Billboard JAPAN


Special Contents

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー



ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー

「永遠(とわ)に」天才プロデューサー陣との再会

 今から19年前に運命の出逢いを果たし、あの東方神起も愛する「永遠(とわ)に」を共に生み出し、その後のJ-POP/K-POPの流れの根幹を築いたゴスペラーズ×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith。また、同曲のリリース後、ゴスペラーズは名実共に日本の音楽シーンのスターダムへと登り詰め、BryanはBeyonce、Alicia Keys、Ariana Grande等々スターの楽曲を手掛ける大物プロデューサー、J.QueもUsherのアルバム『Confessions』収録曲をはじめ数々の世界的ヒットに貢献と、大きな成長を果たしていった。そして、彼らはゴスペラーズの新アルバム『What The World Needs Now』制作に向けて18年ぶりに再会。このインタビューは、そのプリプロでBryanとJ.Queが来日していた際に実現したものである。

運命の出逢い「時代を共に歩めているということがとても嬉しい」

--まずはお三方の関係性について伺わせて下さい。1999年からの付き合いになる訳ですけれども、村上さんにとってJ.QueとBryanはどんな存在なんでしょう?

村上てつや:出逢ってから19年ぐらい。その間、会っていない時間が長いんだけど、本当に2人とも最初会ったときと変わらない、陽気なリアル・ミュージックマン。初めて会ったときは20代前半だったんだけど、それから時を経て、グラミーにノミネートされたり、グラミーを獲ったり、凄い世界へと羽ばたいたにも関わらず、全然変わらない2人で居てくれたのがいちばん嬉しい。

--今から19年前、どういった経緯で一緒に音楽を創ることになったんですか?

Jagged Edge - Let's Get Married
Jagged Edge - Let's Get Married

村上てつや:90年代の後半に「アトランタから新しいR&Bが生まれている」ということを我々は日本でキャッチしていて。それでアトランタにどんな音楽プロデューサーがいるのか調べているうちに、向こうのコーディネイターから「Bryan-Michael Coxっていうプロデューサーに会わせるから。彼は間違いないから」と紹介してもらって。そこで「Patrick“J.Que”Smithとも一緒に作業しよう」という話になったんだけど、最初に会った日に「今、俺の手掛けている作品だ」と言って、Jagged Edgeの「He Can't Love U」を聴かせてくれたんだよね。それが99年の11月。「これは必ずヒットする」と言っていて、それから1ヶ月経ったら実際にR&Bチャートのトップ10ぐらいまで行って、その次の「Let's Get Married」でナンバーワンヒット。

--宣言通りの結果を生んだと。

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー
▲左から:村上てつや/Patrick“J.Que”Smith/Bryan-Michael Cox

村上てつや:僕らは99年の11月に初めて1曲セッションしたんだけど、2000年の5月に「永遠に」のレコーディングに行ったときは、もうナンバーワンプロデューサーになっていた。だから僕らはすごく嬉しかった。本当に今旬のトラックメイカーと一緒に作業できて。そのとき、J.Queはクレジットに載る仕事としては「夢の外」「永遠(とわ)に」がわりと最初期のキャリアだったんだけど、J.Queの持っているボーカルスキル、ハーモニーの構築力、それが僕らにとって「目から鱗」と言える、膝を叩くような、「こういうテクニックがあるのか」と驚かされるモノで。で、それを直接使って僕らも「永遠(とわ)に」に続いて「ひとり」というヒット曲を放てたから、本当に感謝している。

Patrick“J.Que”Smith:最初期というか、僕の名前をクレジットしてもらった初めての曲が「永遠(とわ)に」なんだ。いわゆるプロとしてのデビュー作。

--2人との出逢いなしに「永遠(とわ)に」はもちろん、「ひとり」のヒットも有り得なかった訳ですね。

ゴスペラーズ 『永遠に』at 国際フォーラム2017/7/9 Short Ver.
ゴスペラーズ 『永遠に』at 国際フォーラム2017/7/9 Short Ver.

村上てつや:だから、2004年になって、Usherのアルバム『Confessions』で「Yeah!」をJ.Queがライティングして、「Burn」とか「Confessions Part II」をBryanが手掛けて、俺たちは日本で「このアルバムは俺たちのダチが作ってるんだぜ」って(笑)。他にも出逢ってから19年ぐらいのあいだで、今更名前を出すまでもないかもしれないけど、Beyonce、Alicia Keys、Ariana Grandeといったスター、さらにはK-POPのスターとも仕事しているというのは、本当に絵に描いたようなサクセスストーリーだし、その時代を共に歩めているということがとても嬉しい。

Bryan-Michael Cox:ゴスペラーズと初めて会ったとき、すでに彼らはキャリアも積んでいて、スターという存在でありながら自分たちに機会をくれた。いわゆる海外のアーティストと一緒に音楽を作ることも初めてだったし、それは本当に嬉しかったんだ。

Patrick“J.Que”Smith:その時点でBryanはプロデューサーとして名前を知られていたけれども、自分は全く何の実績もなくて、誰も知らない存在だったんだ。自分は「ボーカルプロデュースが出来るんだよ」ということを知ってもらう為にスタジオに入り込んでお手伝いをしていたような存在。そんな自分に機会をくれたBryanには感謝しているし、ゴスペラーズにも感謝している。ちゃんとした経験がないのは自分だけだった。でも周りの人たちと同じように接してくれたのがゴスペラーズだったんだよ。だから本当に物凄く感謝しているし、またこうして彼らの音楽を共に創れる機会をもらえたことが嬉しかった。

NEXT PAGE
  1. こんなに格好良くなって……ジェームズ・ボンドみたいじゃないか!
  2. Next >
インタビュー写真

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー


こんなに格好良くなって……ジェームズ・ボンドみたいじゃないか!

--今回、再び共に音楽を生み出すことになり、こうして再会できたときはどんな気持ちになりましたか?

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー
▲左から:村上てつや/Patrick“J.Que”Smith/Bryan-Michael Cox

村上てつや:今回、ゼロから一緒に曲を創ったり、リアレンジをしたり、そういう作業をして改めて思ったのは、なんかどこかに秘密がある訳じゃなくて、ぜんぶオープン。Bryanなんて「今からトラック創るよ」って世界中に生配信したりしているんだけど、そこにスペシャルな何かを隠し持っている訳じゃなくて、そこから出てくるモノは誰でも出来るようなビートであるんだけど、誰にも出来ない。それこそがスペシャル。秘密は何にもないんですよね。それで「良いトラックが出来たぜ」とBryanが生み出した曲をJ.Queが歌い出す。世界中の人が同じようにそうやって音楽を創っていると思うんだけど、そこに秘密は何にもない。シンプル・イズ・ビューティフルですよ。それに僕らは純粋に感動する。いろんなことを考えて創るんじゃなくて、ストレートに音楽と向き合って創っている2人の姿勢に感動する。

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー
▲Bryan-Michael Cox

Bryan-Michael Cox:久しぶりに会ったとは言え、昨日も会っていたかのように「……また会えたね」というよりは、「おぅ!」みたいな(笑)。そんな感じがすごくしたんだよね。18年ぶりになるのかな? J.Queは去年の12月にも会っているからまた違う感覚だったかもしれないけど、自分としては、それだけの時が流れているのに、本当に以前のままのムードで再会することが出来た。ただ、この再会までのあいだに我々全員が成長した。人間としても、アーティストやクリエイターとしても成長したし、状況も変わった。結婚をしたり、子供が生まれたり、自分も5才の子供がいたり、男としても変わっていった。そして、全員が健康でこうして一緒にいる。その素晴らしさに物凄く感動したんだ。20代からこの18年間のあいだでの成長を感じながら、でも変わらない自分達もいる。それがすごく嬉しかったよ。

--今現在のゴスペラーズには、どんな印象を持たれていますか?

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー
▲Patrick“J.Que”Smith

Patrick“J.Que”Smith:初めて会ったときは、ゴスペラーズの仕事に対する姿勢がガイダンスに添ってやっているというか、ひとつの道が見えていて、それに従って曲を創っている印象だった。制作側の人間としてまだ初期段階だったというか、一歩一歩ゆっくり進んでいる印象。それから18年の時を経たゴスペラーズを見たら、自分たちのやり方というモノを幅広く持っていて、そのときそのときの良いモノを自分の引き出しから出していく。そういうことが出来るグループになっていると物凄く感じた。それはもちろん経験を積んできて得てきたモノだとも思うし、気持ちも変わったんだと思う。自分のやることに対して良い意味で気楽になっているというか、自信を持つようになったからそういう風に出来ているんだと思うんだけど、とにかく強くなった。

村上てつや:僕らは僕らで彼らと出会う前に積み上げたモノもあるんだけど、やっぱり彼らと出逢ったことで音楽的な深さや幅を得たし、それが実際に結果として「成功した」ということが僕らに与えてくれたパワーは凄い訳ですよね。それがあって、僕らは何から何までブラックミュージックのスタイルで音楽を創る訳ではないんだけど、いろんな球種を投げられるようになった。で、それを自信を持って投げられるようになったということが、彼らからもらったいちばん大きなモノなんです。

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー
▲Patrick“J.Que”Smith

Patrick“J.Que”Smith:それは僕らもそうだよ。僕らも若かったし、ゴスペラーズのみんなから吸収したモノがあって、それが成功の鍵にもなったんだ。あと、さっきの話の続きになるけど、ゴスペラーズのみんなは人間的には全く変わってない。エネルギーもオーラも全く変わっていないんだけれども、曲作りや仕事の仕方が洗練されている。僕らも含め、当時はみんな子供だった。そこで一緒に歩き方を学んでいたと思うんだけど、16年ぶりに会ったゴスペラーズは凄い勢いで走っていたんだ。迷わずに自信を持って走っていた。そういう印象を受けたよ。だって、彼の姿を見てくれよ? 昔はこんなんじゃなかった。

村上てつや:昔からこうだったよ!

Patrick“J.Que”Smith:こんなに格好良くなって……ジェームズ・ボンドみたいじゃないか!

一同:(笑)

村上てつや:この格好ね(笑)? これは今日だけだから!

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 「永遠(とわ)に」J-POP/K-POPの流れの根っこにあるモノだったりする
  3. Next >
インタビュー写真

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー


「永遠(とわ)に」J-POP/K-POPの流れの根っこにあるモノだったりする

--このインタビューの時点では、ゴスペラーズの新アルバム『What The World Needs Now』のプリプロ段階になる訳ですが、このチームから今度はどんな作品が生まれそうな予感がしていますか?

ゴスペラーズ 「ゴスペラーズ坂ツアー2017 ”Soul Renaissance”」トレーラー
ゴスペラーズ 「ゴスペラーズ坂ツアー2017 ”Soul Renaissance”」トレーラー

村上てつや:昨年、僕らは『Soul Renaissance』というアルバムでもう一度、メロウネス、スウィートネスというモノに対して、40代の男として「どれぐらいそういうムードを出せるか」というトライをして。で、それが思っていた以上にファンの人たちに受け入れられた感覚があったんです。ここまで正面切って「R&Bをやる」のもどうかと思ったんだけど、思い切ってトライしてみたら非常に良い反響が待っていたんです。そこからもう一歩進む為には、自分たちのライティングだけじゃなくて「さらにエンパワーメントしてくれる存在が必要だな」というタイミングで、ちょうどこの2人が「アジアでの活動を一歩一歩進めよう」というタイミングに来ているという噂を聞きつけたので、それはもう「この船には乗ったほうが良いよね」って。ただね、正直に言うと、18年前に「永遠(とわ)に」を創って、その次のアルバムでもQueとは一緒に作業したんだけど、その後に日本にいる僕らからしたらビックリするようなサクセスストーリーを2人は歩んでいたので「もう一回、僕らと組んでくれるのか?」という不安はあったんです(笑)。でも今日話しているように、2人は何も変わらないでいてくれた。ただ、唯一変わったのは、当時はヌーンタイムのまわりでいろんな奴が筋トレしていたんだけど、J.Queは絶対にやらなかった。そこだけは変わってしまった……

Patrick“J.Que”Smith:当時は華奢だった(笑)。

村上てつや:でもそれ以外は何も変わらない関係性。その上で、Bryanの骨太でも美しいフロウがあるリズム。J.Queの持っているハーモニーセンス。それらを僕らは思いっきり吸収してケミストリーを起こして、新しいアルバムを仕上げたいなと思っています。

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー
▲左から:村上てつや/Patrick“J.Que”Smith/Bryan-Michael Cox

Bryan-Michael Cox:今回、久々に会って「初恋の人と再会した!」そんな気分なんだよね。だから、嬉しい気持ちと同時に不安もすごくあってドキドキした。何故かと言ったら、18年前に僕らは出逢って、そこですごく良い曲が生まれたよね。みんなも気に入ってくれていたよね。でもそれから連絡なしだったから「あー、ダメだったのか」と思いながら今日まで過ごしてきたんだ。でも「いつかまた連絡してくれるかもしれない」と思って、自分は電話番号を一切変えずに……

一同:(笑)

Bryan-Michael Cox:電話を待ってたんだよ!

村上てつや:その間のサクセスがデカ過ぎて僕らは遠慮していたんだけど、そんな風に思っていたんだったら、毎年ワンソングずつ一緒に創ればよかったよ!

Patrick“J.Que”Smith:お互いに誤解をしていたから、コミュニケーションスキルをもうちょっと上げないとダメだね(笑)。

--どれだけチャーミングな大物プロデューサーなんですか(笑)。

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー
▲左から:村上てつや/Patrick“J.Que”Smith/Bryan-Michael Cox

村上てつや:でも本当に、日本はもちろんアジアには素晴らしいモノを創っている、ポテンシャルを持っているシンガーがいっぱいいるから、力を注いでほしい。韓国に東方神起というアーティストがいるけど、彼らは物凄く「永遠(とわ)に」が好きなんですよ。それは僕らにとってすごく誇らしいことだし、あの曲はBryanとJ.Queと創ったものだし、実はJ-POP/K-POPの流れの根っこにあるモノだったりするんだよね。今は韓国のアーティストがアメリカに進出しているから、それを半分悔しい想いで見ているけど……「これほどの人たちと先にやったのは俺達だぜ」とは言っておきたい。

一同:(笑)

村上てつや:それはそれとして(笑)、これから日本やアジアの若いシンガーをどんどん育ててほしい。

Bryan-Michael Cox:バァーっと散らばっていた点がやっと線で繋がっている。ゴスペラーズとの出逢いは、Dallas Austinやいろんな人と繋がるきっかけになっているし、それが線になって円になってきたと感じるね。

村上てつや:Dallas Austinが持っているスタジオで1回だけセッションしたんだけど、そこにポンとTLCのマスターテープが置いてあったときの俺たちの震えっぷりね(笑)。でもそこでただ観光して終わるんじゃなく、ちゃんと結果に繋げることが出来たから今日があるんだよね。そう思うと、すごく嬉しいです。

Interviewer:平賀哲雄|Photo:Jumpei Yamada

ゴスペラーズ 「What The World Needs Now」トレイラー
インタビュー写真

ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー ゴスペラーズ村上てつや×Bryan-Michael Cox×Patrick“J.Que”Smith 対談インタビュー

ゴスペラーズ「What The World Needs Now」

What The World Needs Now

2018/10/03 RELEASE
KSCL-3091/2 ¥ 3,780(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.W2N2
  2. 02.In This Room
  3. 03.Right by you
  4. 04.Sweetest Angel
  5. 05.Ashes
  6. 06.Goodbye
  7. 07.for U
  8. 08.Hiding Place
  9. 09.NOTHING
  10. 10.DON’T LEAVE ME NOW
  11. 11.ヒカリ
  12. 12.epilogue

関連キーワード

TAG

関連商品

SING!!!!!
ゴスペラーズ「SING!!!!!」

2014/07/09

[CD]

¥1,620(税込)

SING!!!!!
ゴスペラーズ「SING!!!!!」

2014/07/09

[CD]

¥1,080(税込)

FILED SONGS
(V.A.) AJI+佐藤善雄 ゴスペラーズ 村山晋一郎 Cheyenne KANA The Fave Raves K3B「FILED SONGS」

2014/05/23

[CD]

¥2,700(税込)

LOVE LIFE
黒沢薫「LOVE LIFE」

2013/06/05

[CD]

¥3,600(税込)

氷の花
ゴスペラーズ「氷の花」

2013/01/30

[CD]

¥1,049(税込)

氷の花
ゴスペラーズ「氷の花」

2013/01/30

[CD]

¥3,086(税込)

STEP FOR FIVE
ゴスペラーズ「STEP FOR FIVE」

2012/11/07

[CD]

¥3,188(税込)

STEP FOR FIVE
ゴスペラーズ「STEP FOR FIVE」

2012/11/07

[CD]

¥4,114(税込)

STEP!
ゴスペラーズ「STEP!」

2012/10/17

[CD]

¥1,049(税込)

ハモリズム
The Gospellers「ハモリズム」

2011/06/08

[CD]

¥3,146(税込)

ハモリズム
The Gospellers「ハモリズム」

2011/06/08

[CD]

¥3,456(税込)

NEVER STOP
ゴスペラーズ「NEVER STOP」

2011/05/18

[CD]

¥1,049(税込)

冬響
ゴスペラーズ「冬響」

2010/11/03

[CD]

¥1,049(税込)

Love Notes Ⅱ
ゴスペラーズ「Love Notes Ⅱ」

2009/10/28

[CD]

¥3,146(税込)

Love Notes Ⅱ
ゴスペラーズ「Love Notes Ⅱ」

2009/10/28

[CD]

¥3,456(税込)

ラヴ・ノーツ
ゴスペラーズ「ラヴ・ノーツ」

2009/10/14

[CD]

¥1,258(税込)

Hurray!
ゴスペラーズ「Hurray!」

2009/03/11

[CD]

¥3,456(税込)

Hurray!
ゴスペラーズ「Hurray!」

2009/03/11

[CD]

¥3,146(税込)

1,2,3 for 5
ゴスペラーズ「1,2,3 for 5」

2009/02/11

[CD]

¥1,258(税込)

Sky High/セプテノーヴァ
ゴスペラーズ ゴスペラーズ vs 常田真太郎(from スキマスイッチ)「Sky High/セプテノーヴァ」

2008/11/12

[CD]

¥1,049(税込)

ローレライ
ゴスペラーズ「ローレライ」

2008/07/09

[CD]

¥1,258(税込)

青い鳥
ゴスペラーズ「青い鳥」

2008/03/12

[CD]

¥1,258(税込)

Be as One
ゴスペラーズ「Be as One」

2006/11/22

[CD]

¥3,146(税込)

Be as One
ゴスペラーズ「Be as One」

2006/11/22

[CD]

¥3,456(税込)

Platinum Kiss
ゴスペラーズ「Platinum Kiss」

2006/10/18

[CD]

¥571(税込)

陽のあたる坂道
ゴスペラーズ「陽のあたる坂道」

2006/10/18

[CD]

¥571(税込)

一筋の軌跡/風をつかまえて
ゴスペラーズ「一筋の軌跡/風をつかまえて」

2006/05/24

[CD]

¥1,258(税込)

遠い約束
黒沢薫「遠い約束」

2005/12/14

[DVD]

¥1,296(税込)

さかあがり
ゴスペラーズ「さかあがり」

2004/12/22

[DVD]

¥2,484(税込)

G10
ゴスペラーズ「G10」

2004/11/17

[CD]

¥3,780(税込)

ミモザ
ゴスペラーズ「ミモザ」

2004/10/27

[CD]

¥1,049(税込)

新大阪
ゴスペラーズ「新大阪」

2003/10/22

[CD]

¥1,258(税込)

Right on,Babe
ゴスペラーズ「Right on,Babe」

2003/07/16

[CD]

¥1,258(税込)

アカペラ
ゴスペラーズ「アカペラ」

2002/12/04

[CD]

¥3,146(税込)

星屑の街
ゴスペラーズ「星屑の街」

2002/11/13

[CD]

¥1,258(税込)

あたらしい世界
ゴスペラーズ「あたらしい世界」

2002/09/26

[CD]

¥1,049(税込)

終わらない世界/Vol.
ゴスペラーズ「終わらない世界/Vol.」

2002/09/26

[CD]

¥1,049(税込)

ウルフ
ゴスペラーズ「ウルフ」

2002/09/26

[CD]

¥1,049(税込)

夕焼けシャッフル
ゴスペラーズ「夕焼けシャッフル」

2002/09/26

[CD]

¥1,049(税込)

U’ll Be Mine
ゴスペラーズ「U’ll Be Mine」

2002/09/19

[CD]

¥1,049(税込)

In This Room
ゴスペラーズ「In This Room」

2018/07/04

[CD]

¥1,512(税込)

ゴスペラーズ坂ツアー2005 G10
ゴスペラーズ「ゴスペラーズ坂ツアー2005 G10」

2018/03/28

[Blu-ray Disc]

¥8,208(税込)

ゴスペラーズ坂ツアー2003 アカペラ港
ゴスペラーズ「ゴスペラーズ坂ツアー2003 アカペラ港」

2018/03/28

[Blu-ray Disc]

¥6,372(税込)

バラードが聴こえる
安岡優「バラードが聴こえる」

2015/10/21

[CD]

¥2,916(税込)

Dream Girl
ゴスペラーズ「Dream Girl」

2015/09/09

[CD]

¥1,080(税込)

Dream Girl
ゴスペラーズ「Dream Girl」

2015/09/09

[CD]

¥1,512(税込)

続く道 with ゴスペラーズ
クリス・ハート ゴスペラーズ「続く道 with ゴスペラーズ」

2015/04/15

[CD]

¥1,296(税込)

続く道 with ゴスペラーズ
クリス・ハート ゴスペラーズ「続く道 with ゴスペラーズ」

2015/04/15

[CD]

¥1,620(税込)

G20
ゴスペラーズ「G20」

2014/12/17

[CD]

¥4,500(税込)

クリスマス・クワイア
ゴスペラーズ「クリスマス・クワイア」

2014/11/19

[CD]

¥1,296(税込)

クリスマス・クワイア
ゴスペラーズ「クリスマス・クワイア」

2014/11/19

[CD]

¥1,620(税込)

SING!!!!!
ゴスペラーズ「SING!!!!!」

2014/07/09

[CD]

¥1,620(税込)

SING!!!!!
ゴスペラーズ「SING!!!!!」

2014/07/09

[CD]

¥1,080(税込)

FILED SONGS
(V.A.) AJI+佐藤善雄 ゴスペラーズ 村山晋一郎 Cheyenne KANA The Fave Raves K3B「FILED SONGS」

2014/05/23

[CD]

¥2,700(税込)

LOVE LIFE
黒沢薫「LOVE LIFE」

2013/06/05

[CD]

¥3,600(税込)

氷の花
ゴスペラーズ「氷の花」

2013/01/30

[CD]

¥1,049(税込)

氷の花
ゴスペラーズ「氷の花」

2013/01/30

[CD]

¥3,086(税込)

STEP FOR FIVE
ゴスペラーズ「STEP FOR FIVE」

2012/11/07

[CD]

¥3,188(税込)

STEP FOR FIVE
ゴスペラーズ「STEP FOR FIVE」

2012/11/07

[CD]

¥4,114(税込)

STEP!
ゴスペラーズ「STEP!」

2012/10/17

[CD]

¥1,049(税込)

ハモリズム
The Gospellers「ハモリズム」

2011/06/08

[CD]

¥3,146(税込)

ハモリズム
The Gospellers「ハモリズム」

2011/06/08

[CD]

¥3,456(税込)

NEVER STOP
ゴスペラーズ「NEVER STOP」

2011/05/18

[CD]

¥1,049(税込)

Love Notes Ⅱ
ゴスペラーズ「Love Notes Ⅱ」

2009/10/28

[CD]

¥3,146(税込)

Love Notes Ⅱ
ゴスペラーズ「Love Notes Ⅱ」

2009/10/28

[CD]

¥3,456(税込)

ラヴ・ノーツ
ゴスペラーズ「ラヴ・ノーツ」

2009/10/14

[CD]

¥1,258(税込)

Hurray!
ゴスペラーズ「Hurray!」

2009/03/11

[CD]

¥3,456(税込)

Hurray!
ゴスペラーズ「Hurray!」

2009/03/11

[CD]

¥3,146(税込)

1,2,3 for 5
ゴスペラーズ「1,2,3 for 5」

2009/02/11

[CD]

¥1,258(税込)

Sky High/セプテノーヴァ
ゴスペラーズ ゴスペラーズ vs 常田真太郎(from スキマスイッチ)「Sky High/セプテノーヴァ」

2008/11/12

[CD]

¥1,049(税込)

ローレライ
ゴスペラーズ「ローレライ」

2008/07/09

[CD]

¥1,258(税込)

Be as One
ゴスペラーズ「Be as One」

2006/11/22

[CD]

¥3,146(税込)

Be as One
ゴスペラーズ「Be as One」

2006/11/22

[CD]

¥3,456(税込)

Platinum Kiss
ゴスペラーズ「Platinum Kiss」

2006/10/18

[CD]

¥571(税込)

陽のあたる坂道
ゴスペラーズ「陽のあたる坂道」

2006/10/18

[CD]

¥571(税込)

一筋の軌跡/風をつかまえて
ゴスペラーズ「一筋の軌跡/風をつかまえて」

2006/05/24

[CD]

¥1,258(税込)

遠い約束
黒沢薫「遠い約束」

2005/12/14

[DVD]

¥1,296(税込)

Love Anthem
黒沢薫「Love Anthem」

2005/10/19

[CD]

¥2,621(税込)

遠い約束
黒沢薫「遠い約束」

2005/10/12

[CD]

¥1,049(税込)

さかあがり
ゴスペラーズ「さかあがり」

2004/12/22

[DVD]

¥2,484(税込)

G10
ゴスペラーズ「G10」

2004/11/17

[CD]

¥3,780(税込)

ミモザ
ゴスペラーズ「ミモザ」

2004/10/27

[CD]

¥1,049(税込)

アカペラ
ゴスペラーズ「アカペラ」

2002/12/04

[CD]

¥3,146(税込)

星屑の街
ゴスペラーズ「星屑の街」

2002/11/13

[CD]

¥1,258(税込)

あたらしい世界
ゴスペラーズ「あたらしい世界」

2002/09/26

[CD]

¥1,049(税込)

終わらない世界/Vol.
ゴスペラーズ「終わらない世界/Vol.」

2002/09/26

[CD]

¥1,049(税込)

ウルフ
ゴスペラーズ「ウルフ」

2002/09/26

[CD]

¥1,049(税込)

夕焼けシャッフル
ゴスペラーズ「夕焼けシャッフル」

2002/09/26

[CD]

¥1,049(税込)

U’ll Be Mine
ゴスペラーズ「U’ll Be Mine」

2002/09/19

[CD]

¥1,049(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】米津玄師「Flamingo」が35,509DLで1位返り咲き、通算2週目の首位に

  2. 2

    TM NETWORK「Get Wild」、映画『劇場版シティーハンター』エンディング・テーマに

  3. 3

    NCT127/Red Velvetら出演 『2018 KOREA POPULAR MUSIC AWARDS』がGYAO!にて独占生配信決定

  4. 4

    嵐が表紙を飾る『週刊ザテレビジョン』お正月超特大号 本日12/12発売

  5. 5

    米津玄師の貫く“美しさ”に包み込まれた【Flamingo】の夜<11/2修正>

HOT IMAGES

注目の画像