Billboard JAPAN


Special Contents

ビルボードジャパンの自問自答



ビルボードジャパン・チャート

 CDセールス、ダウンロード、ストリーミング、ラジオ再生、動画再生、ルックアップ(PCへのCD読み取り数)、ツイートを合算しているBillboard JAPAN HOT100。
 お問合せの中から、特に多いものをピックアップしてまとめました。それぞれのデータについては、こちらをご覧ください。
About Billboard Charts

写真

①サウンドスキャンのフィジカルセールスと他社の違いは何ですか。

 サウンドスキャンジャパンでは、パッケージ売上の85%強を占める小売店とEコマースサイトのPOSデータから「全国推定売上枚数」を算出します。ライブ会場での販売については、小売店によるPOSデータは集計していますが、マネジメント等による直接販売は同データが得られないため、推定対象にしていません。

記事を読む

②『チャートインサイト』でのセールス順位は何を使用していますか。

 「所有」と「接触」を組み合わせた総合チャートHot100では、7つの指標を使用しています。そのうち、ユーザーが有償で購入または聴取している指標、フィジカルセールス(パッケージ購入)・デジタルセールス(楽曲ごとのダウンロード)・ストリーミングにそれぞれ係数を乗じた指数を算出、「セールス」=「所有」として合算しました。

記事を読む

③音楽ストリーミングサービスでの再生回数はどのように集計していますか。

 現在、ビルボードジャパンでは国内の主要音楽聴き放題サービス(Apple Music、AWA、Google Play Music、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、レコチョク)の再生回数を集計しています。また、ラジオ型ストリーミングサービス(KDDIの『うたパス』など)を含むその他のサービスについては、シンクパワーが提供する歌詞表示サービス『プチリリ』がそのサービス上で歌詞を表示した回数をもとに、楽曲の再生回数を推定しています。
※上記の『プチリリ』とは歌詞表示サービスを指すものであり、同名の音楽プレイヤーアプリ上の音楽再生回数は集計しておりません。
「プチリリ」について

記事を読む

写真

①YouTubeでの動画再生回数はどのように集計していますか。

 日本レコード協会が発行および管理を行っている国際標準コード「ISRC」が付番されたレコーディング(オーディオレコーディングおよび音楽ビデオレコーディング)を使用した動画を集計対象としています。ビルボードジャパンでは、その国内週間再生回数を米国ニールセン経由で計測しています。権利者の許諾を受けていれば、レコーディングを使用したユーザー生成コンテンツ(UGC)も集計対象となります。
「ISRC」について

記事を読む

②YouTubeの再生回数では上位のはずの楽曲が入っていないのはなぜですか。

 YouTubeで表示されるのは全世界のユーザーによる累計再生回数です。ビルボードでは毎週月曜日から日曜日の国内再生回数を抽出、他指標と同じく約300位までの楽曲で合算し、個人様向け「インサイト」では100位までを表示しています。ランクインしていないのは、ウィークリーでの国内における再生回数が圏外であったか、ISRCを動画アップロード時に付番していないか、の理由が考えられます。私達は後者の理由の払拭を目指し、各社様にアップロード後にも付番することが出来る旨、チャート公開前よりご協力のお願いをしており、今後も引き続き呼びかけを続けていきます。

記事を読む

③再生回数をカウントするときのルールはありますか。

 再生回数はYouTube独自のアルゴリズムにより、適正に判断されたアクションのみ再生としてカウントしています。ISRCによるアプローチも含め、これらの集計プロセスはアメリカやカナダHot100のプロセスと同じです。

記事を読む

写真

①ツイートのカウント方法を教えて下さい。

 「アーティスト名」と「曲名」の両方をつぶやかれているツイートを計測しています。ハッシュタグの有無は影響しないので、ハッシュタグ付きのツイートも、ハッシュタグなしのツイートも全て計測しています。また、リツイートやリプライも集計の対象です。ツイート内で集計対象となるキーワード数に上限はありませんので、1つのツイート内に複数の「アーティスト名」および「曲名」が記載されている場合、すべて集計の対象となります。
ただし、下記ツイートは集計対象外です。
・国外アカウントによるツイート
・凍結アカウントによるツイート
・非公開アカウントによるツイート
・削除済みアカウントによるツイート

記事を読む

②国外アカウントによるツイートを国内アカウントがツイートした場合はどうなりますか。

 国内アカウントによるツイートとして集計対象となります。

記事を読む

③略称は集計されますか。

 複雑な名称も集計するため、略語や部分一致にも対応していますが、局所的に発生し た特有の名称に関しては、システムの想定から外れ、集計から漏れる可能性があります。

記事を読む

④ツイートやYouTubeには機械的な操作が可能だと思いますが不公平ではないですか。

 公表開始前からデータを蓄積していますが、機械的な数値操作は全体の割合としては大きいものでは有りません。むしろ、ユーザーによるリツイートやソーシャル拡散による閲覧数の増大のほうが数値としては大きいため、(今のところは)看過できると判断しています。

記事を読む

⑤ルックアップがよく分かりません。

 CDをPCでリッピングする際に大半のアプリケーションがアクセスする、楽曲やアーティスト名などを表示するためのデータベースが、「グレースノートメディアデータベース」です。そのアクセス数をシングル盤はHot100、アルバム盤はHot Albumsに合算しています。ユーザーのパッケージに対するアクションをフォローするデータとして、または日本特有のレンタル動向をフォローするデータとして有効であると考えて採用しましたが、1年間の実運用を経て、セールスよりも若年層をコアとしたアクティビティをフォローすることが分かってきました。「インサイト」では「セールス」カテゴリに入れることも検討しましたが、むしろアクティビティをフォローする新しい指標として、単独で見て頂きたいと考えました。

記事を読む

⑥TwitterやYouTubeは分かりますがラジオを合算する意図は何ですか。

 ラジオは音楽と親和性が高く、かつパーソナリティとリスナーとで1対1の関係を築くユニークなメディアです。ソーシャルメディアと比べても、楽曲をリスナーと「シェア」することが出来るメディアはラジオが今のところ一番です。ユーザーの動向によりレシオ自体は見直されますが、合算する理由としては十分です。

記事を読む

写真

 「市場」といえば、すぐ「売上」と考えがちですが、音楽が普通の商品と違うのは、メディアでの使用に代表される、副次的な「接触」が「所有」=「売上」を生み出すサイクルが確立されていることです。
 1958年から始まった米国Hot100は、ジュークボックスとラジオ、フィジカルセールスの総合チャートとしてスタートしました。つまり当初より「所有」と「接触」をバランスする総合チャートを企図しています。
 日本では遅れること50年、2008年からHot100が始まり、米国の経験やメソッドを参考にする一方で、独自の指標としてルックアップやTwitter、プチリリのデータを加え、日本ならではの総合チャートを作ってきました。「所有」と「接触」を組み合わせた総合チャートには、複数のデータを使用しているからこそ、リリース前の新曲やロングヒットの曲も混在して並びます。つまり共感性の高い「楽しいヒットチャート」が出来ると考えています。

記事を読む

写真

 「所有」と「接触」を組み合わせたヒットチャートは日本ではまだまだ馴染みが有りません。それらの複数のデータがどう関連して総合順位が決まるのか、もっと見て頂きたい、そこから「体験型ヒットチャート」というアイディアが生まれました。
 チャートページでは、各指標をソートしたり、期間を設定したり、グラフページでは、別の曲と比較したり、関連ニュースをまとめて読んだり、そのページをシェアすることも出来ます。この世界でも類のない解析サービスは、ヒットチャートをもっと楽しくする機能が満載です。アプリにしなかったのは、やっぱりチャートを作っている側として、どうしても真面目な発想しか出来なかったからです。今後APIを提供して、楽しいアプリが生まれることを願っています。

記事を読む

写真

 チャートが無かったらカオスだ、とは米国チャートディレクターの言葉ですが、ヒットチャートは新しい音楽との出会いを可能にします。好きなアーティストの楽曲の順位を確認するだけではなく、その他の楽曲を聞いてみて下さい。どんな曲にもヒットするには必ず理由が有ります。
 新しい音楽との出会いが世界を変える、そんな経験があなたを待っています。

記事を読む

関連キーワード

TAG

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    カミラ・カベロの曲を起用したSpotifyのCMが「怖すぎる」という理由でUKで放送禁止に

  2. 2

    米津玄師「Lemon」ダブルミリオン突破、フィジカル&デジタル合わせて記録的ロングヒット

  3. 3

    【ビルボード】DA PUMP「U.S.A.」がストリーミング16週目の首位獲得 Nissy「トリコ」が2位に浮上

  4. 4

    コンサートに行くと寿命が延びるという研究結果が発表

  5. 5

    ポール・マッカートニー、ザ・ビートルズのステレオタイプに言及「互いに影響しあっていた」

HOT IMAGES

注目の画像