Billboard JAPAN


Daily News

豚乙女【ミスiD2018】ファイナリスト鈴木茜音出演の「トラウマレコーダー」MV公開

  • 豚乙女「豚乙女【ミスiD2018】ファイナリスト鈴木茜音出演の「トラウマレコーダー」MV公開」1枚目/4
  • 豚乙女「」2枚目/4
  • 豚乙女「」3枚目/4
  • 豚乙女「」4枚目/4

 11月18日にメジャー2ndミニアルバム『トラウマレコーダー』をリリースする異形のクリエイティブ集団 豚乙女。今作リード曲「トラウマレコーダー」のミュージックビデオを公開した。

 公開されたMV(https://youtu.be/SvTonecxnFU)は、ゲームセンターを舞台に、無気力に所在なく彷徨う女子高生が自身の内面と向きあいながら、次第に大切なものが何なのか気がついていくという内容となっている。主人公の女子高生役を、【ミスiD2018】ファイナリストで「日本一可愛い“普通”の女子高生」としてグラビアなどで活躍する鈴木茜音が好演している。

 また、撮影はタイトーステーションとのコラボで営業終了後の深夜から早朝までというハードな環境下で行われた。豚乙女のメンバーは動物? なので、みんな朝方生活らしく、特にメンバーのパプリカ(Piano)は気絶寸前の状態だったというエピソードも。

 なお、豚乙女は今作のリリースを記念して、11月12日 SHIBUYA CLUB QUATTROにて、レコ発ワンマンライブ【生々しい豚】を開催する。奇抜な見た目とは裏腹に、心に刺さり底知れないパワーを与えてくれる豚乙女の世界に、ぜひ一度触れてみていただきたい。


◎リリース情報
2ndミニアルバム『トラウマレコーダー』
2017/11/8 RELEASE
<(CD+DVD)>
AVCD-93761/B 2,000円(tax out.)
<CD>
AVCD-93762 1,500円(tax out.)
収録曲:
1.トラウマレコーダー
2.生きるのが下手なだけ
3.ズレズレな日々
4.不足歩行
5.よだれ
6.パノラマ
DVD収録内容:
トラウマレコーダー(MUSIC VIDEO)
特典映像(MVオフショット)
ショートショートムービー集

◎ライブ情報
レコ発ライブ【生々しい豚】
2017年11月12日(日)SHIBUYA CLUB QUATTRO
OPEN 16:30 / START 17:30
チケット:前売り4,000円 当日4,500円(ドリンク代別途500円必要)

トラウマレコーダー
豚乙女「トラウマレコーダー」
2017/11/08
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
トラウマレコーダー
豚乙女「トラウマレコーダー」
2017/11/08
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
フルボッコ
豚乙女「フルボッコ」
2017/03/15
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
フルボッコ
豚乙女「フルボッコ」
2017/03/15
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
空想活劇・参
(V.A.) 豚乙女×文倉十 あまね+ビートまりお×GODTAIL 六弦アリス×カラス 流歌×みとせのりこ×碧風羽 古川本舗×歌うキッチン×まりこ 感傷ベクトル×安倍吉俊 DECO*27×ef×水瀬マユ「空想活劇・参」
2012/01/25
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore