Billboard JAPAN


Special Contents

特集:小坂忠~ジャパニーズ・ポップス・シーンの至宝~ 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)コメント/ビデオ・メッセージ公開

top

 日本のソウル・ミュージックやゴスペル・ミュージックの元祖。といえば、小坂忠こそ間違いなくその道のパイオニアといっていいだろう。音楽人生を50年超えた今も、追随する者がいないほどの素晴らしい歌声を聴かせ、名盤『HORO』に代表される傑作群は世代を超えて愛聴されている。今年も早々にビルボードライブ公演を行うことが決定するなど、精力的に活動を続ける小坂忠の足取りを追ってみたい。

 また、次ページでは、今回ビルボードライブ東京の公演にゲストとして登場する中納良恵(EGO-WRAPPIN’)からのコメントも掲載。

ザ・フローラルのメンバーからソロ・デビューへの道のり

CD
▲『APRYL FOOL』

 小坂忠は1948年生まれ、埼玉県出身。GSグループのザ・フローラルのメンバーとして、1966年にデビューする。しかし、シングルを2枚リリースするも不発で、新たにミュージシャンを集めて新グループ、エイプリル・フールを結成。この時のメンバーには細野晴臣や松本隆がおり、その後はっぴいえんどに発展することは有名な話。エイプリル・フールは、ディスコなどで精力的にライヴを行うが、1969年にアルバムを発表するとすぐに解散。(『APRYL FOOL』のジャケット写真は当時20代であった荒木経雄が撮影した。)その後、小坂はロック・ミュージカル『ヘアー』に出演した。

 1971年に作曲家の村井邦彦らが立ち上げたマッシュルーム・レコードより、アルバム『ありがとう』でソロ・デビューを果たす。細野晴臣が全面的にバックアップし、ジェイムス・テイラーやキャロル・キングなどに影響を受けたシンガー・ソングライター然とした傑作に仕上がった。林立夫や松任谷正隆など、この時のレコーディング・メンバーを中心に結成されたフォー・ジョー・ハーフを率い、1972年にライヴ・アルバム『もっともっと』をリリース。翌1973年にはリズム&ブルースやゴスペルの要素も加えた『はずかしそうに』を発表し、徐々にその実力に磨きをかけた。


新境地を開いた『HORO』のリリース、ゴスペル・シンガーヘの転向

CD
▲『HORO』

 1975年には最高傑作との呼び声も高い『HORO』をリリース。細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆というティン・パン・アレーのメンバーが全面的にバックアップし、ソウルやファンクを取り入れて新境地を開いた。本作は70年代における日本のソウル・ミュージックの最高峰と評価され、今もなお多くのミュージシャンやDJに影響を与え続けている屈指の名盤である。

 その後も、『CHEW KOSAKA SINGS』(1976年)、『モーニング』(1977年)といったオリジナル・アルバムを発表していくが、愛娘の事故をきっかけにクリスチャンとなった小坂は、1978年に日本初のゴスペル専門レコード会社「ミクタムレコード」を設立。ゴスペル・シンガーヘと転向し、その後は教会の牧師になるなど、ポップ・ミュージックの一線から遠のいてしまった。


細野晴臣が全面プロデュースした24年ぶりのスタジオ作での完全復活

CD
▲『Connected』

 再び、小坂が最前線に現れるのは、20年以上も経った2000年のこと。ティン・パン・アレーの4人のうち3人が集まったTin Panの再結成にともなうアルバムとコンサートにゲスト参加。そして翌2001年にはなんと細野晴臣が全面プロデュース担当し、24年ぶりのオリジナル・アルバム『People』を発表。ゴスペルで培った変わらぬ歌唱力と、さらに円熟味を増した味わいを見せつけた。

 その後も牧師としての仕事の合間を縫ってコンサート活動を行い、デビュー40周年である2009年には佐橋佳幸のプロデュースによりアルバム『Connected』を発表。佐橋を中心に、小原礼、Dr.kyOn、高橋幸宏という豪華メンバーが集結したSOUL CONNECTION名義のバンドを従えてビルボードライブ・ツアーも行われ、DVDとしても発表された。また、翌2010年には『HORO』のマルチテープをもとに、ヴォーカルのみを差し替えた『HORO2010』をリリース。その後も、鈴木茂をゲストに迎えたゴスペル・アルバム『NOBODY KNOWS』(2013年)を発表するなど、ライヴも含めて音楽活動が目立つようになってきた。


世代を超えてリスペクトされるその歌声、渋みを増したパフォーマンス

 そして、2016年には初の洋楽カヴァー・アルバム『CHU KOSAKA COVERS』が届けられた。エディ・フロイドの「Knock On Wood」に始まり、スモーキー・ロビンソンの「You've Really Got A Hold On Me」、オーティス・レディングの「The Dock Of The Bay」、そしてビリー・プレストンの「You Are So Beautiful」にいたるまで、日本人離れしたヴォーカル・スタイルで圧倒的な歌唱力を見せ付けてくれた。デビューから50年経った今もまったく衰えを見せないその歌声は、とにかく驚異的としか思えない。




 振り返ってみると、小坂忠はとにかく幅広いジャンル渡り歩いてきたシンガーである。グループサウンズに始まり、サイケデリック・ロック、ブルース・ロック、フォーク、カントリー、リズム&ブルース、ソウル、ファンク、ゴスペル、etc。ここまで多彩なサウンドを違和感なく取り入れ、自身の血肉にしてきたアーティストはなかなかいないだろう。誰もが知るようなヒット曲もなければ、センセーショナルな演出をするわけでもない。しかし、世代を超えてリスペクトされるその歌声は、まさにジャパニーズ・ポップス・シーンの至宝だ。まもなく始まるビルボードライブ・ツアーでは、鈴木茂、小原礼、Dr.kyOn、屋敷豪太、小林香織といった強者たちがサポート。東京にはEGO-WRAPPIN'の中納良恵、大阪には尾崎亜美がそれぞれゲスト参加するという豪華なステージになる。その渋みを増したパフォーマンスによって、また新たな歴史が刻まれていくことだろう。


大阪/東京公演に向けてコメント公開

▼Message for Billobard Live OSAKA 2017


▼Message for Billboard Live TOKYO 2017

 

NEXT PAGE
  1. < Prev
  2. 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)コメント
  3. Next >

中納良恵コメント

top

昨年の忠さんに50周年の記念ライブに呼んでいただいて
今回二度目のお誘いをいただきました
とってもとても光栄なことであります
ありがとうございます
音楽に長ーーい情熱と愛情を持って取り組んでこられたその歌声は
太く深く荒々しくでかくそして優しい
忠さん自身がまるで大河のように
変わらず緩やかに流れててこられたのでしょうか
そんな水辺に人は集まり生の深いところを旅するのだと思います
今回もまた忠さんの水の中で心地よく泳ぐ魚のように
跳ねたり踊ったりできることを
とても楽しみにしています

みなさまと過ごせる素敵な時間を待ちに待って

中納良恵(EGO-WRAPPIN’)



◎リリース情報

ライブBlu-ray&DVD『ROUTE 20 HIT THE BUDOKAN ~live at 日本武道館~』
2017/3/15 RELEASE
<Blu-ray>
TFXQ-78142 6.400円(tax out.)
<DVD>
TFBQ-18186 5.400円(tax out.)

EGO-WRAPPIN' Officialサイト

 

小坂忠「CHU KOSAKA COVERS」

CHU KOSAKA COVERS

2016/09/05 RELEASE
CRCP-40477 ¥ 3,240(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.Knock On Wood
  2. 02.You’ve Really Got A Hold On Me
  3. 03.Your Cheatin’ Heart
  4. 04.(Sittin’ On) The Dock Of The Bay
  5. 05.Amazing Grace
  6. 06.You Send Me
  7. 07.Unforgettable
  8. 08.From Me To You
  9. 09.You Keep Me Hangin’ On
  10. 10.You Are So Beautiful

関連キーワード

TAG

関連商品

気まぐれ天使
小坂忠&ウルトラ「気まぐれ天使」

未定

[CD]

¥2,700(税込)

モーニング
小坂忠「モーニング」

未定

[CD]

¥2,700(税込)

Forever・・・・いつまでも
小坂忠&Asiah「Forever・・・・いつまでも」

2017/07/05

[CD]

¥2,700(税込)

黄金のうた
(V.A.) 小坂忠 ASIAH 岩渕まこと 久米小百合「黄金のうた」

2014/06/18

[CD]

¥2,484(税込)

NOBODY KNOWS
小坂忠「NOBODY KNOWS」

2013/12/13

[CD]

¥3,240(税込)

NOBODY KNOWS
小坂忠「NOBODY KNOWS」

2013/12/13

[CD]

¥3,240(税込)

小羊イエスよ
小坂忠「小羊イエスよ」

2013/03/13

[CD]

¥3,024(税込)

クリスマス・キャロル
小坂忠「クリスマス・キャロル」

2010/11/03

[CD]

¥2,880(税込)

クリスマス・キャロル
小坂忠「クリスマス・キャロル」

2010/11/03

[CD]

¥2,880(税込)

Chu’s Gospel
小坂忠「Chu’s Gospel」

2010/03/24

[CD]

¥4,104(税込)

Chu’s Gospel
小坂忠「Chu’s Gospel」

2010/03/24

[CD]

¥4,104(税込)

SOUL PARTY 2009
小坂忠&SOUL CONNECTION「SOUL PARTY 2009」

2010/03/24

[DVD]

¥4,937(税込)

HORO2010
小坂忠「HORO2010」

2010/03/24

[CD]

¥3,086(税込)

New Heart
(オムニバス) 小坂忠 Asiah 西海孝 西込加久見「New Heart」

2009/11/26

[CD]

¥3,086(税込)

モーニング
小坂忠「モーニング」

2009/04/25

[CD]

-

コネクテッド
小坂忠「コネクテッド」

2009/03/18

[CD]

¥3,240(税込)

コネクテッド
小坂忠「コネクテッド」

2009/03/18

[CD]

¥3,703(税込)

Chu’s Garden
小坂忠「Chu’s Garden」

2009/03/18

[CD]

¥22,628(税込)

出会いのコンサート ライブ盤
小坂忠「出会いのコンサート ライブ盤」

2008/10/22

[CD]

¥5,940(税込)

出会いのコンサート ライブ盤
小坂忠「出会いのコンサート ライブ盤」

2008/10/22

[CD]

¥5,940(税込)

エイプリル・フール
THE APRYL FOOL「エイプリル・フール」

2007/09/26

[CD]

¥2,417(税込)

massage
小坂忠「massage」

2006/03/21

[CD]

¥3,146(税込)

massage
小坂忠「massage」

2006/02/01

[CD]

¥3,146(税込)

ミラクル
小坂忠&Asiah「ミラクル」

2005/05/11

[CD]

¥3,086(税込)

き・み・は・す・ば・ら・し・い
小坂忠「き・み・は・す・ば・ら・し・い」

2005/03/25

[CD]

¥3,086(税込)

大人たちのオアシス 2
(オムニバス) 小坂忠 クールス・ロカビリー・クラブ 山根麻衣 かまやつひろし 門あさ美 憂歌団 長谷川きよし「大人たちのオアシス 2」

2003/11/21

[CD]

¥2,571(税込)

大人たちのオアシス 1
(オムニバス) 小坂忠 森山良子 山根麻衣 かまやつひろし 門あさ美 久保田麻琴 長谷川きよし「大人たちのオアシス 1」

2003/11/21

[CD]

¥2,571(税込)

気まぐれ天使
小坂忠&ウルトラ「気まぐれ天使」

2003/08/25

[CD]

¥3,024(税込)

モーニング
小坂忠「モーニング」

2003/08/25

[CD]

-

モーニング
小坂忠「モーニング」

2003/08/25

[CD]

-

ほうろう
小坂忠「ほうろう」

2001/11/21

[CD]

¥2,571(税込)

Early Days
小坂忠「Early Days」

2001/11/21

[CD]

¥2,571(税込)

People
小坂忠「People」

2001/11/07

[CD]

¥3,146(税込)

People
小坂忠「People」

2001/11/07

[スーパーオーディオCD]

¥3,456(税込)

夢を聞かせて
小坂忠「夢を聞かせて」

2001/10/11

[CD]

¥1,258(税込)

忘れ物はありませんね・・・
小坂忠「忘れ物はありませんね・・・」

2000/11/15

[CD]

¥2,571(税込)

気まぐれ天使
小坂忠&ウルトラ「気まぐれ天使」

1998/06/20

[CD]

¥3,024(税込)

モーニング
小坂忠「モーニング」

1998/06/20

[CD]

¥3,024(税込)

Peace3
小坂忠「Peace3」

1997/05/10

[CD]

¥3,132(税込)

APRYL FOOL
THE APRYL FOOL「APRYL FOOL」

1994/11/21

[CD]

¥1,572(税込)

気まぐれ天使
小坂忠&ウルトラ「気まぐれ天使」

未定

[CD]

¥2,700(税込)

モーニング
小坂忠「モーニング」

未定

[CD]

¥2,700(税込)

NOBODY KNOWS
小坂忠「NOBODY KNOWS」

2013/12/13

[CD]

¥3,240(税込)

NOBODY KNOWS
小坂忠「NOBODY KNOWS」

2013/12/13

[CD]

¥3,240(税込)

小羊イエスよ
小坂忠「小羊イエスよ」

2013/03/13

[CD]

¥3,024(税込)

クリスマス・キャロル
小坂忠「クリスマス・キャロル」

2010/11/03

[CD]

¥2,880(税込)

クリスマス・キャロル
小坂忠「クリスマス・キャロル」

2010/11/03

[CD]

¥2,880(税込)

Chu’s Gospel
小坂忠「Chu’s Gospel」

2010/03/24

[CD]

¥4,104(税込)

Chu’s Gospel
小坂忠「Chu’s Gospel」

2010/03/24

[CD]

¥4,104(税込)

SOUL PARTY 2009
小坂忠&SOUL CONNECTION「SOUL PARTY 2009」

2010/03/24

[DVD]

¥4,937(税込)

HORO2010
小坂忠「HORO2010」

2010/03/24

[CD]

¥3,086(税込)

New Heart
(オムニバス) 小坂忠 Asiah 西海孝 西込加久見「New Heart」

2009/11/26

[CD]

¥3,086(税込)

モーニング
小坂忠「モーニング」

2009/04/25

[CD]

-

コネクテッド
小坂忠「コネクテッド」

2009/03/18

[CD]

¥3,240(税込)

コネクテッド
小坂忠「コネクテッド」

2009/03/18

[CD]

¥3,703(税込)

Chu’s Garden
小坂忠「Chu’s Garden」

2009/03/18

[CD]

¥22,628(税込)

出会いのコンサート ライブ盤
小坂忠「出会いのコンサート ライブ盤」

2008/10/22

[CD]

¥5,940(税込)

massage
小坂忠「massage」

2006/03/21

[CD]

¥3,146(税込)

massage
小坂忠「massage」

2006/02/01

[CD]

¥3,146(税込)

ミラクル
小坂忠&Asiah「ミラクル」

2005/05/11

[CD]

¥3,086(税込)

き・み・は・す・ば・ら・し・い
小坂忠「き・み・は・す・ば・ら・し・い」

2005/03/25

[CD]

¥3,086(税込)

大人たちのオアシス 2
(オムニバス) 小坂忠 クールス・ロカビリー・クラブ 山根麻衣 かまやつひろし 門あさ美 憂歌団 長谷川きよし「大人たちのオアシス 2」

2003/11/21

[CD]

¥2,571(税込)

大人たちのオアシス 1
(オムニバス) 小坂忠 森山良子 山根麻衣 かまやつひろし 門あさ美 久保田麻琴 長谷川きよし「大人たちのオアシス 1」

2003/11/21

[CD]

¥2,571(税込)

気まぐれ天使
小坂忠&ウルトラ「気まぐれ天使」

2003/08/25

[CD]

¥3,024(税込)

モーニング
小坂忠「モーニング」

2003/08/25

[CD]

-

モーニング
小坂忠「モーニング」

2003/08/25

[CD]

-

ほうろう
小坂忠「ほうろう」

2001/11/21

[CD]

¥2,571(税込)

Early Days
小坂忠「Early Days」

2001/11/21

[CD]

¥2,571(税込)

People
小坂忠「People」

2001/11/07

[CD]

¥3,146(税込)

People
小坂忠「People」

2001/11/07

[スーパーオーディオCD]

¥3,456(税込)

夢を聞かせて
小坂忠「夢を聞かせて」

2001/10/11

[CD]

¥1,258(税込)

忘れ物はありませんね・・・
小坂忠「忘れ物はありませんね・・・」

2000/11/15

[CD]

¥2,571(税込)

気まぐれ天使
小坂忠&ウルトラ「気まぐれ天使」

1998/06/20

[CD]

¥3,024(税込)

Peace3
小坂忠「Peace3」

1997/05/10

[CD]

¥3,132(税込)

APRYL FOOL
THE APRYL FOOL「APRYL FOOL」

1994/11/21

[CD]

¥1,572(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【RSR2018】吉村秀樹の急逝から5年、bloodthirsty butchersトリビュート・セッションを開催、ラストは伝説の「7月」

  2. 2

    【RSR2018】「SPARKLE」から「ミライのテーマ」まで、山下達郎のレポート到着

  3. 3

    back number、新旧取り混ぜたセットリストで魅力凝縮の東京ドーム公演

  4. 4

    【ap bank fes '18】インタビュー&ライブ映像ダイジェストがWOWOWにて無料放送決定

  5. 5

    BTS (防弾少年団)、TWICE、Red Velvetら出演『2018 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS』AbemaTVにて日本独占生中継

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像