Billboard JAPAN


Daily News

EW&Fの血脈を引き継ぐアル・マッケイのハッピーなファンキー・ミュージック。音楽の悦楽に酔い痴れながら心温まる、厳冬のアーバン・ナイト

 重いファンクのリズムに導かれて、ステージの上に大勢のメンバーが揃う。そのリズムを突き破るかのように明るいギターのカッティングによってショウが始まった。

 3人のヴォーカルが躍動的なハモリで洗練された歌を繰り出してくる。キレキレのホーン・セクション、跳ねるリズム隊。ハイ・テンションでどこまでも生命力に溢れたサウンド。彼らはまるで「永遠の生命」を授けられた使者のように見えてくる――。

 昨年、星になったモーリス・ホワイトが描いた高い精神性を備えた歌詞を乗せ、スケール感豊かなダンス・ミュージックをポップに展開して、70年代半ばから肌の色を超えて人気になったアース・ウインド&ファイア(EW&F)。彼らの名前を耳にしただけで数々のヒット曲が頭をよぎる。

 フロントに立つモーリスやフィリップ・ベイリーといった歌い手たちを演奏面で支えた、まさに“屋台骨”のメンバー、その筆頭がサウスポーのギタリストのアル・マッケイだ。小気味よいギター・カッティングに導かれる「セプテンバー」など、コンポーザーとしても名を馳せているアル。13名で編成された彼の“オールスターズ”バンドが奏でるサウンドは、まさにEW&Fの音楽が今もまったく色褪せていないばかりか、新たな輝きを放っていることの表れと言ってもいいだろう。日本に強い親近感を抱いている彼を中心としたメンバーによるステージ。当然ながらファンキーでハッピーな感覚に溢れた音作りは、理屈抜きで聴き手の気分を高揚させてくれる。職人的なクオリティとエンターテインメントの娯楽性が高い次元で融合したライブ・ステージ。まさに“観るに値する”パフォーマンスの連続だ。

 2曲目でいきなり、ビートルズの「ガット・ゲット・イントゥ・マイ・ライフ」が始まる。オリジナルとはまったく異なる魅力を宿したアレンジが心地好い。続いてチル・アウト感覚のナンバーを挟んでアルが紹介されると、メロウなピアノ・ソロから「アフター・ラヴ・イズ・ゴーン」へ。ダイナミズムとロマンティシズムが交錯する成熟したショウに夢中になりながら、回るミラーボールの光の中で、観客はドリーミーな気分に浸っている。

 どこまでもポジティヴで、生命力と躍動感に満ちたメロディとリズム。市井の人々の「人生」の光と影をサウンド化したような演奏は、心に深く食い込んできて、爽やかな感動を呼び起こすと同時に、圧倒的なパワーで身体を激しく揺さぶってくる。これぞ音楽のエクスタシー。観客はEW&F時代のヒット曲に打ちのめされ、新しいナンバーに心を沸き立たせる。これほどまでに身体も心も鷲掴みにされるファンキー・ミュージックが、他のどこにあるのだろう? 僕はステージに釘付けになりながら、甘い敗北感のような感覚を味わっていた。

 黒人音楽の素晴らしさが濃縮されたような、プレシャスなサウンドとヴォイス。「リーズンズ」では、ファルセット・ヴォイスが狂おしいほどのエモーションを伴って発せられ、会場を艶っぽい空気に染め上げていく。コール&レスポンスで作り上げられていくハーモニー。その一体感がオーディエンスを最高潮に盛り上げ、割れんばかりの喝采が沸き起こる。みんな堪らずに立ち上がり、ダンスのリズムに飲まれた身を委ねている。

 後半は「宇宙のファンタジー」や「ジュピター」を筆頭に、ヒット曲が畳み掛けられていく。その完璧なパフォーマンスには、モーリスの精神性が生き続けていることを肌で感じさせてくれた。

 正統なるEW&Fの継承者。

 そして最後はアルにとって名刺代わりの1曲でもある「セプテンバー」、アンコールには「ブギー・ワンダーランド」や「レッツ・グルーヴ」、そして新曲も――。

 ほとんどMCもなく、果てしなくグルーヴが続いた80分。

 ハッピーでファンキーな彼らのステージは東京で今日(16日)と週末の18日、19日、そして大阪で21日、22日に目撃できるチャンスがある。寒さに凍えがちな心と身体を温め、気分を高めてくれるアル・マッケイ・オールスターズ。絶対にチェック・イット・アウト!


◎公演情報
アル・マッケイ・オールスターズ plays music of アース・ウィンド&ファイアー
2017年2月15日(水)~16日(木)& 18日(土)~19日(日)
ビルボードライブ東京
公演詳細:https://goo.gl/1Ra0Rt

2017年2月21日(火)~22日(水)
ビルボードライブ大阪
公演詳細:https://goo.gl/MhYg0w

Photo:Yuma Totsuka

Text:安斎明定(あんざい・あきさだ) 編集者/ライター
 東京生まれ、東京育ちの音楽フリーク。時折、春の気配が感じられるものの、まだまだ底冷えする日々の2月。でも、ワインは新しいヴィンテージがすでに市場に。最近のヒットは南イタリアのプーリア州で造られたネグロアマーロ種100%の赤ワイン。黒いベリーを中心とした果実味と穏やかな酸、その絶妙なバランスのストラクチャーを持ちながら、お値段も手ごろ。家族経営の「ロッカ・ディ・モリ」がリリースしたシリーズは、ワインラヴァーなら、ぜひとも試してみて。

マジック・ウィンドウズ
ハービー・ハンコック レイ・パーカーJr. アル・マッケイ マイケル・ブレッカー フレディ・ワシントン ポリーニョ・ダ・コスタ ギャヴィン・クリストファー「マジック・ウィンドウズ」
2016/04/27
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
シャウト・イット・アウト
パトリース・ラッシェン トム・スコット アル・マッケイ チャールス・ミークス ジェームス・ギャドソン ビル・サマーズ ジョシー・ジェームス ロイ・キャロウェイ「シャウト・イット・アウト」
2014/09/24
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
ラヴ・アイランド
デオダート ラリー・カールトン アル・マッケイ ジョン・トロペイ レイ・ゴメス ジョージ・ベンソン ロバート・ポップウェル ハーヴィー・メイソン「ラヴ・アイランド」
2014/06/25
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
One Night Gig
高中正義 アル・マッケイ ウォーネル・ジョーンズ キャット・グレイ TAKASHI NUMAZAWA カール・ペラッゾ マクシーン・ルイス「One Night Gig」
2014/06/18
[CD]
¥2,041(税込)
購入画面へ
カミン・スルー
エディ・ヘンダーソン フィリップ・ベイリー アル・マッケイ リー・リトナー パトリース・ラッシェン ムトゥーメ ダイアン・リーヴス ジョージ・ケイブルス「カミン・スルー」
2011/12/21
[CD]
¥1,027(税込)
購入画面へ
カミン・スルー
エディ・ヘンダーソン フィリップ・ベイリー アル・マッケイ リー・リトナー パトリース・ラッシェン ムトゥーメ ダイアン・リーヴス ジョージ・ケイブルス「カミン・スルー」
2011/12/21
[CD]
¥1,027(税込)
購入画面へ
太陽の刻印~新世紀伝説
アル・マッケイ・オールスターズ アル・マッケイ アリ・ウッドソン ベン・ダウリング ラムリー・デイビス トニー・コールマン ハッサン・ジフリー マイケル・ハリス「太陽の刻印~新世紀伝説」
2001/05/23
[CD]
¥2,935(税込)
購入画面へ
トーン・タントラム
ジーン・ハリス アル・マッケイ ジョン・ロウィン ジェリー・ピータース ロバート・ポップウェル アンソニー・ジャクソン ヴァーディン・ホワイト チャック・レイニー 他「トーン・タントラム」
2001/05/23
[CD]
¥1,851(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
「BiSと言えば、プー・ルイとアヤだよね」って言われるようになりたい
チームしゃちほこ インタビュー
チームしゃちほこ インタビュー
“VICTORY YEAR”を振り返り
メンバーの卒業を経験し5人になって初めてリリースされる2ndアルバム『おわりとはじまり』について
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
祖母の死から紡がれた新曲「愛を両手に」完成
生命や宇宙を表現してきた20年―――
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
どんなにネガティブな声や視線にも怯まず、
バンドシーン全体を唸らせる存在になるまで―――
大塚 愛『私』インタビュー
大塚 愛『私』インタビュー
転職? もう辞める? 新たなスタンダードソング誕生!?
切実な状況を爆笑トークでお届けする新感覚インタビュー
【スペシャル対談】小島麻由美×武藤昭平(勝手にしやがれ)×DUB MASTER X
【スペシャル対談】小島麻由美×武藤昭平(勝手にしやがれ)×DUB MASTER X
なんで今までこの組み合わせで出来なかったんだろう?
「奥深きプログレッシヴ・ロックの世界」ライブハウス編
「奥深きプログレッシヴ・ロックの世界」ライブハウス編
アンダーソン,ラビン&ウェイクマンやスティック・メン、セキュリティ・プロジェクトの公演が控え、にわかに来日ラッシュで賑わいを見せているプログレッシヴ・ロックを特集
JOE来日記念特集~不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力
JOE来日記念特集~不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力
不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力やリリースしたばかりの最新作について、村松カナ氏が語る。

Chartsmore