Billboard JAPAN


Shoping

モーニング娘。’15 コンサートツアー春~GRADATION~

モーニング娘。’15

モーニング娘。’15「 モーニング娘。’15 コンサートツアー春~GRADATION~」

  • 定価:¥ 5,400(税込)
  • 品種:Blu-ray Disc
  • 商品番号:EPXE-5070
  • 発売日:2015/09/02
  • 発売元:(株)アップフロントワークス
  • JAN:4942463521936
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 5,400(税込)
  • 加算ポイント:1,080pt
  • 在庫情報:在庫あり

ウィッシュリストウィッシュリストに入れる

レコチョクでダウンロード

2015年5月27日、東京・日本武道館にて行われた“モーニング娘。`15 コンサートツアー2015春~ GRADATION ~”の模様を収録。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.OPENING
02.青春小僧が泣いている
03.One・Two・Three (updated)
04.ブレインストーミング (updated)
05.VTR
06.夕暮れは雨上がり
07.時空を超え 宇宙を超え
08.MC
09.女子かしまし物語 ~モーニング娘。’15ver.~
10.浪漫 ~MY DEAR BOY~
11.MC
12.好きな先輩
13.3、2、1 BREAKIN’OUT!⇒I’m Lucky girl
14.なんちゃって恋愛
15.女と男のララバイゲーム
16.まじですかスカ!
17.MC
18.Memory 青春の光⇒サマーナイトタウン⇒SONGS⇒Help me !! (updated)⇒TIKI BUN 【メドレー】
19.MC
20.リゾナント ブルー
21.The 摩天楼ショー
22.愛の軍団
23.君の代わりは居やしない
24.Password is 0
25.MC
26.わがまま 気のまま 愛のジョーク
27.What is LOVE?
28.イマココカラ 【ENCORE】
29.MC 【ENCORE】
30.みかん 【ENCORE】
31.涙ッチ 【ENCORE】

Special Contentsmore

SPRING FRESHNESS~フレッシュな才能たちによる今春注目の来日公演をピックアップ
SPRING FRESHNESS~フレッシュな才能たちによる今春注目の来日公演をピックアップ
マイケル・キワヌーカ/デヴェンドラ・バンハート/L.A.サラーミ/ユセフ・カマール
小室哲哉『JOBS#1』インタビュー(Billboard JAPAN×RakutenMusic/楽天ブックス)
小室哲哉『JOBS#1』インタビュー(Billboard JAPAN×RakutenMusic/楽天ブックス)
小室哲哉、2017年春の音楽論。
モーニング娘。'17(小田さくら単独/加賀楓&横山玲奈)『BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー』インタビュー
モーニング娘。'17(小田さくら単独/加賀楓&横山玲奈)『BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー』インタビュー
小田さくら「その歴史を守らないで何がモーニング娘。だ!」加賀楓&横山玲奈「モーニング娘。を引っ張っていける存在に―――」
特集:小坂忠~ジャパニーズ・ポップス・シーンの至宝~ 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)コメントも公開
特集:小坂忠~ジャパニーズ・ポップス・シーンの至宝~ 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)コメントも公開
日本のソウル・ミュージック&ゴスペル・ミュージックの元祖の軌跡を振り返る。
japan(finds) vol.14:Stephen Bishop
japan(finds) vol.14:Stephen Bishop
スティーヴン・ビショップが選ぶ”日本人に聴かせたいお気に入りの作品”とは?
倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー
倖田來未『W FACE~inside~』『W FACE~outside~』インタビュー
「どっちの倖田來未が好きですか?」
NPG来日&プリンス楽曲ストリーミング解禁記念!思い出のプリンス・ソングをプレイバック
NPG来日&プリンス楽曲ストリーミング解禁記念!思い出のプリンス・ソングをプレイバック
西寺郷太/沼澤尚/内本順一/丸屋九兵衛 参加!
マイケル・キワヌーカ来日記念特集 ~英国を代表するシンガーソングライターへと成長した奇才とUK音楽の現在
マイケル・キワヌーカ来日記念特集 ~英国を代表するシンガーソングライターへと成長した奇才とUK音楽の現在
『Love & Hate』という“現代のサウンドトラック”

Chartsmore