Billboard JAPAN


Shoping

フォー・ユー

セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス「 フォー・ユー」

  • 定価:¥ 1,080(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:UICY-78442
  • 発売日:2017/07/12
  • 発売元:ユニバーサルミュージック インターナショナル
  • JAN:4988031231531
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 1,080(税込)
  • 加算ポイント:216pt
  • 在庫情報:在庫あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

レコチョクでダウンロード

セレーナ・ゴメス&ザ・シーン名義で発表した3枚のアルバムからのベスト楽曲を中心に、全米1位を獲得したソロ作『スターズ・ダンス』からの楽曲も収めるコンピレーション・アルバム。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.ハートは自分がほしいものを求める
02.カム&ゲット・イット
03.ラヴ・ユー・ライク・ア・ラヴ・ソング
04.テル・ミー・サムシング・アイ・ドント・ノウ
05.フー・セズ
06.マイ・ジレンマ2.0 (ニュー・ヴァージョン)
07.ラウンド・アンド・ラウンド
08.フォーゲット・フォーエヴァー (ステファン・リミックス) (ニュー・ヴァージョン)
09.スロー・ダウン
10.ア・イヤー・ウィズアウト・レイン (デイヴ・オーデ・ラジオ・リミックス)
11.ナチュラリー (デイヴ・オーデ・ラジオ・リミックス)
12.マース (モア-スパニッシュ・ヴァージョン) (ニュー・ヴァージョン)
13.ビディ・ビディ・ブン・ブン
14.フォーリング・ダウン
15.ドゥ・イット
フォー・ユー
セレーナ・ゴメス「フォー・ユー」
2017/07/12
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
スターズ・ダンス
セレーナ・ゴメス「スターズ・ダンス」
2017/07/12
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
リバイバル -初来日公演記念盤
セレーナ・ゴメス「リバイバル -初来日公演記念盤」
2016/07/08
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
リバイバル
セレーナ・ゴメス「リバイバル」
2015/10/16
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ
リバイバル -デラックス・エディション-
セレーナ・ゴメス「リバイバル -デラックス・エディション-」
2015/10/16
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
スターズ・ダンス
セレーナ・ゴメス「スターズ・ダンス」
2015/10/09
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
FM COCOLO『J-POP レジェンドフォーラム』9月は桑田佳祐『がらくた』特集! 片山敦夫と斎藤誠をゲストに迎えた番組トークvol.1を公開
キーボードの片山敦夫と、ギターの斎藤誠が『がらくた』の中から好きな曲をピックアップし制作秘話などを語る―。
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
トレヴァー・ホーン『ザ・リフレクション』インタビュー~世界的プロデューサーが語る初のアニメ・サントラ制作
曲作りやプロデュースのときでも、脳裏に浮かぶ映像がヒントになる
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
【Live Music Hackasong 参加企業インタビュー】
ワン・トゥー・テン・ホールディングス
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
中村雅俊 『どこへ時が流れても/まだ僕にできることがあるだろう』インタビュー
「今この瞬間をどう生きるか」
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
楽園おんがく Vol.38:ヤギフミトモ インタビュー
「今までとは違った表現や歌詞の内容も違うメッセージの楽曲を作っていきたい」
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
全米ALチャート首位獲得!LCDサウンドシステム『アメリカン・ドリーム』発売記念特集
シーンへの本格的な復帰を果たした21世紀最高のロック・バンドの魅力に迫る
フェニックス 来日インタビュー
フェニックス 来日インタビュー
トマ&クリスチャンが語るライブ体験と尽きないチャレンジ精神。
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
新世代ジャズとテラス・マーティン ~来日直前インタビュー&プレイリスト
なぜいまテラス・マーティンに注目すべきなのか

Chartsmore