Billboard JAPAN


 NOW PLAYING JAPAN vol.1



ロゴ



ロゴ

音楽をもっと、
みんなのモノへ

STARTERS MATCH
ノミネートアーティスト発表

 

今、この瞬間、誰かが、
新しいアーティストと出会った。

今、この瞬間、誰かが、
はじめて聴く曲に心動かされた。

今、この瞬間、誰かが、
音楽の感動を仲間に共有した。



音楽サブスクリプション
サービスの誕生により、

この国の音楽の聴かれ方が、
変わりつつある。



大切なことは、みんなの中にある
感動、想い、熱量…

それが、すべて。



これからの時代、
新しいヒットを生みだすのは、

他の誰でもない、
「みんな」なんだ。






プロジェクト 第一弾


NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1





2018年3月19日 
東京Zepp DiverCity








観覧受付はこちら






1次観覧受付:1/19(金)18:00~2/12(月)23:59まで

2次観覧受付:2/23(金)10:00~3/5(月)23:59まで



チケット:招待制

主 催: Billboard JAPAN、SPACE SHOWER TV

参加サブスクリプションサービス:
Apple Music、AWA、
Google Play Music 、KKBOX、

LINE MUSIC、レコチョクBest





ビルボードチャートを賑わせたアーティスト数組と、

本プロジェクトの事前展開で決定した
新人アーティストによるオムニバスイベント。

新人アーティストは複数のアーティストの中から、

サブスクリプション各社での期間中の
ストリーミング数により1組が選出。



NOW PLAYING JAPANは、

音楽配信サービスと音楽チャートと
音楽専門チャンネルが連携し、

日本における、新しい音楽のヒットや
潮流を作ろうとするプロジェクトです。



サブスクリプションサービスが
普及し始めている今、

次の音楽の新しいトレンドを作るのは、
誰でしょうか?

それは「リスナー」です。

だからこそ、このプロジェクトが
「場」や「環境」を提供することで、

若いリスナーたちが新しいトレンドを
生みだすサポートが出来たらと思います。



もう1度、いい音楽の評価を。

いちばん大切なのは、
「みんなの今」です。








音楽をもっと、
みんなのモノへ。












STARTERS MATCH

ノミネートアーティスト発表



大比良瑞希 . King Gnu .
サイダーガール .
sui sui duck . PAELLAS .
Miracle Vell Magic . Lick-G


期間中、参加ストリーミングサービスで再生数の最も多かったアーティスト1組が、3月19日開催の【NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.01】に出演!下記のストリーミングサービスを使って、好きなアーティストを応援しよう!




大比良瑞希

東京出身のシンガーソングライター、トラックメイカー。作曲家/チェリストの伊藤修平をプロデュースに迎え、2015年ミニアルバム「LIP NOISE」のリリースでソロ活動をスタート。2016年アルバム「TRUE ROMANCE」をリリース。2017年8月より3ヶ月連続シングルのデジタルリリースを発表。Bjorkのカバーが話題になる他、エレキギターの演奏スタイルや歌声、サウンドからは、Feistや Lianne LaHavas、ROOS JONKERと比較されることも。歌とギターのほか、企業CMへの楽曲提供や様々なアーティストのサポートワークでも注目を集めている。

King Gnu

東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。 SXSW2017出演後、米国7ヶ所を廻るツアーを敢行。帰国後の2017年4月、バンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。 待望の1st ALBUM「Tokyo Rendez-Vous」を10月25日にリリースし、2018年1月28日に渋谷WWWで開催される初のワンマンLIVEのチケットが即完売するなど、トーキョー・ニュー・ミクスチャースタイルと称されるサウンドで急激に注目を集めている。

サイダーガール

シュワシュワとはじける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっという間に消えてなくなってしまう儚さ。 そしてどんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指し、2014年5月、動画サイトを中心に活動していたYurin(Vo&Gt)、VOCALOIDを使用して音楽活動していた知(Gt)、フジムラ(B)で結成。2014年7月26日、下北沢CLUB251にて初ライブを敢行。チケットは即日完売した。そして初ライブからちょうど3年後の2017年7月26日にユニバーサルJよりメジャーデビュー。秋には初のフルアルバムとなる『SODA POP FANCLUB 1』をリリース。現在、全国ツアー“サイダーガールTOUR 2017-2018 サイダーのゆくえ -JUMP ON THE BANDWAGON-”を開催中。全国各地でSOLD OUTとなっている。

sui sui duck

2015年結成。見覚えあるあの黄色いアヒル。2016年4月からライブ活動をスタート。同年12月に自主制作EP「RUN」「WALK」をリリース。EAGLES とDaft Punk を敬愛するボーカル&コンポーザー渋谷を中心とした個性的なプレーヤーとアートディレクター(VJ) 高橋をメンバーに擁し、2017年7月「THINK」10月「FEEL」の2枚のEPを全国流通。渋谷の制作した楽曲からインスパイアされたアート・ファッション・ビデオなど、多様なクリエイティブを体現していく複合プロジェクト。

PAELLAS

MATTON(ボーカル)、Satoshi Anan(ギター)、bisshi(ベース)、Ryosuke Takahashi(ドラムス)の4人組。 MATTON、bisshiを中心に大阪で結成された前身バンドでの活動を経て2014年に上京し本格始動。 様々なジャンルの要素を独自のセンスで解釈し、都市の日常、心象風景にフィットするサウンドを生み出す。

Miracle Vell Magic

SNSの動画再生回数が1億回を突破!「レット・イット・ゴー」 を歌うYouTube動画は驚異の4000万再生超えを記録。ウォルト・ディズニーの創り出したエンターテイメントをリスペクトし、ディズニーカバーを独自の世界観で披露してきたVellが、満を持してディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー「ディセンダント2」の日本スペシャルサポーターに就任!脚本・歌・演技・編集まで、全てを自身でプロデュースし、多数コスメブランドやファッションブランドとコラボするなど、女子中高生の高い支持を集める新世代のガールズアイコン。

Lick-G

1999年生まれ、神奈川県逗子市在住の18歳。予想不能な角度から繰り出されるライミングや、時間軸がねじれるかのような猟奇的フロー、独自の世界観などに定評があり、作品を出すたびにシーン全体を騒がせつづけている。






参加ストリーミングサービスで

プレイリストをチェック!





  • Apple
  • AWA

  • Google

  • KK BOX

  • LINE
  • Recochoku