Billboard JAPAN


Shoping

さくらクラシック

(クラシック)

(クラシック)「 さくらクラシック」

  • 定価:¥ 2,160(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:UCCS-1212
  • 発売日:2017/02/15
  • 発売元:ユニバーサルミュージック クラシック
  • JAN:4988031205044
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 2,160(税込)
  • 加算ポイント:432pt
  • 在庫情報:在庫あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

レコチョクでダウンロード

日本人にとって“国花”とも言える“桜”。出会いと別れを象徴する花とも言える“桜”。日本人の心を明るく、そして時には切なくさせる“桜”。今作は、桜をイメージさせるクラシック楽曲から桜にまつわる想い出と一緒に聞きたい名曲までを収録した作品。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.カノン
02.愛の夢 第3番
03.やさしい花
04.さくら変奏曲
05.愛の挨拶
06.春の声 作品410
07.愛の喜び
08.美しきロスマリン
09.バレエ≪くるみ割り人形≫作品71~第13曲:花のワルツ
10.ヴァイオリン協奏曲集≪四季≫~第1番<春>:第1楽章
11.歌劇≪セルセ≫~オンブラ・マイ・フ(なつかしい木陰よ)
12.主よ、人の望みの喜びよ
13.セレナード 第13番 ト長調 K.525 ≪アイネ・クライネ・ナハトムジーク≫~第1楽章:Allegro
14.歌劇≪ラクメ≫~花の二重唱
15.美しい夕暮れ
不滅のショパン名曲集
(クラシック) ブルーノ・リグット アルトゥール・モレイラ=リマ ニキタ・マガロフ 田部京子 近藤嘉宏 コンスタンチン・リフシッツ 広瀬悦子「不滅のショパン名曲集」
2017/12/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
永遠のモーツァルト名曲集
(クラシック) エマニュエル・クリヴィヌ シンフォニア・ヴァルソヴィア ズデニェク・ティルシャル プラハ室内管弦楽団 ゲーザ・アンダ ウィーン交響楽団 ヘルベルト・ブロムシュテット「永遠のモーツァルト名曲集」
2017/12/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
究極のクラシック名曲集
(クラシック) ロヴロ・フォン・マタチッチ NHK交響楽団 オトマール・スウィトナー ベルリン・シュターツカペレ ルドルフ・バウムガルトナー ルツェルン弦楽合奏団 イタリア合奏団「究極のクラシック名曲集」
2017/12/06
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore