Billboard JAPAN


Shoping

ビクトリア:聖週間のレスポンソリウム集

ザ・シックスティーン

ザ・シックスティーン「 ビクトリア:聖週間のレスポンソリウム集」

  • 定価:¥ 1,512(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:WPCS-16215
  • 発売日:2015/11/18
  • 発売元:(株)ワーナーミュージック・ジャパン
  • JAN:4943674221844
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 1,512(税込)
  • 加算ポイント:302pt
  • 在庫情報:在庫あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

オリジナル楽器による演奏をリリースする“オリジナーレ”シリーズ第3弾。本作は、聖職者として“教会音楽”という限られた領域の中で、ビクトリアがスペイン特有の宗教的情熱の表現を具現化した「聖週間のレスポンソリウム」を、ザ・シックスティーンの見事な演奏で収録した記念碑とも言える録音。ハリー・クリストファーズ指揮による1990年録音。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.聖木曜日のレスポンソリウム わが友が 試聴する
02.聖木曜日のレスポンソリウム 恥知らずの商人ユダは 試聴する
03.聖木曜日のレスポンソリウム わが弟子のひとり 試聴する
04.聖木曜日のレスポンソリウム われは子羊のごとくありぬ 試聴する
05.聖木曜日のレスポンソリウム 一時間すらも 試聴する
06.聖木曜日のレスポンソリウム 町の長老たちは 試聴する
07.聖金曜日のレスポンソリウム あたかも盗人を追うがごとく 試聴する
08.聖金曜日のレスポンソリウム 暗闇とはなりぬ 試聴する
09.聖金曜日のレスポンソリウム わが愛する魂をば 試聴する
10.聖金曜日のレスポンソリウム われは不敬なる者らの手に渡され 試聴する
11.聖金曜日のレスポンソリウム 不敬の者はイエズスを 試聴する
12.聖金曜日のレスポンソリウム わが眼は曇り果てたり 試聴する
13.聖土曜日のレスポンソリウム われらが牧者は隠れ給いぬ 試聴する
14.聖土曜日のレスポンソリウム おお、汝らみな 試聴する
15.聖土曜日のレスポンソリウム 見よ、正しき者の最後を 試聴する
16.聖土曜日のレスポンソリウム 地上の王らは同盟を結び 試聴する
17.聖土曜日のレスポンソリウム われは墓へくだる者らのうちに 試聴する
18.聖土曜日のレスポンソリウム 主は埋められぬ 試聴する

Special Contentsmore

KAI TAKAHASHI(LUCKY TAPES)×KENTO(WONK) Billboard Live対談インタビュー
KAI TAKAHASHI(LUCKY TAPES)×KENTO(WONK) Billboard Live対談インタビュー
3月に初共演を果たす新世代2バンドのフロントマンが対談
映画『ラ・ラ・ランド』に出演、楽曲提供、エグゼクティブ・プロデューサーも務めるジョン・レジェンドの魅力に迫る
映画『ラ・ラ・ランド』に出演、楽曲提供、エグゼクティブ・プロデューサーも務めるジョン・レジェンドの魅力に迫る
音楽、映画、その他の幅広い領域で活躍するジョン・レジェンドとは
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
「BiSと言えば、プー・ルイとアヤだよね」って言われるようになりたい
チームしゃちほこ インタビュー
チームしゃちほこ インタビュー
“VICTORY YEAR”を振り返り
メンバーの卒業を経験し5人になって初めてリリースされる2ndアルバム『おわりとはじまり』について
デニス・エドワーズ来日記念!ザ・テンプテーションズ特集
デニス・エドワーズ来日記念!ザ・テンプテーションズ特集
受け継がれるハーモニー、代表曲「マイ・ガール」と不朽の名曲たち。
『プリンスとパープル・レイン 音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏 』刊行記念特集
『プリンスとパープル・レイン 音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏 』刊行記念特集
映画『パープル・レイン』の謎に迫ったドキュメンタリー本が発売。その概要と魅力をDU BOOKSが語ってもらった。
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
祖母の死から紡がれた新曲「愛を両手に」完成
生命や宇宙を表現してきた20年―――
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
どんなにネガティブな声や視線にも怯まず、
バンドシーン全体を唸らせる存在になるまで―――

Chartsmore