Billboard JAPAN


Shoping

ブラニフ・インターナショナル selected by ラスマス・フェイバー

(オムニバス)

(オムニバス)「 ブラニフ・インターナショナル selected by ラスマス・フェイバー」

  • 定価:¥ 2,880(税込)
  • 品種:CD
  • 商品番号:RBCS-2200
  • 発売日:2006/11/11
  • 発売元:(株)ランブリング・レコーズ
  • JAN:4545933122000
  • ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
  • 販売価格:¥ 2,880(税込)
  • 加算ポイント:576pt
  • 在庫情報:入荷不可

レコチョクでダウンロード

“伝説の航空会社『ブラニフ』が今もフライトしていたら、こんな楽曲が機内で流れている!”をコンセプトにセレクトしたダンス/ラウンジ・コンピレーション・アルバム。 (C)RS

Tracklist
Disc01
01.Ladies & Gentlemen (interlude) 試聴する
02.Do You Know 試聴する
03.Pure Surprise (Alex Senna Latin Bossa Mix) 試聴する
04.Pay Attention 試聴する
05.A Procura Da Batida Perfeita (Sao Benitez Bossa Mix) 試聴する
06.Can’t Do Without 試聴する
07.The Sun Will Shine 試聴する
08.Quem Vai Devolver Meu Dia 試聴する
09.Consolacao 試聴する
10.Sapporo 試聴する
11.Missing You 試聴する
12.Prism (Sun Orchestra Remix) 試聴する
13.Son Of Dragon 試聴する
14.Ever After (Samba Reprise) 試聴する
15.Come With Me (Cello Interlude) 試聴する
HOUSE THINGS vol.08
(オムニバス) 高宮永徹 ペヴン・エヴェレット アシュレイ・ビードル スターカー・スタジオ Kristin Berardi 2nd moon「HOUSE THINGS vol.08」
2006/07/19
[CD]
¥2,786(税込)
購入画面へ
So Far
ラスマス・フェイバー「So Far」
2006/05/24
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ボッサ・ア・ラ・モード・ドイス
(オムニバス) ラスマス・フェイバー シンシナティ ボブ・ズシ&バンダ・チャランガ High Time Charivari Alison Diaz ギータ「ボッサ・ア・ラ・モード・ドイス」
2005/04/06
[CD]
¥2,880(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore