Billboard JAPAN


Shoping

シング オリジナル・サウンドトラック

(アニメーション)

(アニメーション)「 シング オリジナル・サウンドトラック」

  • 定価:¥ 2,700(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:UICU-1284
  • 発売日:2017/03/15
  • 発売元:ユニバーサルミュージック インターナショナル
  • JAN:4988031205068
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 2,700(税込)
  • 加算ポイント:540pt
  • 在庫情報:在庫あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

レコチョクでダウンロード

大ヒット映画『ミニオンズ』を手掛けたユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントのタッグが贈るアニメーション映画『SING/シング』のオリジナル・サウンドトラック。本作は、マシュー・マコノヒー、 リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、ス カーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーといった豪華スターが夢の共演を果たし、歌声を披露することで世界中から注目を集めている超話題作!エンディング・テーマはなんとスティービー・ワンダーfeat.アリアナ・グランデが担当! (C)RS

Tracklist
Disc01
01.フェイス feat.アリアナ・グランデ
02.愛しておくれ (MONO)
03.ザ・ウェイ・アイ・フィール・インサイド
04.レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス
05.アイ・ドント・ワナ
06.ヴィーナス
07.オーディションズ
08.アラウンド・ザ・ワールド-ルンバ (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
09.バンボレオ
10.ザ・ウィンド (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
11.ハレルヤ
12.アンダー・プレッシャー
13.シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!
14.アイム・スティル・スタンディング
15.セット・イット・オール・フリー
16.マイ・ウェイ
17.ドント・ユー・ウォーリー・アバウト・ア・シング
18.ゴールデン・スランバー/キャリー・ザット・ウェイト
19.アウト・トゥ・ランチ (エンド・タイトル) (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
20.リッスン・トゥ・ザ・ミュージック (スパニッシュ/イングリッシュ・ヴァージョン) (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
21.ハレルヤ (デュエット・ヴァージョン) (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
22.ドント・ユー・ウォーリー・アバウト・ア・シング (アコースティック・ヴァージョン) (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
23.オー・マイ・ゴッシュ (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
24.セット・イット・オール・フリー (日本盤ボーナス・トラック)
25.アイム・スティル・スタンディング (日本盤ボーナス・トラック)
26.マイ・ウェイ (日本盤ボーナス・トラック)

Special Contentsmore

シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
AKB48 50thシングル「11月のアンクレット」インタビュー
渡辺麻友のラストシングル『11月のアンクレット』。渡辺麻友、柏木由紀、向井地美音、小栗有以がその想いを語る。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore