Billboard JAPAN


HotShotDiscs

UFO「サレンティーノ・カッツ」

サレンティーノ・カッツ

UFO               

TAG

2017/10/25 RELEASE

Track List
ブリティッシュ・ハードロックの至宝、UFOの新作は充実のカバーアルバム!

フィル・モグ(Vo)を中心とし、2004年にヴィニー・ムーアをギタリストに迎えて以降、定期的にスタジオ・アルバムをリリースしているUFOの最新スタジオ・アルバム。アンディ・パーカー(Dr)も2005年に復帰してから本作でも健在。安定感のあるラインナップ/プレイによるおよそ2年ぶりの最新作は、60~70年代を中心としたロックバンド/アーティストを取り上げたカバーアルバムとなっている。

 ドライブ感が往年のUFOそのものであるTHE YARDBIRDSの「HEARTFUL OF SOUL」にはじまり、その他、カバーしているのはTHE DOORS、STEPPENWOLF、JOHN COUGAR MELLENCAMP、MONTROSE、MOUNTAIN、BILL WITHERS、TOM PETTY COVE、ZZ TOP、THE ANIMALSなど。「Mississippi Queen」(MOUNTAIN)、「Ain't No Sunshine」(BILL WITHERS)あたりは割と有名な曲ながら、基本的には渋めの選曲が目立つ。そんなこだわりもさることながら、アレンジもしっかり練り上げられているのも特筆点。どれも現UFOサウンドに仕上げていることから原曲への敬意を見て取れる。

 “単なる企画盤”といった位置付けにあらず、現メンバーの呼吸がぴたり合っていることが各曲のアレンジやプレイに裏付けられた、渋いながら味わい深い作品だ。 (Manabu.H)

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore