Billboard JAPAN


Daily News

渋谷慶一郎/中村としまる/ピーター・ナイト/ジョー・タリアによるポスト・パフォーマンス・ライブが決定

  • 渋谷慶一郎「渋谷慶一郎/中村としまる/ピーター・ナイト/ジョー・タリアによるポスト・パフォーマンス・ライブが決定」1枚目/1

 渋谷慶一郎、中村としまる、ピーター・ナイト、ジョー・タリアによるポスト・パフォーマンス・ライブ【Quiet Storm for Four Musicians】が2月17日に開催されることが決定した。

 渋谷慶一郎は、2月2日からスタートする【横浜ダンスコレクション2018】で、バレエ・リュス『Parade』の新解釈を初上演。身体・音楽・映像の3つの媒体を幾重にも重ね、共鳴し合う『Parade for the End of the World』を上演する予定となっている。

 そして、2017年10月に発表した世界初のアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』の初演に参加したピーター・ナイトが渋谷との共演を熱望し、来日が決定。さらに、ピーター・ナイトの盟友でありジム・オルークバンドのドラマーでもあるジョー・タリアに、そして渋谷とは2006年の伝説の共演以来となる世界的な即興演奏家・中村としまるに共演を打診し、日本とオーストラリアの実験音楽シーンが衝突するスペシャルライブを『Parade for the End of the World』公演の直後に同ステージで実現する運びとなった。ダンス公演の10.2チャンネルのサウンドシステムはそのまま使用し、そのセットの中で行われるQuiet Storm(静寂の嵐)と題された、その共演は一夜限りのスペシャルライブとなる。

 なお、今年で23回目を迎える【横浜ダンスコレクション2018】は「SESSION / TRACE / HOME」をテーマに、2月2日から18日まで開催。渋谷慶一郎の『Parade for the End of the World』の他、大人になる曖昧な境界線と風化しない記憶を重ね合わせたNibroll『コーヒー』、他者と自分の身体の「共有」から生まれる表現を、身体に宿した、寺田みさこによる『三部作』などが開催される。


◎公演情報ポスト・パフォーマンス・ライブ『Quiet Storm for Four Musicians』
2018年2月17日(土)赤
OPEN18:45 START19:00
横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
出演:渋谷慶一郎 Shibuya Keiichiro(Piano / Electronics)
中村としまる Nakamura Toshimaru(No Input Mixing Board)
ピーター・ナイト Peter Knight(Trumpet / Electronics)
ジョー・タリア Joe Talia(Percussion / Electronics)
チケット:2,000円
※予約は、『Parade for the End of the World』の公演チケットを持っている人(どの公演日でも可)、または、TPAM2018登録者に限る

【横浜ダンスコレクション2018 SESSION / TRACE / HOME】
2018年2月2日(金)~18(日)
横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜にぎわい座 のげシャーレ、象の鼻テラス

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore