Billboard JAPAN


Shoping

ナイン・トラック・マインド(ジャパン・スペシャル・エディション)

チャーリー・プース

チャーリー・プース「 ナイン・トラック・マインド(ジャパン・スペシャル・エディション)」

  • 定価:¥ 2,376(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:WPCR-17446
  • 発売日:2016/08/03
  • 発売元:(株)ワーナーミュージック・ジャパン
  • JAN:4943674242825
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 2,376(税込)
  • 加算ポイント:475pt
  • 在庫情報:在庫あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

レコチョクでダウンロード

超大型新人として音楽界にセンセーションを巻き起こした“新世代ポップ・スター”チャーリー・プースのデビュー作であり大ヒット・アルバムの大ボリューム・スペシャル・エディション!ウィズ・カリファと共演した「シー・ユー・アゲイン」、そして「マーヴィン・ゲイ」「ワン・コール・アウェイ」と次々に大ヒットを記録したチャーリー・プース大ヒット・アルバム『ナイン・トラック・マインド』に、「ワン・コール・アウェイ」(アコースティック・ヴァージョン)や、未公開ライヴ・トラック2曲を追加した日本企画のスペシャル・エディション! (C)RS

Tracklist
Disc01
01.ワン・コール・アウェイ 試聴する
02.デンジャラスリー 試聴する
03.マーヴィン・ゲイ (feat.メーガン・トレイナー) 試聴する
04.ルージング・マイ・マインド 試聴する
05.ウィ・ドント・トーク・エニモア (feat.セレーナ・ゴメス) 試聴する
06.マイ・ゴスペル 試聴する
07.アップ・オール・ナイト 試聴する
08.レフト・ライト・レフト 試聴する
09.そして君がいてくれた 試聴する
10.サファー 試聴する
11.アズ・ユー・アー (feat.シャイ・カーター) 試聴する
12.サム・タイプ・オブ・ラヴ 試聴する
13.シー・ユー・アゲイン (feat.チャーリー・プース) 試聴する
14.マーヴィン・ゲイ (feat.ワーレイ) [リミックス] (ボーナス・トラック) 試聴する
15.マーヴィン・ゲイ (feat.メーガン・トレイナー) [ボエム・リミックス] (ボーナス・トラック) 試聴する
16.ワン・コール・アウェイ (feat.タイガ) [リミックス] (ボーナス・トラック) 試聴する
17.ワン・コール・アウェイ [KLYMVX・リミックス] (ボーナス・トラック) 試聴する
18.ワン・コール・アウェイ [アコースティック] (ボーナス・トラック) 試聴する
19.マーヴィン・ゲイ [ライヴ] (ボーナス・トラック) 試聴する
20.サム・タイプ・オブ・ラヴ [ライヴ] (ボーナス・トラック) 試聴する

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore