Billboard JAPAN


Daily News

河島英五のトリビュートコンサートを東大阪で開催決定

  • 河島英五「河島英五のトリビュートコンサートを東大阪で開催決定」1枚目/3
  • 河島英五「」2枚目/3
  • 河島英五「」3枚目/3

 10月27日、東大阪アリーナ(東大阪市立総合体育館)でFM OH!(FM OSAKA)と東大阪市が、東大阪市の市制施行50周年記念事業として【東大阪市市制施行50周年記念スペシャルコンサート~河島英五トリビュート~】の開催を発表した。そして次女のあなむ、ゲストとしてBOROの出演も決定している。

 このイベントは、モノづくり・ラグビーのまちとして知られる東大阪市は2017年、市制50周年を迎え、その記念すべき年を盛り上げるべく、【ひがしおおさか魅力フェスタ‘17】と題し、様々な催し物を行う。そのメインイベントとして、東大阪市が生んだ不世出のシンガーソングライター・河島英五のトリビュートライブを、彼の故郷である東大阪市の東大阪アリーナ(東大阪市立総合体育館)で開催する。

 「酒と泪と男と女」、「時代おくれ」、「野風増」、「生きてりゃいいさ」…東大阪市で感性を育み、生涯を通じて音楽活動をつづけた河島英五は、多くのファンに愛され、今もなおその名曲の数々は歌い継がれ、語り継がれている。その彼の故郷・東大阪の地で、自らシンガーソングライターとして活動し、これまでも父の心を受け継ぎ、トリビュートコンサートを開催してきた河島英五の次女・あなむ本人が、名曲の数々を披露予定。スペシャルゲストに、河島英五が生前に親交が深く、「大阪で生まれた女」などのヒット曲で知られる関西を代表するアーティスト・BOROが出演する。

【東大阪市市制施行50周年記念スペシャルコンサート~河島英五トリビュート~】
東大阪アリーナ(東大阪市立総合体育館)
2017年10月27日(金)
開演:19:00(予定)
出演:あなむ、スペシャルゲスト:BORO
※詳細は、決定次第、随時発表。

ゴールデン☆ベスト BORO アーリー・デイズ
BORO「ゴールデン☆ベスト BORO アーリー・デイズ」
2004/06/02
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
酒場ロック
(オムニバス) 河島英五 泉谷しげる RCサクセション 世良公則&ツイスト ARB もんた&ブラザーズ SHEENA & THE ROKKETS「酒場ロック」
2003/06/21
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
History ~天夢~
河島英五「History ~天夢~」
2003/04/23
[CD]
¥8,640(税込)
購入画面へ
旧友再会
河島英五とアナム&マキ「旧友再会」
2001/06/27
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
LAST LIVE~今日は本当にありがとう~
河島英五「LAST LIVE~今日は本当にありがとう~」
2001/06/27
[CD]
¥3,780(税込)
購入画面へ
河島英五
河島英五「河島英五」
1999/11/26
[CD]
¥2,037(税込)
購入画面へ
自選集
河島英五「自選集」
1993/10/21
[CD]
¥3,059(税込)
購入画面へ
大阪で生まれた女・18
BORO「大阪で生まれた女・18」
1992/12/21
[CD]
¥1,782(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore