Billboard JAPAN


Special Contents

特集:ニッキー・ジャム~ラテン音楽界のスターが仕掛ける新しい音楽との出会い方

Nicky Jam

 ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」が米ビルボード・ソング・チャートで通算16週目の首位を獲得し、空前のラテン音楽ブームの中、ダディ・ヤンキーやドン・オマールと並ぶレゲトン界の人気アーティスト、ニッキー・ジャムとソニーが国際的なパートナーシップ契約を結ぶことを発表した。ソニーがいち早く目を付けたラテン・アーバン・ミュージックのパイオニアは、ソニーとどういった形で自身のサウンドを音楽ファンへ広げていくのだろうか。米ビルボードで掲載された記事を紹介しよう。

 ラテン音楽界のスター、ニッキー・ジャムがラテン・アーティストとしてはこれまでに前例のないマーケティング協業契約をソニーと1年間結んだことを発表した。ソニーの最先端のオーディオ技術を搭載した商品は、ニッキー・ジャムの音楽感や世界観をよりリアルに伝えることができ、音楽ファンを更に魅了することになるだろう。

 マーケティング協業の一部として、ソニーはニッキー・ジャムへのインタビューやライブ動画、更にドキュメントのようなものが含まれたコンテンツを撮影&映像化し、世界約100か国のソニーの商品ページと、1000万以上ものチャンネル登録数を誇るニッキー・ジャムのYouTubeチャンネルで配信するようだ。



▲Nicky Jam SRS-XB40


CD
▲『Fenix』

 最初に公開されたビデオは、ロンドンで撮影され、ニッキー自身が夢を追うことの重要性や音楽感について語っている。

 この1年を通して配信されるオリジナルのビデオに加えて、ニッキー・ジャムのニュー・アルバム『Fenix』から「El amante」と「Hasta el amancer」が、南北アメリカ大陸に所在する多くの小売店で聞かれることになる。なお、『Fenix』は、今年の米ビルボード・トップ・ラテン・アルバム・チャートで首位デビューを飾っている。



▲05. El Amante - Nicky Jam (Video Oficial) (Álbum Fénix)



▲22. Hasta el Amanecer - Nicky Jam | Video Oficial


 ソニーでビデオとオーディオ事業を担うソニービデオ&サウンドプロダクツ㈱ 企画ブランディング部門長の澤村宣亮氏は「今年の初めにニッキー・ジャム氏にお会いして、楽曲だけでなく彼の音楽に向き合う真摯な姿勢に心から惹かれました。今回コラボレーションの機会を持てたことを大変嬉しく思います。我々は常に、音楽を通して人々に感動を届けられるように、新たな取り組みにチャレンジしています。ニッキー・ジャム氏との活動を通して、最高の音楽体験を提供することで世界中にミュージックラバーがさらに増えることを願っています。」と述べている。

Text by Leila Cobo / 2017年8月14日 Billboard.com掲載



関連キーワード

TAG

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore