Billboard JAPAN


Shoping

ザ・オリジナル・ギター・ヒーロー

チャーリー・クリスチャン

チャーリー・クリスチャン「 ザ・オリジナル・ギター・ヒーロー」

  • 定価:¥ 1,080(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:SICP-5381
  • 発売日:2017/04/12
  • 発売元:(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
  • JAN:4547366296723
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 1,080(税込)
  • 加算ポイント:216pt
  • 在庫情報:僅少あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

レコチョクでダウンロード

エレクトリック・ギターの登場は、楽団の中におけるギターの役割を、リズム主体の楽器からリードを取る楽器へと大きく変えてしまった。その大転換期に最大の功績を残したギタリストがチャーリー・クリスチャン。本盤はクリスチャンの名を一躍広めたベニー・グッドマン・セクステットでの演奏を主に、ギターの歴史を変え、ジャズ・ギターの行く道を切り開いた名演を厳選して収録。ギターがスウィングし、ブルージーに迫る。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.セヴン・カム・イレヴン (MONO)
02.ホーリー・キャッツ (MONO)
03.グッド・イナフ・トゥ・キープ (1st別テイク) (MONO)
04.フライング・ホーム (別テイク) (MONO)
05.ボーイ・ミーツ・ゴーイ(グランド・スラム) (MONO)
06.ベニーズ・ビューグル (MONO)
07.ゴーン・ウィズ・ホワット・ウィンド (別テイク) (MONO)
08.ブレックファースト・フュード (2nd別ヴァージョン) (MONO)
09.アズ・ロング・アズ・アイ・リヴ (MONO) (Bonus Track for Japan)
10.ロイヤル・ガーデン・ブルース (MONO) (Bonus Track for Japan)
11.ローズ・ルーム (MONO) (Bonus Track for Japan)
12.シックス・アピール(マイ・ダディ・ロックス・ミー) (MONO) (Bonus Track for Japan)
13.ティル・トム・スペシャル (MONO) (Bonus Track for Japan)
14.アイ・ファウンド・ア・ニュー・ベイビー (MONO) (Bonus Track for Japan)
15.ウェイティン・フォー・ベニー(ア・スムース・ワン) (MONO) (Bonus Track for Japan)
16.ブルース・イン・B (MONO) (Bonus Track for Japan)
17.ソロ・フライト (MONO) (Bonus Track for Japan)

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore