Billboard JAPAN


 NOW PLAYING JAPAN vol.1



ロゴ



ロゴ

音楽をもっと、
みんなのモノへ

ライブレポート公開

 
LIVE REPORT










 2018年3月19日(月)、東京・Zepp DiverCityにて【NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1】が開催された。本イベントはBillboard JAPAN、スペースシャワーTVと、定額制音楽配信サービスのApple Music、AWA、Google Play Music、KKBOX、LINE MUSIC、レコチョクBestが手を組み、新しい音楽のトレンドを生み出すプロジェクトの第一弾。KICK THE CAN CREW、THE ORAL CIGARETTES、BiSHは今聴かれているアーティスト“NOW PLAYING ARTIST”として、Miracle Vell Magicは“STARTERS ARTIST”として出演した。





 メインMCは、音楽好きで知られる俳優の千葉雄大が担当。初の音楽イベントの司会とあってか、所々緊張を隠せない様子であったが、持ち前の愛嬌を活かし、イベントに和やかな風を吹かせた。





 トップバッターは“楽器を持たないパンクバンド”BiSH。「ナウプレイングジャパーン!今日も一緒にアガってこーぜーーーー!」と、激烈なナンバー「GiANT KiLLERS」で幕開け、1曲目からBiSHもオーディエンスも全力投球と言わんばかりのパワーを見せ合った。真っ黒な衣装に身を包んだ6人の個性溢れるステージングと、毒々しさ全開のコール&レスポンスで、会場の熱は急上昇。「AM I FRENZY」「SMACK baby SMACK」と、ハードな楽曲が続いた後、彼女達の代表曲でもある「プロミスザスター」では、胸が締め付けられるようなエモーショナルなパフォーマンスで観客を魅了した。破竹の勢いで走り抜けたラストは、「BiSH –星が瞬く夜に-」で大団円。サビでの振付や、間奏でのヘッドバンキングで、会場は一体感に包まれた。MCでは「2018年、いろんな音楽のシーンに飛び込んで、ナウプレと一緒に成長していきたいと思います!」と語ったBiSHだが、2018年はどのような進化を遂げるのか、ますます目が離せなくなるようなステージであった。





 続いて登場したのは、ナウプレの新人応援企画「STARTERS MATCH」から選ばれた女性ソロシンガー・Miracle Vell Magic。4人の男性ダンサーを従えた「Ways to Be Wicked」では、普段の親しみやすいキャラクターからは想像ができないクールな表情を魅せた。その後ダンスタイムを挟み、今度は赤いトップスにピンクのスカートというガーリーな衣装に変身、ポップでキュートなナンバー「G-I-R-L」を披露。MCでは、今日のために自腹で購入したという靴をオーディエンスに見せびらかし、「こんな多くの方に自慢できて嬉しいです!」と、会場を笑いに誘った。「ディズニーが大好きで、ウォルトディズニーみたいなエンターテイメントを作りたい」と語ったベル。音楽を含めた様々なエンターテイメントを引っ張っていく、新世代のガールズアイコンとして、これからの活躍に期待したい。





 3番手は、今回唯一のバンド編成であるTHE ORAL CIGARETTES。1曲目「カンタンナコト」から持ち前のダークな世界観で、オーディエンスを一気に狂気の渦へと引きずり込んだ。その勢いまま「DIP-BAP」「CATCH ME」とキラーチューンを連発、Vo.山中が「好きに踊れよ!」と煽ると、フロアはまるでワンマンライブかと見間違えるほどの盛り上がりをみせる。「BLACK MEMORY」では、同曲が主題歌になった映画『亜人』に出演したメインMCの千葉に対して「千葉くーん!どうですかー!」と叫んだり、ラストのサビでは、山中がフロア中央に降り立ち、そこに向かって大量のダイバーが押しかけたりと、その光景はまさに混沌。しかし、そんな熱狂をも自分達の一部として飲み込んでしまう、THE ORAL CIGARETTESのモンスターバンドっぷりには感服せざるを得なかった。





 記念すべきナウプレライブvol.1のトリを飾るのは、KICK THE CAN CREW。オープニングナンバー「千%」のイントロが始まると歓声が沸き上がり、3人が登場した。それぞれがステージの端から端までを縦横無尽に走り回り、オーディエンスとアイコンタクトを取りながら、言葉の一つ一つを届けていく。活動休止期間はあれど、今回の出演者の中で一番のキャリアを誇る3人の絶妙なチームワークが心地良く、従来のファンのみならず、他のアーティストが目当てであろう観客も巻き込み、会場は暖かな空気に包まれた。言葉はいらないとばかりにノンストップで駆け抜けた30分、「俺らのこと応援しに来てくれてありがとうございました、KICK THE CAN CREWでした!」と、最後に「アンバランス」を披露し、大歓声の中ステージを後にした。
 異種格闘技のようなラインナップであった今回のナウプレライブだったが、ジャンルや世代を越えて支持されるアーティスト達、そして何よりオーディエンス一人一人の熱気によって、その場の音楽が“みんなのモノ”になったことを確かに感じた。この模様は、4月27日(金)21:30より、スペースシャワーTVにて特別番組として放送される予定となっているので、是非チェックしていただきたい。






































 
NOW PLAYING アーティスト






KICK THE CAN CREW

1997年、KREVA・LITTLE・MCUの3MC で結成されたヒップホップグループ。2001年シングル「スーパーオリジナル」でデビュー。「イツナロウバ」「クリスマス・イブRap」「マルシェ」「アンバランス」と数々のヒット曲を生み出し、2002 年には紅白歌合戦に出場。その活躍は“HIPHOP”を日本のメジャーシーンに定着させる大きな原動力となった。そんなKTCC はメジャー活動期間わずか3 年にして、2004 年6 月に人気絶好調の中、活動休止を発表。その後は個々のソロ活動を充実させるが、2017 年 KTCC 結成20 年という節目をきっかけに、14 年ぶりの新作「KICK!」発売&日本武道館にて「復活祭」を開催。12月には、全国ツアー「LIVE TOUR 2017“タコアゲ”」を大盛況にて終了させた。

THE ORAL CIGARETTES

2010年奈良にて結成。巧妙なバンドアレンジに光と闇が交差する歌が唯一の存在感を放つロックバンド。メンバーのキャラが映えるライブパフォーマンスを武器に全国の野外フェスに軒並み出演。リリースする作品は常に記録を更新し、3rd AL「UNOFFICIAL」はBillboard JAPANアルバムセールスチャート初登場2位を記録。2017年6月には初の日本武道館公演に12000人を集め成功を収める。そして、2018年2月には地元関西にて大阪城ホール公演を開催。BKW!!(番狂わせ)の精神でロックシーンに旋風を巻き起こしている。

BiSH

アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D からなる “楽器を持たないパンクバンド”。2017年7月22日に単独ワンマン公演として7000名を集客し、幕張メッセイベントホールをSOLD OUT、1月30日から行われる全国ツアー【BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR】は全国各地で軒並みSOLD OUT。メジャーセカンドアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』はiTunes総合アルバムチャートで3作連続1位を獲得する等、快進撃が止まらない。5月22日には横浜アリーナで単独ワンマン公演を行うことが決定している。























 
MC






千葉雄大

1989年3月生まれ、宮城県出身。2010年「天装戦隊ゴセイジャー」のゴセイレッド・アラタ役で本格的に役者デビューを果たす。2016年映画「殿、利息でござる!」に出演し、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。以後、映画「帝一の國」、NHK連続テレビ小説「わろてんか」、舞台「危険な関係」など話題作が相次ぎ、現在は日本テレビ1月期連続ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」に出演中。ますます活躍の場を広げている。



















 

今、この瞬間、誰かが、
新しいアーティストと出会った。

今、この瞬間、誰かが、
はじめて聴く曲に心動かされた。

今、この瞬間、誰かが、
音楽の感動を仲間に共有した。



音楽サブスクリプション
サービスの誕生により、

この国の音楽の聴かれ方が、
変わりつつある。



大切なことは、みんなの中にある
感動、想い、熱量…

それが、すべて。



これからの時代、
新しいヒットを生みだすのは、

他の誰でもない、
「みんな」なんだ。






プロジェクト 第一弾


NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1





2018年3月19日終了 
東京Zepp DiverCity








「NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1」がスペースシャワーTVにて4/27に放映!

初回放送日時:2018年4月27日(金)21:30~23:00

リピート放送日時:5月5日(土)21:00~、5月13日(日)21:00~

INFO:https://www.spaceshowertv.com/program/special/1804_npj.html







出演:<NOW PLAYING ARTIST>KICK THE CAN CREW / THE ORAL CIGARETTES / BiSH

<STARTERS ARTIST>Miracle Vell Magic

MC:千葉 雄大

チケット:招待制

主 催: Billboard JAPAN、SPACE SHOWER TV

協 賛:JBL、LIVE DAM STADIUM、株式会社ユーキャン、株式会社ECC、ファミリーマート

特別協力:uP!!!

参加サブスクリプションサービス:
Apple Music、AWA、
Google Play Music 、KKBOX、

LINE MUSIC、レコチョクBest



※当日16:00より出演アーティストグッズの先行販売を実施致します。

※Miracle Vell Magicのグッズ販売はございません。







ビルボードチャートを賑わせたアーティスト数組と、

本プロジェクトの事前展開で決定した
新人アーティストによるオムニバスイベント。

新人アーティストは複数のアーティストの中から、

サブスクリプション各社での期間中の
ストリーミング数により1組が選出。





NOW PLAYING JAPANは、

音楽配信サービスと音楽チャートと
音楽専門チャンネルが連携し、

日本における、新しい音楽のヒットや
潮流を作ろうとするプロジェクトです。



サブスクリプションサービスが
普及し始めている今、

次の音楽の新しいトレンドを作るのは、
誰でしょうか?

それは「リスナー」です。

だからこそ、このプロジェクトが
「場」や「環境」を提供することで、

若いリスナーたちが新しいトレンドを
生みだすサポートが出来たらと思います。



もう1度、いい音楽の評価を。

いちばん大切なのは、
「みんなの今」です。








音楽をもっと、
みんなのモノへ。












STARTERS ARTIST決定
Miracle Vell Magic


期間中、参加ストリーミングサービスで再生数の最も多かったMiracle Vell Magicが出演決定!



<STARTERS ARTIST 特典>

①「NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1」出演

②株式会社ユーキャンとのコラボWEBムービー制作

③スペースシャワーTV レギュラー番組「チュートリアルの徳ダネ福キタル」内ミニコーナーを1か月担当



Miracle Vell Magic

SNSの動画再生回数が1億回を突破!「レット・イット・ゴー」 を歌うYouTube動画は驚異の4000万再生超えを記録。ウォルト・ディズニーの創り出したエンターテイメントをリスペクトし、ディズニーカバーを独自の世界観で披露してきたVellが、満を持してディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー「ディセンダント2」の日本スペシャルサポーターに就任!脚本・歌・演技・編集まで、全てを自身でプロデュースし、多数コスメブランドやファッションブランドとコラボするなど、女子中高生の高い支持を集める新世代のガールズアイコン。






STARTERS MATCH

ノミネートアーティスト



大比良瑞希

東京出身のシンガーソングライター、トラックメイカー。作曲家/チェリストの伊藤修平をプロデュースに迎え、2015年ミニアルバム「LIP NOISE」のリリースでソロ活動をスタート。2016年アルバム「TRUE ROMANCE」をリリース。2017年8月より3ヶ月連続シングルのデジタルリリースを発表。Bjorkのカバーが話題になる他、エレキギターの演奏スタイルや歌声、サウンドからは、Feistや Lianne LaHavas、ROOS JONKERと比較されることも。歌とギターのほか、企業CMへの楽曲提供や様々なアーティストのサポートワークでも注目を集めている。

King Gnu

東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。 SXSW2017出演後、米国7ヶ所を廻るツアーを敢行。帰国後の2017年4月、バンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。 待望の1st ALBUM「Tokyo Rendez-Vous」を10月25日にリリースし、2018年1月28日に渋谷WWWで開催される初のワンマンLIVEのチケットが即完売するなど、トーキョー・ニュー・ミクスチャースタイルと称されるサウンドで急激に注目を集めている。

サイダーガール

シュワシュワとはじける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっという間に消えてなくなってしまう儚さ。 そしてどんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指し、2014年5月、動画サイトを中心に活動していたYurin(Vo&Gt)、VOCALOIDを使用して音楽活動していた知(Gt)、フジムラ(B)で結成。2014年7月26日、下北沢CLUB251にて初ライブを敢行。チケットは即日完売した。そして初ライブからちょうど3年後の2017年7月26日にユニバーサルJよりメジャーデビュー。秋には初のフルアルバムとなる『SODA POP FANCLUB 1』をリリース。現在、全国ツアー“サイダーガールTOUR 2017-2018 サイダーのゆくえ -JUMP ON THE BANDWAGON-”を開催中。全国各地でSOLD OUTとなっている。

sui sui duck

2015年結成。見覚えあるあの黄色いアヒル。2016年4月からライブ活動をスタート。同年12月に自主制作EP「RUN」「WALK」をリリース。EAGLES とDaft Punk を敬愛するボーカル&コンポーザー渋谷を中心とした個性的なプレーヤーとアートディレクター(VJ) 高橋をメンバーに擁し、2017年7月「THINK」10月「FEEL」の2枚のEPを全国流通。渋谷の制作した楽曲からインスパイアされたアート・ファッション・ビデオなど、多様なクリエイティブを体現していく複合プロジェクト。

PAELLAS

MATTON(ボーカル)、Satoshi Anan(ギター)、bisshi(ベース)、Ryosuke Takahashi(ドラムス)の4人組。 MATTON、bisshiを中心に大阪で結成された前身バンドでの活動を経て2014年に上京し本格始動。 様々なジャンルの要素を独自のセンスで解釈し、都市の日常、心象風景にフィットするサウンドを生み出す。

Lick-G

1999年生まれ、神奈川県逗子市在住の18歳。予想不能な角度から繰り出されるライミングや、時間軸がねじれるかのような猟奇的フロー、独自の世界観などに定評があり、作品を出すたびにシーン全体を騒がせつづけている。






参加ストリーミングサービスで

プレイリストをチェック!





  • Apple
  • AWA

  • Google

  • KK BOX

  • LINE
  • Recochoku