Billboard JAPAN


Special Contents

Capeson(ケイプソン) Playlist ~〈Tokyo Recordings〉がプロデュースを手掛ける新星シンガーソングライターのルーツ~



インタビュー

 〈Tokyo Recordings〉がプロデュースを手掛ける新星シンガーソングライター、Capeson(ケイプソン)。ビルボードライブでの単独公演を9月14日に控え、本人にインタビューを実施。圧倒的な声量と繊細なファルセットを武器に破格のスケールを感じさせる大器に、自身のルーツとなる楽曲をセレクトしてもらいました。

Capeson Playlist「The Roots of Capeson」

01. Wednesday Night Prayer Meeting -Charles Mingus

ビッグアップルでクルーと遊んでた頃を思い出す。隣にいた客に“Don’t think feel”って言ってやったんだ。


02. Gold - Chet Faker

Hiro Muraiがカッコいい。曲もソウルフルだね。


03. Why Does It Always Rain On Me? - Travis

モテない奴らがロックやってる感じが最高だ。


04. Redbone - Childish Gambino

ロバート・プラントみたいで好き。レトロなのに新しい。


05. You & Me - Disclosure

リミックスの方が再生回数が多かった。かっこいいのにね。


06. On the Nature of Daylight - Max Richter

マルセイユ行きの飛行機に乗る前にシャルル・ド・ゴールで浸っていたんだ。


07. A Case Of You - Joni Mitchell

歌詞と譜割にセンスを感じる。


08. Little Wing - Sting

Gill Evansが奏でる緻密なアンサンブルとスティングの表現力が相まって素晴らしい作品だと思います。


09. Can You Feel It - Larry Heard

後にバレアリックの方向にいくA Man Called Adamも、元々はAcid Jazz Recordsからリリースしてたんだよなぁ。ロニー・リストン・スミスを彷彿とさせるサウンド・プロダクションが印象的。所謂Acid Jazzなドラムが時代を感じさせますね。


10. Everyday I Have The Blues(1964/Live At The Regal Theater) - B.B. King

ライブ前は必ずこれを聴いて、どうすればちゃんと弾けるかを自分にリマインドするんだ。



Billboard JAPANのApple Musicプレイリストはこちらから>>>


▲ Capeson「FALL」

CAPESON「HIRAETH」

HIRAETH

2016/10/19 RELEASE
TYO-5 ¥ 2,500(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Walk Away
  2. 02.Leave You Alone
  3. 03.The Video, It’s Not That Old
  4. 04.A Tear Into The River
  5. 05.Believe My Eyes
  6. 06.Back In The Day
  7. 07.Bow And Arrow
  8. 08.Sunshine
  9. 09.Track 4, Noisy But
  10. 10.Steersman
  11. 11.Cry Like A Bird
  12. 12.Latent
  13. 13.The Ending

関連キーワード

TAG

関連商品

HIRAETH
CAPESON「HIRAETH」

2016/10/19

[CD]

¥2,500(税込)

PORTRAIT1
CAPESON「PORTRAIT1」

2015/09/16

[CD]

¥1,512(税込)

HIRAETH
CAPESON「HIRAETH」

2016/10/19

[CD]

¥2,500(税込)

PORTRAIT1
CAPESON「PORTRAIT1」

2015/09/16

[CD]

¥1,512(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    超特急、BTS (防弾少年団)ら出演の音楽アワード【2018 MAMA】出演へ

  2. 2

    【ビルボード】16.7万枚を売り上げたSexy Zone「カラクリだらけのテンダネス」がシングル、ルックアップ、Twitterの3冠で総合首位獲得(※12/12訂正)

  3. 3

    ELLY(三代目JSB)のプロジェクトCRAZYBOY、今市隆二も出演した初の単独ツアーの模様を配信

  4. 4

    クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」が世界で16億再生突破、20世紀の楽曲で最もストリーミングされた曲に

  5. 5

    SKY-HI、MIYAVI/金子ノブアキ/sleepyhead(ex.SuG武瑠)ら招いたツアーファイナル初日

HOT IMAGES

注目の画像