Billboard JAPAN


Shoping

ブルー・ブレス 3

(オムニバス)

(オムニバス)「 ブルー・ブレス 3」

  • 定価:¥ 2,808(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:SICP-2065
  • 発売日:2008/11/12
  • 発売元:(株)ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • JAN:4547366041255
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 2,808(税込)
  • 加算ポイント:562pt
  • 在庫情報:入荷不可

レコチョクでダウンロード

“クールなジャズはここから始めよう…”を合言葉としたジャズ・コンピレーション・アルバムの第3弾。TVCM、映画で使用された楽曲、ポピュラー・シーンのヒット曲のJAZZYなカヴァー等、親しみやすい楽曲をタップリ収録した作品。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.美・サイレント ~Be Silent
02.カンタループ(フリップ・ファンタジア)
03.ピーター・ガン (MAX SEDGLEY REMIX)
04.ザ・グッド・ライフ
05.ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー
06.ワルツ・フォー・デビー
07.我が心のジョージア
08.バイ・バイ・ブラックバード (Mono)
09.バードランド
10.ハッピー・トーク
11.マイ・フェイヴァリット・シングス
12.Wings Of Love
13.A列車で行こう (Mono)
14.テイク・ファイヴ
サラ +2
サラ・ヴォーン バーニー・ケッセル ジョー・コンフォート「サラ +2」
2016/07/27
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
ザ・ディヴァイン・ワン
サラ・ヴォーン ハリー・スウィーツ・エディソン ジミー・ジョーンズ「ザ・ディヴァイン・ワン」
2016/07/27
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
EMPATHY + PIKE’S PEAK
ビル・エヴァンス「EMPATHY + PIKE’S PEAK」
2016/07/20
[CD]
¥1,980(税込)
購入画面へ
ザ・ベスト・イズ・イェット・トゥ・カム
トニー・ベネット ラルフ・シャロン バディ・モロウ楽団 ラリー・エルガート楽団「ザ・ベスト・イズ・イェット・トゥ・カム」
2016/07/20
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
トリオ’64
ビル・エヴァンス・トリオ ビル・エヴァンス ゲイリー・ピーコック ポール・モチアン「トリオ’64」
2016/06/29
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
トリオ’65
ビル・エヴァンス・トリオ ビル・エヴァンス チャック・イスラエル ラリー・バンカー「トリオ’65」
2016/06/29
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore