Billboard JAPAN


Shoping

F.A.M.E.

クリス・ブラウン

クリス・ブラウン「 F.A.M.E.」

  • 定価:¥ 1,080(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:SICP-4680
  • 発売日:2015/12/23
  • 発売元:(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
  • JAN:4547366255102
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 1,080(税込)
  • 加算ポイント:216pt
  • 在庫情報:入荷不可

マイケル・ジャクソン・フォロワーの最有力候補として目されながら、ゴシップによってそのキャリアを危うくしていたクリス・ブラウンの起死回生となった通算4枚目のアルバム。ベニー・ベナッシを起用した「ビューティフル・ピープル」のようなエレクトロ・ハウス路線と共に、タイガらとのコラボ・ミックステープ発のヒット「デューセズ」など、リスナーを選ばず全方位に対応。キャリア初のグラミー賞“ベストR&Bアルバム”を獲得。2011年作品。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.デューセズ feat.タイガ&ケヴィン・マッコール
02.アップ・トゥ・ユー
03.ノー・ブルシット feat.ケヴィン・マッコール
04.ルック・アット・ミー・ナウ feat.リル・ウェイン&バスタ・ライムス
05.シー・エイント・ユー
06.セイ・イット・ウィズ・ミー
07.イェー!イェー!イェー!
08.ネクスト・トゥ・ユー feat.ジャスティン・ビーバー
09.オール・バック
10.ウェット・ザ・ベッド feat.リュダクリス
11.オー・マイ・ラヴ
12.シュッド・ハヴ・キスト・ユー
13.ビューティフル・ピープル feat.ベニー・ベナッシ
14.ボム feat.ウィズ・カリファ
15.ラヴ・ザ・ガールズ feat.ゲーム
16.ペーパー、シザーズ、ロック feat.ティンバランド&ビッグ・ショーン
17.ベッグ・フォー・イット
18.トーク・ヤ・イヤー・オフ
19.チャンピオン (ボーナス・トラック)
ハートブレイク・オン・ア・フル・ムーン
クリス・ブラウン「ハートブレイク・オン・ア・フル・ムーン」
2017/11/15
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
VIDEX 01
(V.A.) Chris Brown feat. Gucci Mane & Usher エド・シーラン Maroon 5 feat.Future フューチャー Madeintyo feat.Big Sean Ariana Grande feat.Future ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク「VIDEX 01」
2017/05/17
[DVD]
¥2,500(税込)
購入画面へ
フォーチュン
クリス・ブラウン「フォーチュン」
2015/12/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
グラフィティ
クリス・ブラウン「グラフィティ」
2015/12/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
F.A.M.E.
クリス・ブラウン「F.A.M.E.」
2015/12/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ロイヤルティ
クリス・ブラウン「ロイヤルティ」
2015/12/23
[CD]
¥2,376(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore