Billboard JAPAN


Daily News

ピーボ・ブライソン/石井竜也らが東大寺に集結【ERATH×HEART LIVE 2017】ライブレポート OAは4/22に決定

 4月9日、奈良・東大寺にて【EARTH×HEART LIVE 2017 for Children 大仏開眼1265年慶讃】が開催され、ピーボ・ブライソン、石井竜也、大黒摩季、小柳ゆき、賈鵬芳、野沢雅子、有馬和歌子、Earth×Heart Symphonic Orchestraが出演し、会場の約4000人を熱狂させた。

 このイベントは、FM OH!(FM OSAKA)、TOKYO FM、JFN全国38局のFMステーションが毎年4月に開催。1990年、地球環境問題がまだ顕在化する前に世界の若者に呼びかけてスタートした【アースデーコンサート】から続き、2011年3月11日、東日本大震災の発生を受け、環境問題に加え、かけがえのない地球と、地球に生きる生命(いのち)、そして人々の絆を謳うコンサートとして、27回の歴史を刻んできた。

 近年のグローバル化により、様々な社会問題が表面化し、"未来の宝である子供たち"も様々な問題を抱えています。この世界を次世代の子供たちに引き継いでいく中で、大人たちがその責任を担う活動は、"子供たちを支える家族の想い、生命の尊さを人類が共に考えなければならない"という大きなテーマに基づいており、2017年は、このメッセージを集約する【EARTH×HEART LIVE 2017 for Children 大仏開眼1265年慶讃】と題し、関西で初めての開催が決まった。

 今回のライブ会場となる東大寺を建立した聖武天皇は、"人々が思いやりの心でつながり、こども達の命が次世代に輝くこと"を、"動物や植物も共に栄えること"も含めて願い、大仏の造立の詔を発し、"大仏開眼供養会"が行われた日(752年)である4月9日の実施となる。

 イベント当日、桜満開の東大寺は静寂な空気が漂っていた。アニメ声優でも知られる野沢雅子が登壇し、「東大寺の歴史・大仏開眼1265年について」を朗読したののち、Earth×Heart Symphonic Orchestraと賈鵬芳による「三国志組曲第二番第二楽章 飛翔の英雄論 曹操と玄徳」。有馬和歌子の舞踊から、約50名によるEARTH×HEARTこども合唱団、極めつけは賈鵬芳の「Statement」でオープニングセッションが飾られた。

 小柳ゆきが登場すると、月が輝く夜空のもと、「月見る想い」で美しい歌声が会場いっぱいに響き渡る。そして「これからも大切にしていきたい曲です」と「あなたのキスを数えましょう」を披露した。真っ白な衣装で登場したのは大黒摩季。「チョット」でガラッと空気を変えたかと思えば、Earth×Heart Symphonic Orchestraマエストロとの出会いの曲「瞬く星のように」。「Love&Peaceしてますか?」と何度も掲げ、ちょっとしたハプニングもありつつも「ら・ら・ら」で会場を一つにしてくれた。そのまま石井竜也が紹介され「浪漫飛行」で会場のボルテージも急上昇。「奈良大好きー!」とハイテンションな石井に思わず歓声を上がる。「"たくましく生きていくこと"を、子供たちに教えられたら、今、大人が一番できることなんじゃないかな」とこのイベントのテーマについて熱く語ってくれ、「遠い出来事」、「緑の窓」とそんな想いが込められた二曲を披露してくれた。

 イベントも終盤に差し掛かり、いよいよピーボ・ブライソンの登場。さっそく「I'm with You」では今も変わらぬ甘い歌声に会場を一気に惹きつけ、小柳とのデュエットではディズニー映画『美女と野獣』の主題歌「Beauty And The Beast」の二人の息はぴったりで、ふっと涙がこぼれそうになる。大黒とは『アラジン』の主題歌「A Whole New World」で、なんと二人は子供たちをステージへ導き、素敵なサプライズを見せてくれた。ピーボとのコラボレーション、ラストは石井と「Walking」で締めくくった。

 エンディングにはオールキャストが登壇し、ベートーヴェンの9番目の交響曲 第4楽章『喜びの歌』を、この日のために新しくアレンジした「Joyful by Beethoven」で、二度と見れないだろうメンバーで見事な歌声が会場に響き渡り、スタンディングオベーションにて終幕した。

 またこのイベントの模様は、4月22日 JFN38局で特別番組で放送が決定している。さらにTuneIn他を通じ、全世界に向けてオンエア。BS-TBSでの事後特番も実施予定。

Official Photo(EARTH×HEART LIVE 2017)

◎イベント情報
【EARTH×HEART LIVE 2017 for Children 大仏開眼1265年慶讃】
2017年4月9日(日)<終了>
奈良・東大寺 (〒630-8587 奈良県奈良市雑司町406-1)
出演者:ピーボ・ブライソン/石井竜也/大黒摩季/小柳ゆき/賈鵬芳(二胡)/野沢雅子(声優)/有馬和歌子/Earth×Heart Symphonic Orchestra、EARTH×HEART東大寺こども合唱団
主催:FM OH!(FM OSAKA)、TOKYO FM、JAPAN FM NETWORK、全国FM放送協議会EARTH×HEART LIVE 2017事務局
企画制作:FM OH!(FM OSAKA)、イベントデック、株式会社クオラス
協賛:アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン株式会社、アルフレッサ株式会社
後援:BS-TBS、FM三重、e-radio、Kiss FM KOBE、三重テレビ放送、奈良テレビ放送、KBS京都、びわ湖放送
特別協力:東大寺

◎番組情報
JFN38局での特別番組 
4月22日(土)19時~21時放送予定
TuneIn他を通じ、全世界に向けてオンエア

BS-TBS
5月20日(土)13:00~14:00 

BLACK DIAMOND
石井竜也「BLACK DIAMOND」
2016/08/31
[CD]
¥9,800(税込)
購入画面へ
クワイエット・ストーム
ピーボ・ブライソン「クワイエット・ストーム」
2016/06/22
[CD]
¥1,998(税込)
購入画面へ
ポジティヴ
ピーボ・ブライソン「ポジティヴ」
2016/06/22
[CD]
¥1,998(税込)
購入画面へ
STONE
石井竜也「STONE」
2015/09/02
[CD]
¥5,000(税込)
購入画面へ
STONE
石井竜也「STONE」
2015/09/02
[CD]
¥12,000(税込)
購入画面へ
飛~JUMP~翔
石井竜也「飛~JUMP~翔」
2015/08/05
[CD]
¥1,500(税込)
購入画面へ
ひまわり
小柳ゆき「ひまわり」
2013/07/31
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
ライヴ&モア
ロバータ・フラック&ピーボ・ブライソン「ライヴ&モア」
2013/07/31
[CD]
¥3,292(税込)
購入画面へ
ジェットコースター
小柳ゆき「ジェットコースター」
2013/04/24
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
PENDULUM
石井竜也「PENDULUM」
2008/03/26
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
PENDULUM
石井竜也「PENDULUM」
2008/03/26
[CD]
¥8,208(税込)
購入画面へ
旅の途中で
石井竜也「旅の途中で」
2008/03/12
[CD]
¥1,258(税込)
購入画面へ
旅の途中で
石井竜也「旅の途中で」
2008/03/12
[CD]
¥1,620(税込)
購入画面へ
POSITIVE SPIRAL
大黒摩季「POSITIVE SPIRAL」
2008/01/30
[CD]
¥3,909(税込)
購入画面へ
POSITIVE SPIRAL
大黒摩季「POSITIVE SPIRAL」
2008/01/30
[CD]
¥3,086(税込)
購入画面へ
日時計
石井竜也「日時計」
2007/04/04
[CD]
¥4,104(税込)
購入画面へ
君に戻ろう/雲
石井竜也「君に戻ろう/雲」
2007/04/04
[CD]
¥1,258(税込)
購入画面へ
君に戻ろう/雲
石井竜也「君に戻ろう/雲」
2007/04/04
[CD]
¥1,543(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore