Billboard JAPAN


Special Contents

傳田真央 『泣きたくなるけど』インタビュー

傳田真央 『泣きたくなるけど』 インタビュー

 前作『Bitter Sweet』が引恋(いんれん)ソングとして、かつての恋が忘れられない女の子たちから絶大な支持を受け、復帰第1作目としては異例のヒットを記録した傳田真央。あの現象は一体なんだったのか? 今回のインタビューでは「今、なぜ傳田真央が熱いのか」をフォーカスしながら、新曲『泣きたくなるけど』に込められた想いを訊いた。パッション溢れる彼女の一語一句に注目です!

今が私の人生のハイライトかと思うぐらい

--先日、家に帰ってテレビ付けたら「Future Tracks→R」がやってて。番組の8割ぐらい傳田真央の曲が流れてて「こりゃすげぇ」って驚いたんですが、前作『Bitter Sweet』のヒットによって素敵な状況になってますね、今の傳田真央。

傳田真央:やっと自分のアーティストとしてのポテンシャルと、街の皆さんの中での傳田真央という存在が融合されてきたんじゃないかなって。対等に自分も向き合えるようになったし、ファンの皆さんも傳田に対して昔よりリアルに歌詞の世界とか感じてくれるような実感があるんですよね。だから今は楽しくてしょうがない。今日も朝からプリプロして来たんですけど、アーティストでいられることの面白さをすごく感じながら日々を過ごせてます。

--自分が発信しているモノに対して、分かりやすくリアクションが見えるようになったのが大きいんでしょうね。

傳田真央:私がデビューした10年近く前と今では、人と音楽の接し方も時代の流れで変わってると思うんですよ。で、今って携帯で着うたをダウンロードして音楽に触れたりして、すごくスピード感がある。曲を出してからの反応がすぐにあるんですよね。だからそのリアクションを通してリアルタイムで次の曲を作っていくことができる。昔はライブで感じたモノを持ち帰って曲を作ったりしてたんですけど、今はもっともっと早いスピード感の中で、曲を聴いてもらってその反応があって、また次の曲でその反応に返していく。っていう流れの中で音楽を作っている感じがします。

--電車に乗ってて、隣に座ってる人のイヤホンから『Bitter Sweet』が流れてきたときは「ようやく時代が傳田真央に追い付いた」と一人嬉しくなったりもしたんですが(笑)。

傳田真央:本当ですか(笑)!?

--10年前のデビュー当時も近い状況がありましたが、今の盛り上がりの方が喜びの実感は大きいんじゃないですか?

傳田真央:昔は若くてボーッとしていた部分があるので。天然ちゃんだったもんですから。まぁ今も多少その名残りはありますけども(笑)。でも今は意気込みが違うというか、あの『Bitter Sweet』を世に出してから、更にパッションが激しくなっていて。私は街の女の子たちのために歌いたいし、作りたいっていう想いがすごく強くなってるんで、曲を評価してもらったときの喜びも全然違いますね。ただ楽しく歌っていたあの頃とは。今はある意味「命削って歌ってます」みたいなところもあって、だから歌ってないプライベートな時間でさえも、そのとき作ってる曲とか歌ってる曲に振り回されていたりもするし。ガールズトークとかしてても、いろいろ問題が勃発してたり(笑)。それは「歌詞の中で表現したい」って思ってることに常に心がフォーカスしちゃってるから、そういうドラマを引き寄せちゃうのかもしれないんですけど。そんな痛い想いをしながらも「良いな」って思ってる自分もいますし。昔に比べて辛いことも増えましたけど、それも含めて今の年で歌をうたうっていうのはこういうことなんだなって感じています。そういう人生を神様に頂いてるような感じはしますね。

--簡単に言うと、生きてる実感が漲っていると。

傳田真央:そうですね。今が私の人生のハイライトなのではないかと思うぐらい。

--さっきの「ようやく時代が傳田真央に追い付いた」じゃないですけど、先日の「Future Tracks→R」でも放送されていたように今は“切なさ”を感じさせる女性ボーカルの歌が非常に流行っています。で、次から次へとそこに照準を絞ったアーティストがデビューしていってる訳なんですが、傳田さんの場合は何が素晴らしいって10年前から切なかったっていうね。

傳田真央:なるほど。キャッチコピーで使わせてもらいます(笑)。

--その説得力ってとても大きいと思うんですが、自分ではどう思いますか?

傳田真央:デビュー当時は若かった……今も若いですけど!心も見た目も!

--更にもっと若かった頃ね(笑)。

傳田真央:更にもっと若かった頃は(笑)単純に歌詞がもうちょっと爽やかだったりとか、ある意味ファンタジーな、綺麗なところで表現していた部分があったと思うんです。ただ、コアな傳田ファンはその綺麗な表現の中からも孤独感や愁いを感じ取ってくれていて。だから“切なさ”だったり“涙”だったり“笑顔の裏の涙”っていうテーマ自体は今も昔も変わらない。でも今はそれを綺麗に表現するんじゃなくて、もっと切り込んでいく感じ。そういう術を身に付けたんですよね。心の深いところを描いたり、そこに傷があるなら「傷だよ」って言ってしまえるような毒々しさも今はある。

--ちょっと照れくさいこと言いますけど、僕は切なさの熱量って愛おしさの熱量と比例していると思っていて。どれだけそこに愛情があるかで切なさの度合いも変わる。そういう意味では、傳田真央の歌が今も昔も泣けるぐらい切ないのは、それだけあなたが愛情深いってことだと思うんですが、実際のところはどう?

傳田真央:それが相手に伝わってるかどうかはともかく、嫌になるぐらい情深い(笑)。年々激しさが増しています。恋愛の相談を受けることがどんどん増えていて、私は「オーラの泉」をまねて勝手に「マーオの泉」をプライベートでやってるんですけど(笑)最近は年下のアーティストと知り合う機会も多いので、毎日たくさんメールが来るんですよ。で、みんなリアルな悩み事や重い心の叫びを綴ってるんですけど、そのひとつひとつに情が入ってしまって「がんばれぇ!」って感じでメールを返したり、夜な夜なガールズトークをしたりしちゃうんです。でもそれによって絆が深まったり、歌詞が生まれたりしているのが有り難くて。

--その「マーオの泉」がフル回転してしまうほどの愛情深さ、生き方が今すごく歌においても機能してますよね。

傳田真央:そうですね。活かされてるところはあると思います。だから今は自分の体験じゃなくても曲ができるし。昔はそういうのができなくて、1曲ずつ「これはあの恋愛」みたいな感じで、そのときの自分の気持ちを書いていたことが多かったんですけど、今は渋谷のセンター街を歩いている娘を見ただけで、すぐその娘になれる。「私が代わりに涙流します!」みたいな。そういう心のフォーカスでアーティストをしていますね。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 生まれてから今日までの集大成的な作品
  3. Next >
生まれてから今日までの集大成的な作品

--そこのメカニズムを少し紐解きたいんですけど、街中で見かけた泣いてる女の子に気持ちを投影させて、そこで生まれる言葉っていうのは、他人を主人公にしながらも、自分自身の過去の恋愛だったり経験があるからこそ生まれてくるモノだったりする訳ですよね?

傳田真央:それはもちろんありますよね。そういう意味では、今だからこそ、いろんな女の子を主人公にした詞が書けるようになったのかもしれない。山から都会に出てきてから10年近く一人暮らしをしていて、いろんな恋愛の経験もしたし、いろんな想いをしてきたからこそ、いろんな心のディテールの引き出しが用意できたのかなって。とりあえず色えんぴつで言ったら20色ぐらい使えるようになったと思うんですよ。だから街の女の子を見たときに、今までの私の経験から生まれた心のディテールがスッと引き出される瞬間がたくさんある。そこからその女の子と融合していくことができるんです。過去の自分の切ない恋愛があるから「分かるよ!そうだよね!」って思えるところもあるし。

--なるほど。だからこそ『Bitter Sweet』はあれだけ多くの人の胸に響いたのかもしれないですね。そもそも歌ってる側がまずリスナーに凄いレベルで共感していて、更にそこには底なしの情深さもあるもんだから、自然とエモーショナルになるし、それを聴いたリスナーももちろん共感するっていう。

傳田真央:歌い終わったあとにヒョロヒョロになるほど気持ちが動きましたからね。床に何回も座りながら歌ってましたから。あとプロデューサーのジェフさんも「はみ出しOK!」みたいな感じで歌わせてくれる人なんですよ。プロデューサーによっては「気持ちが込み上げてくるのは分かるんだけど、抑えて歌った方が良いんじゃない?」っていう人もいて、私はそういう歌い方もするタイプなんですけど、でもジェフさんは私が冷静に歌ってると「もっと出しちゃって」みたいな。あと「チェストボイスで歌って」って言うときがあって、口元からでもなく、頭のてっぺんからでもなく、胸、ハートのところで声を響かせるとチェロみたいな響きをするんですけど、『Bitter Sweet』はまさにそのチェストボイスで歌った曲ですね。だから良いはみ出し方をしてる。

--この夏にはその『Bitter Sweet』に続く歌『泣きたくなるけど』がリリースされます。自身では仕上がりにどんな印象や感想を?

傳田真央:生まれてから今日までいろんな音楽に触れてきたんですけど、その集大成であると思えるような、イチアーティストとして自慢できる1曲ですね。最近の傳田は「アーティストとして満足」とか「芸術として満足」とか言わないんですけど、でも今回は本当にそう。私が最初に触れた音楽はクラシックで、親の影響でピアノをやってチェロをやって。それなのに全然違う音楽をやってる後ろめたさみたいなモノが以前はあったんですけど、最近の曲作りではピアノも弾かせてもらえてるし、自分の個性的な世界を創り上げるための要素としてクラシックを使いこなせるようになってきたんです。だから今作でも神秘的で、美しくて悲しいようなピアノの和音を編み出せていて。あと今回はチェロも弾いてるんですよ。全然その予定じゃなかったんですけど、私がスタジオにチェロを持って行っちゃったんです。そしたら弾くことになって。

--持って行ったってことは弾く気満々だったんでしょ(笑)?

傳田真央:そうなんです(笑)。事前にジェフさんの耳元でちょっと囁いてはいたんですけど。ストリングス入れがあるって聞いたんで「私、みんなの3メートルぐらい後ろでいいんですけど……。ちょっとチェロ持っていってみようかな?」みたいな。音が聞こえなくても、気だけでも参加していたくて。でも現場行ってみたら、ストリングスの方がみんな良い人で「傳田さん、全然弾けるじゃないですか。弾いたらいいじゃないですか」なんて言ってくださって。それで結局私はソロを弾くことになって「いいの?」みたいな。ウチの親は本当に喜んでます。

--ピアノにしてもチェロにしても自分で奏でたいと思ったのは、傳田真央の名のもとに曲を出す以上は、極力自分の想いをあらゆる場所に入れたい想いが強かったから?

傳田真央:そうかもしれないですね。あまり今までそういう風に思ったことなかったんですよ。「歌っていれば幸せ」と思っていたところもあるけど、最近は拘りや愛着が強くなっていて。確かに平賀さんが言った通りかもしれない。

--ということは、今後ステージ上で演奏することも?

傳田真央:そんなこともいつかあったら面白いですよね。今はシンガーとしてだけじゃなくて、自分が作ったり弾いたり、和音を重ねるっていう部分でも、歌詞の主人公の心を表現する。そこでも今は頑張っているので、それをライブでもやっていけたら面白いのかなって思います。

--そこの傳田真央のクリエイティビティを知ってもらえたら、もっといろんな表現を楽しく打ち出せていけるのかなって。

傳田真央:そうですね。私がピアノを曲の中で弾いてることとか知らない人の方が多分多いと思うし、曲作りを一緒にするプロデューサーの方とかでも、やり取りをしていく中でビックリされる人が多いんですよね。最近、新しいクリエーターの人と曲を作っていたりするんですけど「シンガーっていうか、プロデューサーっぽいよね」って言われたりして。だから外から見てるとなかなかそこまで想像が付かないんだと思うんですよ。でもピアノやチェロも自分が弾いているのを知ったりしたら、また曲も違う風に楽しんでもらえるんじゃないかなって自分でも思います。

--あと、今作は着うたフル(R)先行配信に伴い「デジ歌詞」のリアルタイムランキングで1位を獲得し、デイリーチャートでもダントツの1位をキープ。なんていうニュースもありましたが、どんな気分でした?

傳田真央:すごく嬉しくて!今年の傳田は街の女の子たちの気持ちを歌で表現するっていうところを追求しているので「歌が上手」とか言われるより数倍嬉しいことでした。

--これは往年のファンもそうですが、『Bitter Sweet』で傳田真央の歌詞に共感した人が「今度はどんな言葉を聴かせてくれるんだろう?」と注目した確固たる証拠だと思うんですよ。これは「みんなの想いを代弁したい」傳田真央からしたら、かなり理想的な状況ですよね。

傳田真央:そうですね~。でも今回の『泣きたくなるけど』は、歌詞がすごく深いというか、捉えづらい内容になってるんですよ。女子ならではの微妙な気持ちを歌っているので。で、それを表現するのがすごく難しくて、共同で作詞をして頂いた岩里祐穂さんとかジェフさんといろんなやり取りをして、たくさんガールズトークもしたんです。『Bitter Sweet』は“再会”がテーマですごく分かりやすかったんですけど、今回は“結婚前夜の気持ち”がテーマなんです。だから多分、男子には永遠に100%理解してもらえないと思うんですけど(笑)女の子にしてみれば「そういう心のポイントを歌ってくれたんだ」って思ってもらえる曲になったんじゃないかなって。サビとかも「なぜか泣きたくなるけど Maybe this is love」ってすごく微妙なことを歌ってて。でも女の子のリアルな想いを表現するとこういう感じになるんですよね。「幸せになりたい」って言ってるし思ってるんだけど、幸せ過ぎると不安になったりとか。幸せを目指してるのに、その反面で「夢見てるだけじゃいけない」って思ってたり。「どっちなの?」ってツッコミ満載なんだけど、でもそこに女の子のリアリティがある。だから今回は「ワガママさと冷静さを持った上で結婚に向けて恋愛してる」っていうところを掴みたくて、すごく考えたんです。

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 全部さらけ出した上で「それでも一緒にいようね」
  3. Next >
全部さらけ出した上で「それでも一緒にいようね」

--そもそもなんで結婚をテーマにしようと?

傳田真央:この曲の配信が始まったり、みんなに届く時期が6月、7月っていうことがあって、ちょうどジューンブライドってことでウェディングな時期だし、アーティストの皆さんもウェディングソングを世に出していく時期だろうし、その中で「私も傳田真央としてのウェディングソングを作ってみたい」ってみんなに話したんですよ。私も30才目前なので女友達と飲んでても絶対結婚の話になるし、同級生もどんどん結婚していったりとかして、焦ってまではまだいないんですけど「自分はどうなるんだろう?」ってリアルに考えるようになってきて。そんな自分の日々のリアリティもあり(笑)書いてみたいと思ったんです。で、結婚をしていない私だからこその、他のアーティストが提示していないウェディングソングを作ろうと思って。

--これこそ先程お話しした、愛情と切なさがイコールになっている曲だと感じたんですが、この“泣きたくなるけど”は決してネガティブなモノじゃないですよね?

傳田真央:そうですね。そこもまた女の難しいところなんですけど。

--で、この曲はサビももちろん印象的に響くんですが、胸がグッと引き寄せられるフレーズが多くてですね、例えば「楽しいことより、素直になってI'm sorry言えたらAnniversaryが増えてくの」。これは傳田真央の結婚観における重要なポイントなんじゃないですか?

傳田真央:男女が一緒に楽しいことをしたり、感動することを共有したりっていうのは、知り合っていく入口としては必要なことだと思うし、もちろんそういうハッピーな時間っていうのは日々を輝かせてくれる大事な時間だとは思うんです。でも絆が深まる時間って、何か事件が起こって思いっきり泣いちゃったとか、怒っちゃったとか、ケンカして言いたくないセリフをはみ出して言ってしまった後に訪れると思うんですよ。で、恋愛だったら綺麗なところだけで付き合うのも楽しいかもしれないんだけど、結婚をする相手とは綺麗じゃない部分も全部さらけ出した上で「それでも一緒にいようね」と思えないとダメだと思うんです。だから「楽しいことより、素直になってI'm sorry言えたらAnniversaryが増えてくの」っていうフレーズは出てきて。

実際、私の両親もそういう関係なんです。2人ともアーティストっていうのもあって、いつもぶつかり合ってるんですよ。ウチは父がクラリネットで母がピアノなんですけど、一緒に演奏会に出るときは母が伴奏をする役割で。夫婦で言ったら奥さんが支えます、旦那さんは主役です、みたいな。でも母はパッションが熱いタイプで、ロマンティックでドラマティックな人なんで、練習のときはちゃんと父の言うことを聞いてるんですけど、本番になるとパッションが出ちゃって物凄くドラマティックに弾いちゃうんですよ。そうすると父が怒って「どうして邪魔するんだ?」みたいな(笑)。毎回そういう些細なことでぶつかり合ったりしてるんですけど、次の日は何もなかったのようにケロッとしてて。何度ぶつかり合ってもずっと一緒にいられる。逆にそれがすごく刺激になってて、お互いを尊敬し合ってて、いつまで経っても若いんですよ、ウチの両親。その両親をイメージして『泣きたくなるけど』は書いたところもあります。

--「ねえ一生かかっても 伝えたいことがある」というフレーズがありますが、傳田真央自身にとってのその伝えたいことってどんな想いだったりするの?

傳田真央:具体的にこれ!っていうのは正直ないんですけど、本当に好きな人って毎晩毎晩長電話しても話すことが尽きない。でも次の日に振り返ってみると何話していたか分かんないんですよね。それでもその瞬間その瞬間にいっぱい伝えたいことはあって、話しても話しても終われない。だから「一生一緒にいちゃおうか?」みたいな。そういうニュアンスで書いたんですよね。あとその逆の切り口にはなっちゃうんですけど「男女というモノは永遠に分かり合えない」と諦めてる部分もあったりするのかもしれない。一生掛かっても100%分かり合えるってことはない。でも分かり合おうとしてたくさん伝え合うことが結婚なのかもしれないなと思って。それを諦めて終えてしまうのが恋愛なのかもしれないし。

--また、レコーディングでは泣きそうになったんじゃないですか?

傳田真央:ピアノ入れてる時点で「泣きたくなるけど」って思ってました(笑)。なんで美しいモノって悲しいんだろう?って思いながら。チェロを弾けたことでも泣きたくなりましたし。あとこの曲で私は、内に眠らせていたモノを全部出すことができて。クラシックのルーツを持ってて新しい音楽をやってる人が持っている泣きのメロディ、哀愁を帯びたようなメロディになってるんですよ。こんなことを言うのはおこがましいんですけど、私がすごく尊敬する坂本龍一さん、久石譲さん、SUGIZOさんが持っているようなテイストを、今回出すことができたんです。そういう意味では、歌詞だけじゃなく、メロディとか音の積み重ねで作る全部から切なさを感じられる曲になってるから、もうレコーディングのときは常に泣きそうで。コーラスも「これでもか!」っていうぐらい気合い入ってますし、息ができなくなって泣きたくなる瞬間もありました(笑)。

--そんな涙なしでは聴けない今作、ミュージックビデオではウェディングドレス姿を披露されています。

傳田真央:スタイリストさんが衣装合わせのときに10着ぐらいウェディングドレスを持ってきてくれて、もう試着してるときは幸せすぎて怖いぐらいでした。「歌手でよかった」って思いました(笑)。あと今回のミュージックビデオも『Bitter Sweet』と同じ監督さんに撮って頂いたんですけど「今回はテーマ、傳田真央」って言ってくれて。その言葉がすごく嬉しかったんですけど、私の歌う表情、自分が積み重ねてきた愁いみたいなモノを撮ってもらえたんです。だからすっごく気に入っています。

--今作には『Bitter Sweet』の別バージョンが収録されるそうですが、こちらはどんな内容になってるんでしょう?

傳田真央:『Bitter Sweet』の想いにすごく浸りたいんだけれども、寝る前に聴くには「ちょっとテンションが上がっちゃうぞ」という方のためにですね、枕元まで持っていって頂ける『Bitter Sweet』をご用意しました。だからビートの部分とかじゃなく、本当に歌を楽しんでもらえるバージョンになってるんですよね。『Bitter Sweet -Bedtime Version-』という名前も付いているので、ぜひ私を枕元まで連れていってください!

--そんな三者三様のニューシングル、どんな風にみんなのもとへ響いていってほしい?

傳田真央:私、今本当にパッションに溢れていて。たくさん作ってたくさん歌って、その分コーラスもたくさん入れちゃってるし。周りに止められるぐらい(笑)。なので傳田の母親譲りのパッションを今作から感じてもらえたら、みんなも元気になれるんじゃないかなって思ってます。

--では、最後になるんですが、今作『泣きたくなるけど』と共に始まる今年の夏は、どんな夏にしたい?

傳田真央:ライブの夏にしたい。もう今の時点で15本ぐらい決まっていて、地方にもたくさん行くので、まだ傳田真央の声を直接聴いて頂いていない人たちにもたくさん会いに来てほしいと思ってるし、実際に会えたら「私は今こんな恋愛してるんですけど!」って訴えてほしいなと(笑)。今年の夏はそうやってライブとかキャンペーンをたくさん行うので、またいろんな人たちに会って、いろんなことを感じさせてもらって、今後発表していく楽曲にも込めていきたいなと、今からワクワクしています。

傳田真央「泣きたくなるけど」

泣きたくなるけど

2009/07/01 RELEASE
UPCH-5598 ¥ 1,234(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.泣きたくなるけど
  2. 02.Lights and Shades
  3. 03.Bitter Sweet -Bedtime Version-

関連キーワード

TAG

関連商品

My Style
傳田真央「My Style」

2009/11/25

[CD]

¥1,234(税込)

泣きたくなるけど
傳田真央「泣きたくなるけど」

2009/07/01

[CD]

¥1,234(税込)

Bitter Sweet
傳田真央「Bitter Sweet」

2009/03/18

[CD]

¥1,234(税込)

君といたい feat.傳田真央
SPHERE 傳田真央「君といたい feat.傳田真央」

2009/01/14

[CD]

¥1,028(税込)

君といたい feat.傳田真央
SPHERE 傳田真央「君といたい feat.傳田真央」

2009/01/14

[CD]

¥1,543(税込)

COLORS OF LOVE
MAO/d「COLORS OF LOVE」

2007/12/05

[CD]

¥1,543(税込)

Love for Sale
傳田真央「Love for Sale」

2017/03/08

[CD]

¥2,800(税込)

セミダブル
傳田真央「セミダブル」

2013/02/13

[CD]

¥3,086(税込)

I AM
傳田真央「I AM」

2009/12/09

[CD]

¥2,880(税込)

I AM
傳田真央「I AM」

2009/12/09

[CD]

¥2,880(税込)

My Style
傳田真央「My Style」

2009/11/25

[CD]

¥1,234(税込)

泣きたくなるけど
傳田真央「泣きたくなるけど」

2009/07/01

[CD]

¥1,234(税込)

Bitter Sweet
傳田真央「Bitter Sweet」

2009/03/18

[CD]

¥1,234(税込)

君といたい feat.傳田真央
SPHERE 傳田真央「君といたい feat.傳田真央」

2009/01/14

[CD]

¥1,028(税込)

君といたい feat.傳田真央
SPHERE 傳田真央「君といたい feat.傳田真央」

2009/01/14

[CD]

¥1,543(税込)

COLORS OF LOVE
MAO/d「COLORS OF LOVE」

2007/12/05

[CD]

¥1,543(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【先ヨミ・デジタル】THE YELLOW MONKEY 19年ぶりアルバム『9999』が9,647DLで首位独走中 富士葵/乃木坂46が続く

  2. 2

    BTS (防弾少年団)、エド・シーラン参加の新曲を初パフォーマンス

  3. 3

    フレディー・マーキュリーのセクシャリティーや死に至るまでの秘話を告白、特番が6月に放送

  4. 4

    BTS (防弾少年団)、記者会見で最新ALのテーマ/芸能界スキャンダル/今後の展望を語る

  5. 5

    Perfume 【コーチェラ】1週目レポート到着、2週目は4/22午後4時より配信

HOT IMAGES

注目の画像