Billboard JAPAN


Special Contents

メーガン・トレイナーとスヌーピーが夢の共演 ~ 映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』オリジナル・サウンドトラック特集

オリジナル・サウンドトラックが11月25日発売


▲輸入盤アートワーク

 世界的人気キャラクター、スヌーピーが登場することでも知られるアメリカの傑作漫画「ピーナッツ(THE PEANUTS)」。その映画版『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』が12月14日に全国公開となる。そして、11月25日、映画の公開に先駆けてそのオリジナル・サウンドトラックが発売。

 ピーナッツ・ファンにはおなじみのヴィンス・ガラルディ・トリオの曲はもちろん、『アナと雪の女王』(2013年)や『ハングオーバー!』シリーズ(2009年~2013年)の仕事でも知られるクリストフ・ベックによる劇伴も収録された同サウンドトラック。その目玉として、今回主題歌を担当・収録しているのが、デビュー曲「オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言!」が記録的なヒットとなったアメリカの“ぽちゃカワ歌姫”ことメーガン・トレイナーだ。

All About That Bass

 今年4月にはラフォーレ原宿にて待望の初来日公演を果たし、その人気と、新人離れしたパフォーマンスを見せつけたメーガン。「オール・アバウト・ザット・ベース」は、オールディズ風のメロディとパワフルなベースラインに乗せて「カラダのサイズなんて気にしないないで、みんなそのままでカンペキだから!」と、自分にもっと自信を持つよう、世界中の女の子たちを応援する内容でヒットとなった。

 今回の新曲「ベター・ホエン・アイム・ダンシン」もまた“自分に自信をもつこと”がテーマとなっているとメーガンは語る。「わたしが“自信を持つこと”を歌にするのが得意だって思ってくれて、今回わたしにこの映画の曲を書いてほしいっていう依頼があったの。ステージに立って歌って踊っているとき、私は自信を感じることができるから、そのことを歌詞にしたのよ。」

 そんな思いの込められた曲でメーガンは、自身も大好きだと語るカリビアン音楽<ソカ>の陽気なリズムにのせて「音楽に身をまかせて一緒に踊ろうよ、踊れば気分上々!」と軽快に歌う。ダンスと言えば何を隠そうスヌーピー自身が何よりも大好きなものの一つ。タイトルの「ベター・ホエン・アイム・ダンシン」は楽天的で勇敢なスヌーピー自身の言葉のようでもある。

Better When I'm Dancin'

 そのMVはこんな内容。普段は日々の冴えない“モノクロ”の世界を生きている街頭の大人の男性や女性。そんな彼らのもとに、ある日メーガンが歌を届けにやってくる。その歌に誘われるように、“カラフル”だった子ども時代に思いを馳せる人々。そしていつしか彼らはメーガン、そしてピーナッツの仲間とともに踊り出す。そうすることで、いま現在の世界もまるであの頃のように“カラフル”なものに変わっていく~そんな歌とダンスの魔法が詰まった、一本のショートムービーのようなMVだ。スヌーピーやチャーリー・ブラウンをはじめとするピーナッツ・キャラと、メーガンが共演したキュートな仕上がりにも注目しよう。また、映画に登場するピーナッツ・キャラクターたちがダンスする可愛いリリック・ビデオも現在公開されている。

Better When I'm Dancin'(Lyric Video)

 さらに本国の映画本編のエンディングに起用された、こちらもメーガンの新曲「グッド・トゥ・ビー・アライヴ」も今回のサントラに収録。また、フロー・ライダーの「ザッツ・ホワット・アイ・ライク feat. フィッツ」も収録され、映画版ピーナッツの音楽を心底堪能できる内容に仕上がっている。映画の予習あるいは復習としてはもちろん、日常の生活にあの頃のカラフルで楽しかった気持ちを忘れてしまいそうな人にも、このクリスマス・シーズンぜひおすすめしたい一枚だ。

(キッズ) ヴィンス・ガラルディ・トリオ メーガン・トレイナー フロー・ライダー feat.フィッツ「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE オリジナル・サウンドトラック」

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE オリジナル・サウンドトラック

2015/11/25 RELEASE
SICP-4538 ¥ 2,592(税込)

詳細・購入はこちら

Disc01
  1. 01.ライナス&ルーシー
  2. 02.ベター・ホエン・アイム・ダンシン
  3. 03.グッド・トゥ・ビー・アライヴ
  4. 04.ザッツ・ホワット・アイ・ライク
  5. 05.スケーティング
  6. 06.クリスマス・タイム・イズ・ヒア
  7. 07.スノウ・デイ (スコア)
  8. 08.フィフィズ・テーマ (スコア)
  9. 09.チャーリー・ブラウン・イン・ラヴ (スコア)
  10. 10.ウィングウォーキング (スコア)
  11. 11.ザ・ライブラリー (スコア)
  12. 12.ジ・アセンブリー (スコア)
  13. 13.カース・ユー・レッド・バロン (スコア)
  14. 14.ウィンター・ビカムズ・スプリング (スコア)
  15. 15.ネヴァー・ギヴ・アップ (スコア)
  16. 16.カーニバル・パニック/ライナス&ルーシー (スコア)
  17. 17.ペンパル・パートナーズ (スコア)
  18. 18.グッド・オール・チャーリー・ブラウン (スコア)
  19. 19.スケーティング (スコア)
  20. 20.クリスマス・タイム・イズ・ヒア/クリスマス・イズ・カミング (メドレー) (スコア)
  21. 21.ライナス&ルーシー (スコア)
  22. 22.スヌーピング (スコア) (日本盤ボーナス・トラック)
  23. 23.ウィッシュ・アポン・ア・スター (スコア) (日本盤ボーナス・トラック)
  24. 24.リターン・トゥ・ザ・エアロドローム (スコア) (日本盤ボーナス・トラック)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【RSR2018】吉村秀樹の急逝から5年、bloodthirsty butchersトリビュート・セッションを開催、ラストは伝説の「7月」

  2. 2

    【RSR2018】「SPARKLE」から「ミライのテーマ」まで、山下達郎のレポート到着

  3. 3

    back number、新旧取り混ぜたセットリストで魅力凝縮の東京ドーム公演

  4. 4

    BTS (防弾少年団)、TWICE、Red Velvetら出演『2018 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS』AbemaTVにて日本独占生中継

  5. 5

    【ap bank fes '18】インタビュー&ライブ映像ダイジェストがWOWOWにて無料放送決定

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像