Billboard JAPAN


Special Contents

城田優『a singer』発売記念インタビュー&サイン入りポラロイドを抽選で2名様にプレゼント!



城田優

 2003年に俳優デビュー以降、ドラマ、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍する城田優が、待望のニュー・アルバム『a singer』を2018年10月24日にリリースした。今作は、ミュージカルを彩る様々な楽曲を厳選し、多彩なアレンジとクールで魅惑的な声で美しく描き出した作品となっている。デュエットには、本場ブロードウェイやウエストエンドで活躍する世界のミュージカル・スター、ラミン・カリムルー、女優で歌手のすみれ、そして乃木坂46の生田絵梨花という豪華ゲストを迎えた。更に注目は、日本語・英語・スペイン語の3言語を用いた作品となっているということ。今作の発売を記念し、Billboard JAPANは城田優にインタビューを敢行。『a singer』に込めた想いや、制作秘話、そして普段聴く音楽や今後の目標まで、様々なトピックスについて語ってもらった。

※サイン入りポラロイド写真への応募詳細は4ページ目へ!

「ミュージカルというものに興味を持ってもらえたらいいなと思っています。」

−−ニュー・アルバム『a singer』が発売されますが、今の心境はいかがでしょうか?

城田優:ミュージカルには十何年も出演させていただいていて、一旦このタイミングで集大成を作れたという感じです。ちょうどこのタイミングでお話しを頂いたので、せっかくだからこれまでの自分の軌跡みたいなものを作品として残すことで、自分自身もあの時こういうことやっていたな、と思えたりとか。今まで培ってきた経験値で、いま歌を歌うとこうなるとか。城田優を応援してくれているファンのみなさんに想いを届けるという思いもあります。それと、ミュージカルというものが日本でも浸透してきているように感じるんです。

−−それは演じていて感じたことなんでしょうか?

城田優:21、22歳くらいから連ドラなどに出演させて頂いていたのですが、実はその前からミュージカルをやっているんですよ。ミュージカルに対してのイメージとか、ミュージカル風とか、世間からはそういう世界に思われているから、とっつきにくいというか入りにくいんだろうなと思います。そう思っている人たちにミュージカルへの入り口として、今作をみなさんに手に取ってもらいたいと思っています。自分が出演しているミュージカルのみならず、キャッチーでとても素敵だなと僕が思うものを入れています。誰もが知ってるアラジンの曲も入れたり、今年で言うとグレイテストショーマンが、1番大きなミュージカル映画のヒットだったので、その曲を何曲か入れたり。ミュージカルに少しでも興味を持ってくれる機会になればいいな、というようなCDになっています。




−−なるほど。ミュージカル好きだけではなく、むしろミュージカルに興味のない人への入り口なんですね。

城田優:ミュージカルに興味を持ってもらえたら、それが1番ありがたいことだと思っています。歌番組に出て、「歌上手いな」って思ってもらえることで、僕のコンサート、僕が出演しているミュージカルに来てほしいと思っていますから。このCDを通して、ひとりでも、10人でも、100人でも。単純にこのCDに収録されている何かの曲を聞いて、「このミュージカル観てみたいな」、「城田優のミュージカル観てみたい」、「このミュージカル、来年やるじゃん」とか、僕が出演しているものじゃなかったとしても、ミュージカルというものに興味を持ってもらえたらいいなと思っています。

−−今作の選曲もご自身でされたのでしょうか?

城田優:何曲も提案して頂き、プロデューサーの皆さんと一緒に選びました。

−−映画『グレイテスト・ショーマン』の楽曲は2曲入っていますが、どちらも城田さんの選曲ですか?

城田優:『グレイテスト・ショーマン』は映画館で2回見ました。「ア・ミリオン・ドリームズ」は映画では2曲目くらいに出てくるんですけど、1回目に見た時に、「うわ、なにこの曲、好きだ。」って思ったんですよ。2回目に映画館に行って、フラットな気持ちで見た時に、やっぱり1番刺さったんですよね。あの映画は音楽の宝庫のようなものなので、「ディス・イズ・ミー」とか他にもいっぱい良い曲があるんですけどね。今までのクラシカルなミュージカルの定義みたいなものを壊して凄くカッコいいおしゃれなサウンドになっているんですけど、僕としては「ア・ミリオン・ドリームズ」を入れたいと思ったので入れました。「ザ・グレイテスト・ショー」については、プロデューサーである事務所の社長が、このミュージカル映画のアイコンとして入れるべきではないかというアドバイスしてくれたことで入れさせて頂きました。

−−「ア・ミリオン・ドリームズ」については、歌詞にも共感を得たからということでしょうか?

城田優:この曲については、単純に音楽が本当に素晴らしかった。映画の中で使われている感じとか、その使われ方も素晴らしかった。「ア・ミリオン・ドリームズ」は無限の夢というか、歌詞も本当に素敵なんですよ。「たくさんの夢があるから僕は眠れなくて、それがまた僕を強くする」みたいな。そういうイメージの力が湧き出てきて、ワクワクするような感じです。「ベッドに横になると夢が僕を起こすんだ」というような歌なので、すごくメッセージとしても伝わるし、メロディーも本当に綺麗だし。この曲に関しては、そういった理由で選びました。



▲城田 優 『マイ・フェイヴァリット・シングス』


NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「1番頑張ったところはどこですか?」と聞かれたら
    「英語の発音です」って答えますね!
  3. Next >

「1番頑張ったところはどこですか?」と聞かれたら
「英語の発音です」って答えますね!

−−今作には英語の曲が5曲入っていますね。英語で歌うことに関して、何か気を付けたことなどありましたか?

城田優:英語を喋れる人にご協力頂いて発音チェックをしてもらったんです。何回も歌っては、録り直して。ほぼネイティブの英語でちゃんと歌えていると思います。その点は、今回の自分の目標というでもありましたね。せっかくCDを出すし、日本の人たちだけではなく、海外の人たちも聞く機会があるわけだから、英語のものはちゃんとした英語で届けたいという気持ちでやらせて頂きました。なので、この曲は英語の方がいいだろうというものは英語にしました。ただ、「ザ・グレイテスト・ショー」に関しては、めちゃめちゃ難しくて大変でした。

−−客観的に聞いても「The Greatest Show」を歌うのは本当に難しそうです。

城田優:最初は絶対に無理と思ってました。最初のフレーズから呪文みたいに流れていくから。でもやっぱりやれば出来るんですよね。




−−努力の賜物ということですね。

城田優:確かに努力ですね。ぜひそこを感じてもらえればいいなと思います。英語ができる人には特にそういうところを聞いてほしいです。「1番頑張ったところはどこですか?」と聞かれたら「英語の発音です」って答えますね!

−−今回、3ヶ国語で歌われていますが、1番得意な言語は…?

城田優:日本語です。

−−次にスペイン語でしょうか?

城田優:スペイン語ですね。なぜなら幼少期にスペインで過ごしていたので。ただ、小さい頃(日本に帰ってきた時)にスペイン語にコンプレックスを持ってしまって、スペイン語から少し離れてしまったんです。今はそれを後悔していて、なるべくスペイン語の作品を見たり、スペイン語で母と話したりするようにしているんですけど、なかなか失ったものは取り戻せないというか。ある程度は戻ってきたんですけど、やっぱり生活とかしないと難しいですね。使う言葉とかが出てこない。英語は自分が興味を持って習い始めたので向上心で上達していきましたね。なので、スペイン語と英語はどっこいどっこいくらいで、日常会話には困らないレベルで喋れます。

−−歌を聴いていてもネイティブという感じがしました。

城田優:ネイティブレベルの発音ができるように訓練しましたね。

−−どれくらい訓練したんでしょうか?この作品の制作が決まってからですか?

城田優:もともと発音は頑張っていたんですけど、英語の歌をレコーディングするとき、実際にブースに入ってもらって、そこで直してもらうという作業をしました。歌いながら指摘してもらいましたね。「あ、優くん、MillionじゃなくてMillion(míljən)ね」とか「AwakeのAは"A(ə)"ね」という感じで。

−−すごく微妙な違いで普通の人だと聞き分けられないですね。

城田優:英語を喋れない人からしたら何を直しているのかわからないレベルですね。でもちゃんと聴くとわかるんですよ。「ミ」と「メ」、「イ」と「エ」の間の音とか。今はわかりやすく言いましたけど。そこで「Million」の発音の差がわかるんです。そこが超微妙に違っていて。日本語でいうと「なんですよ」を「なんですぅよ」って言ってるようなもんです。わかりにくいですけど、そういう違いですね。

−−なるほど、本当に細かい発音にまで気を付けてレコーディングを行ったんですね。

城田優:めちゃめちゃ細かいところをたくさんやりました。1回完成した後にもう1回聴いて「やっぱりココとココを直そう」という感じで、もう1回録り直して。ただ、聴く人によって好みもあるので、完璧とは言えないかもしれないですが。日本語でもあるじゃないですか、例えば、歌うときに「た」の部分を少し伸ばして「たぁ」にするとか。でもそれって味だから。英語でも日本語でもそういう部分はあるかもしれないけど、基本的な発音はどの言葉も遜色ないと思います。

−−今回の作品では、すみれさん、ラミンさん、生田さんとそれぞれデュエットしている曲がありますが、レコーディングはいかがでしたか?思い出に残っていることはありますか?

城田優:すみれさんはもともと仲が良くて、「一緒にやろうよ」って声を掛けたら一緒に歌ってくれることになったんです。すみれさんの歌唱力は本当にすごくて。現場にいたみんなが、「すげぇなー」っていう感じで、すみれさんのエナジーとかソウルが物凄くて。とてもワクワクしましたね。

−−ラミンさんとは?

城田優:ラミンさんは、日本語で一生懸命歌ってくれたんですけど、さっき僕が言ったように、今度は僕がラミンの日本語を直すわけですよ。「終わっつぁのさ」ってところを、「ラミン、終わっ“た”のさ、だよ」とか。

−−ラミンさんにとっては日本語で歌うことが大変ですもんね。

城田優:そうなんです。僕は英語を直して、ラミンは日本語を直す。ラミン本人に聞いたんですよ。「ラミン、日本人っぽく歌いたい?それともラミンの癖残したい?」って。そしたら、「いや、俺は日本人っぽく歌いたい」ってラミンが答えたんです。「じゃあ、厳しく言うよ」って言って、気になるところを毎回止めて、本人も超イライラしているのがわかるんですけど、でも頼まれているから。「も」じゃなくて「ま」とか。「るぅ」じゃなくて「る」とか。

−−その場で城田さんが教えていたんですね。

城田優:僕です!



▲城田 優 『闇が広がる duet with ラミン・カリムルー』


−−素晴らしいです。生田さんとは、どうでしたか?

城田優:生田さんは、若い才能でこれから伸びていくという感じがしましたね。僕が『ロミオ&ジュリエット』をやっていたときのジュリエット役ではなかったですが、新しいジュリエットと会ったときに、すごくピュアで新しくて真っすぐで。僕としては、「ここをこうして歌った方がもっと良いのに」とか思うところが若干出てきちゃって。それを少し話させていただきましたね。

−−それぞれの方に城田さんなりのちょっとしたアドバイスをしてレコーディングを進めていったんですね。

城田優:いやいや、全然アドバイスというほどではないです。すみれさんにはアドバイスしてないですし。ラミンさんに関しても日本語のチェックをしていただけなので。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「スペイン語のアイデンティティの曲を1曲入れたいなと思っていたんです。」
  3. Next >

「スペイン語のアイデンティティの曲を1曲入れたいなと思っていたんです。」

−−今作の中ではスペイン語で1曲、イル・ディーヴォさんの「イザベル」を歌われていますね。こちらはどんな経緯で入れることになったのでしょうか?

城田優:このイル・ディーヴォさんの曲は、20歳くらいのときに初めて聴いた曲なんですけど、スペイン語ということもあって、「素敵だな~」と共感していて。やっぱりスペイン語のアイデンティティの曲を1曲入れたいなと思っていたんです。5年前の舞台「4Stars」で僕がこの曲をスペイン語で歌ったんですよ。それが世界的なミュージカルスターの3人(ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス、レア・サロンガ)にもすごく好評だったということも一つの理由です。ちょうどミュージカルのショーだったので、これもここに入れていいんじゃないかなと思ったんですよね。なので、1曲だけアイデンティティを入れるという意味で最後に入れさせてもらいました。原曲はクラッシックな感じの曲調なんですが、今流行りの南米ラテン系な曲調にアレンジして作ってみました。

−−まさに今おっしゃっていましたが、ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー「デスパシート」や、Jバルヴィン&ウィリー・ウィリアム「ミヘンテ」、カディ・B&バッド・バニー&Jバルヴィン「アイ・ライク・イット」など、世界的なラテンブームですよね。

城田優:そう。それに乗っかっちゃってみました。(笑)

−−ラテン系の音楽も聴いたりしますか?

城田優:聞きますよ!CNCOだっけ?とか。この曲をアレンジするときに気が付いたんですよね。「あ、これたぶんテンポ上げて、リズム隊をラテン調にしたらいい感じになるな」って。それが実際ハマったんですよね。もともとは「イ~ザ~ベ~ル」みたいなクラシカルな感じだったので。




−−なるほど。そういったラテンのブームも反映させているんですね。ちなみに、今回の作品はミュージカルがテーマでしたが、普段はどんな音楽を聴いたりしていますか?

城田優:最近は、Apple Musicのラジオ、「Beats1」とかを聴いていますね。

(携帯でラジオをかけるとCNCOの曲が流れ出す)

−−あ、ちょうどCNCOですね。(笑)

城田優:これは僕が流したわけではなく、たまたま流れただけですけど。(笑)こういうのをランダムに流して聞いていますね。

−−そこから新しい音楽に出会ったり?

城田優:そうですね。運転中に流しているときに、「この曲いいな」と思って、曲名とかを確認するんですけど、結局忘れちゃうんですよね。あんまり覚えられなくて。(笑) でもCNCOはやっと覚えました。ちょいちょい出てくるので。

−−ちょうど先日、CNCOの皆さんにもインタビューをさせて頂きました!

城田優:あのグループは英語もスペイン語も歌いますよね?なので最近は、スペイン語の曲も聞こうと思ってCNCOとかは聴いたりしてます。あとは、「Charting Now」とか。基本的にトップチャートの曲がかかるんで。

−−そうなんですね!アメリカや日本のビルボードチャートもご覧になったりしていますか?

城田優:興味ありますよ。アメリカのビルボードで BTS(防弾少年団)が1位になったとか。「すげー」って思いました。やっぱりかっこいいですよね。ヒットチャートから「Fake Love」が流れてきて、この曲を初めて聴いたときに、最初は韓国語かどうかもわからなかったんですけど、「この歌かっこいいな」って思ったんですよね。そしたら、韓国のグループ「BTS(防弾少年団)」っていうことがわかって。最近1位になったって話題になりましたよね。MTV、Netflix、Huluとかで彼らを見た時も、どのアーティストよりも、彼らに対してのファンの歓声が半端なくて、「なんじゃこりゃー」って思いながら見てました。なので、ちゃんとビルボードとかチェックしてますよ。



▲BTS (방탄소년단) 'FAKE LOVE' Official MV


−−ありがとうございます!今後、BTSのように城田さんもアメリカに進出などはお考えですか?

城田優:1つ可能性があるとすれば、僕ヴァージョンの「イザベル」が世界で流行って、「この歌いい!」ってなったら良いなと。なぜなら、僕はスペイン語はネイティブなので。ただ、南米系(プエルトリコとかメキシコとか)の音楽って、スペイン語の発音が少し違うんです。例えば、「デスパシート」の「シ」の発音が違ったり。僕のスペイン語はスペインの綺麗なスペイン語なので、それと「イザベル」の曲調とかも南米の人に合うのかどうか。

−−そこは同じスペイン語でも国によって聴き方が違うんでしょうか?

城田優:発音が全然違うんですよね。「Z」が「S」になるか「z」になるか。そこがどう捉えられるかなんですけど、僕が超きれいなスペイン語で歌っているので。その「イザベル」が間違ってどこかの国で流行ったらいいなとちょっと期待してます。

−−今のラテンブームなら流行る可能性も大ですよね。例えば、実際に海外で城田さんの歌が流行って海外からオファーが来たら?

城田優:もちろん、テレビで歌ってくださいとかあれば、喜んで歌いに行きますよ。本当に良いのは、スペインとかでめっちゃ流行ったら死ぬほど嬉しいですね。自分自身にとってのもう1つのアイデンティティだし。

−−スペインに行ったりすることも結構あるんでしょうか?

城田優:ちょこちょこ。仕事で行ったりすることも多いですけど。

−−城田さんの「イザベル」がスペインで流行ることを期待してます。英語の曲に関してもアメリカで流行って、ブロードウェイに出演というオファーもあるかもしれませんよね?そのあたりは?

城田優:海外の映画に出たいという思いはあります。作り手側の環境がちゃんと整っているし、お金のかけ方が違うんですよね。モノづくりに対してのお金の作り掛け方が違う。ギャラがいいとかいう話ではなくて。しっかりと環境が整っていて、各チームが100%の力で仕事が出来る状態になっている。僕、家でいつも海外ドラマばっかり見てるんです。自分も日本のドラマや映画に携わっているので、ある程度は見ないといけないと思いつつ、どうしても海外ドラマにいってしまう。ストーリーも面白いし、リアルで、芝居も上手いし、面白いなと思うんです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「やりたいことがたくさんありすぎて大変です。(笑)」
    城田優サイン入りポラロイド写真を抽選で2名様にプレゼント!
  3. Next >

「やりたいことがたくさんありすぎて大変です。(笑)」

−−休日にご自身でミュージカルを観に足を運ばれることもありますか?

城田優:もちろんありますよ。ミュージカルも映画も興味があるものは見ます。

−−お忙しい中でもそういった時間を作っているんですね。

城田優:最近は時間に余裕が出てきましたね。以前は例えば、2つの作品のお話を頂いて、「映画とドラマが同時期です。でも縫えますけど縫いますか?」という時に、どちらも引き受けていたんですけど、やっぱりどう考えても健康的じゃないんですよね。朝から晩まで撮影して、その夜から朝までまた撮影みたいな。その他にも取材とか他の仕事も入ってくるわけですよ。そうなってくると本当に辛いですよね。心が健康じゃないと、良いエンターテイメントは作れないので。

−−でもそれはご自身のためということですよね。

城田優:そうです。自分が自分でいられるためにというか。まずなりより、仕事よりも自分の人生が大事なので。エンターテイナーとして心が死んじゃうほど最悪は事は無いですよね。と思うと、心を殺しちゃう環境に自分を置くのは良くない。こういったCDの制作期間とかがあって、それをやるとこっちの仕事が100%で出来なくなる。前日撮影でヘロヘロとか1週間疲れてる状態でレコーディングすると、出来上がってくるものも変わってくるし、それにかけられる時間も変わってくるし。なるべく良いバランスで仕事をする、良いバランスでプライベートを過ごすということをしているので、今は全然時間はあります。

−−なるほど、そうやって時間を作って、外に出かけたりしているんですね。

城田優:ただ最近は家にこもってたりしましたね。この間もずっと海外ドラマ見てました。

−−ちなみに、今はどのドラマにハマってるんですか?

城田優:今は、「サバイバー: 宿命の大統領」で、その前はスペインの「ペーパー・ハウス」でしたね。「ペーパー・ハウス」はすごくお勧めなので見てほしいです。

−−「ペーパー・ハウス」はスペイン語で見られたんですか?

城田優:スペイン語で見ましたね。めっちゃ良かったですよ。

−−最近はそういったように休日を過ごされているんですね。アルバムの話に戻りますが、今作のタイトル「a singer」はご自身で付けたのでしょうか?

城田優:これはプロデューサーである事務所の社長が付けてくれました。歌い手としてしっかりと声でお届けしますということです。

−−このアルバムに関しての今後の予定は?

城田優:3月21日に中野サンプラザでコンサートをやらせて頂くんですけど、収録曲は全部やる予定です。そして皆さんに楽しんで頂けるようにちょっとしたサプライズも用意しています。今までやったコンサートだと、1000人くらいが最高だったと思うんですけど、今回は倍になるので。それだけ多くのお客様に僕一人っていうのは今までないので。知り合いのライブにお邪魔して1万人とか、武道館で皆さんと一緒にやったりしたことはありますが、自分のソロのイベントで何千人っていうのは中々ないので、ちょっと緊張しますけど、パーティーとして楽しみたいなと思います。

−−ファンの方も楽しみにしていると思います。それでは最後に、このアルバムリリースも経て、今後の目標を教えてもらえますか?

城田優:今後はクリエーターとして色々やっていきたいという思いもあります。それと、オリジナルのミュージカルを作るのが夢です。つい最近、そういうきっかけがあって、実際に始めようと思えているので、本格始動していくところです。それと、こうして自分の声で楽曲を届けるということはまたぜひやりたいなと。日本や世界の名曲のカバーソングをやりたいと思っています。今回はミュージカル、次は歌謡曲・ポップスのカバーをやりたいなと思ってます。

−−本当にたくさんありますね。

城田優:やりたいことがたくさんありすぎて大変です。(笑) 今後のプロジェクトもキャッチしていってもらえると嬉しいです。

−−これからの城田さんのご活躍を楽しみにしています。ありがとうございました!

城田優サイン入りポラロイド写真を抽選で2名様にプレゼント!

写真

応募〆切:2018年10月26日(金)18時までに、Billboard JAPANの公式twitterアカウント(@Billboard_JAPAN)と洋楽専用アカウント(@BillboardJP_INT)を両方フォロー&ハッシュタグ#YuShirota_BillboardJPでツイートした読者の中から抽選で2名様に取材時に撮影したサイン入りポラロイド写真をプレゼント!下記注意事項を必ず確認の上、ふるってご応募下さい!

・写真は選べません。予めご了承ください。
・応募締め切りは、2018年10月26日(金)18時となります。
・当選者の方には、@Billboard_JAPANよりDMを送ります。当選時に@Billboard_JAPAN@BillboardJP_INTをフォローされていない場合、当選は無効となります。
・当選は発送をもって代えさせて頂きます。

城田優「a singer」

a singer

2018/10/24 RELEASE
SICL-30046 ¥ 3,000(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.コーナー・オブ・ザ・スカイ (ピピン) (英語歌唱)
  2. 02.ホール・ニュー・ワールド (アラジン) (英語歌唱)
  3. 03.闇が広がる (エリザベート)
  4. 04.僕がついてる (スウィーニー・トッド)
  5. 05.マイ・フェイヴァリット・シングス (サウンド・オブ・ミュージック) (英語歌唱)
  6. 06.エメ (ロミオとジュリエット)
  7. 07.母は僕を産んだ (ファントム)
  8. 08.僕こそ音楽 (モーツァルト!)
  9. 09.ザ・グレイテスト・ショー (グレイテスト・ショーマン) (英語歌唱)
  10. 10.ア・ミリオン・ドリームズ (グレイテスト・ショーマン) (英語歌唱)
  11. 11.イザベル (スペイン語歌唱)

関連キーワード

TAG

関連商品

a singer
城田優「a singer」

2018/10/24

[CD]

¥3,000(税込)

ディズニー・ラヴ・デュエッツ
(V.A.) 高畑充希&城田優 May J. with クリス・ハート「ディズニー・ラヴ・デュエッツ」

2018/02/14

[CD]

¥2,700(税込)

UNO
城田優「UNO」

2012/03/07

[CD]

¥3,240(税込)

UNO
城田優「UNO」

2012/03/07

[CD]

¥4,644(税込)

UNO
城田優「UNO」

2012/03/07

[CD]

¥4,644(税込)

a singer
城田優「a singer」

2018/10/24

[CD]

¥3,000(税込)

ディズニー・ラヴ・デュエッツ
(V.A.) 高畑充希&城田優 May J. with クリス・ハート「ディズニー・ラヴ・デュエッツ」

2018/02/14

[CD]

¥2,700(税込)

UNO
城田優「UNO」

2012/03/07

[CD]

¥3,240(税込)

UNO
城田優「UNO」

2012/03/07

[CD]

¥4,644(税込)

UNO
城田優「UNO」

2012/03/07

[CD]

¥4,644(税込)

U「U」

2011/05/04

[CD]

¥1,296(税込)

U「U」

2011/05/04

[CD]

¥1,944(税込)

On My Way
氷帝学園 柳浩太郎 城田優 相葉弘樹 足立理 加藤和樹 斎藤工 向日岳人「On My Way」

2006/03/22

[CD]

¥1,028(税込)

城田優 as 手塚国光
城田優「城田優 as 手塚国光」

2005/12/19

[CD]

¥2,365(税込)

城田優 as 手塚国光
城田優「城田優 as 手塚国光」

2005/12/19

[CD]

¥2,365(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    ビルボードジャパン 2018年 年間ランキング発表~【HOT 100】は米津玄師「Lemon」、【Hot Albums】は安室奈美恵『Finally』が首位

  2. 2

    Billboard Japan Hot Animation Year End 2018

  3. 3

    BTS (防弾少年団)のシュガ、エド・シーランとのコラボを示唆

  4. 4

    米津玄師 Billboard JAPAN HOT100 of the Year 2018 受賞記念インタビュー ―「Lemon」によってまた一つ自由になれたような気がします

  5. 5

    【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が22度目の首位、映画ヒットのクイーンも動画&DLともに上昇

HOT IMAGES

注目の画像