Billboard JAPAN


Daily News

17代目ミニスカポリス 最年少のおっぱい番長「ぜひ頑張ってメンバーを水着姿にさせてください」

 7月31日にZepp Tokyoで行われたライブイベントへの出演を通し、正式に活動をスタートさせた17代目ミニスカポリス。彼女たちのゲームアプリの楽しみ方をおっぱい番長の結城ちかが熱く語ってくれた。

 17代目ミニスカポリスのゲームアプリが誕生。メンバーも連日登場、9月15日~18日に幕張メッセで開催される【東京ゲームショー 2016】の開催日より無料配信を予定している。このゲームアプリはファンクラブ的な機能も備えていることから、17代目ミニスカポリスの最新情報やライブ日程、メンバー個々の活動も網羅。一番の魅力は、プレイヤー自らメンバー選出したチームを通してバトルできること。詳しいゲームの内容を最年少メンバーであり、おっぱい番長の異名を取る結城ちかが語ってくれた。

 「このゲームは無料でダウンロードできます。プラス、毎日ログインすることで「ガチャ券」が無料でもらえます。さらにログインボーナスとして、「セクシーポイント」や「メンタル回復ポイント」などのアイテムも、毎回無料で一個獲得することができます。他のアプリゲームの場合、課金をしないとアイテムをすべて揃えるのは無理なんですけど。このゲームは課金をしなくても、毎日1回ログインさえすれば、かならず何時かメンバー全員のカードを揃えられるところが魅力です。もちろん、課金をすればガチャを多くまわし、早くメンバーのカードをコンプリートすることも可能です。

続いてゲームの楽しみ方ですが、まず、自分でチームを作ります。いろんなメンバーがいる中から、自分のチームメンバーを5人決めます。その5人は全員同じ子にも出来れば、推しの子たちを5人それぞれ揃えることも可能なように、「自分の好きな推しメンチーム」を作れます。そのチームの中で誰か一人を強くするのではなく、チーム全体を強化しないとバトルには勝てません。だから、ログインやガチャをするたびに獲得したポイントで、誰かを強化していく必要があります。強化するうえでも、「このアイテムを使うとメンタルが上がる」「このアイテムを使うとセクシー度が上がる」など、使用するアイテムによって上がるポイントも変わっていきます。そこをどう上手く計算しながら、チーム全体の平均ポイントを上げてゆくかが大切。そうすると、バトルでも勝ちやすくなります。

バトルの相手は、そのときにログインしている誰かです。それがファンどうしであったり、メンバーは全員公式メンバーとして登録しているので、相手がメンバーかも知れない。バトルでは、自分の作ったチームの総合ポイントとバトルを仕掛ける相手の総合ポイントをぶつけあい、勝敗を決めていきます。しかも、勝利したポイントをどんどん加算していくと、毎週新たに更新されるウィークリーランキングの上位に登場します。強い人ほどランキングに反映されるので、そこはバトルしてゆく楽しみになっていくと思います。

 カードに登場するメンバーの姿も幾つか用意しています。ミニスカポリスとしての夏服と冬服は、もちろん。それぞれ私服や水着姿も用意しています。私服と私服を掛け合わせると、そのメンバーの制服姿になったり、制服姿と私服を掛け合わせると水着姿になったりなど、いろんな組み合わせによってさまざまなカードが登場します。そのカードを何枚も集めて変化させていくのが、このゲームの楽しみ方。中には、ゲーム内でしか水着姿を見れないメンバーもいるように、ぜひ頑張ってメンバーを水着姿にさせてください」

 なお、結城ちか自身は、同じくゲームアプリ『グラドルコレクション』にも参加中。システムは、先に触れた17代目ミニスカポリスのゲームアプリとほぼ一緒だが、こちらにはグラビアアイドルが200人以上登録しているように、カードの組み合わせやメンバーのカードコンプの難しさは、相当なもの。逆に、やり甲斐があるということだ。

 「私は4日間とも1日中ゲームショーにいます。17代目ミニスカポリスのときは制服姿で。『グラドルコレクション』では水着姿になれば、両方とも撮影出来るので、ぜひ私の姿を撮影してください」

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore