Billboard JAPAN


Daily News

総勢80余名、ゴダイゴ40周年を記念する祝祭の舞台が誕生!

  • ゴダイゴ「総勢80余名、ゴダイゴ40周年を記念する祝祭の舞台が誕生!」1枚目/1

 1976年のデビュー以来、世代を超えて日本のポップス音楽シーンの最先端を走り続けているゴダイゴ。2月7日、大阪のクラシック音楽の殿堂であるフェスティバルホールの舞台でデビュー40周年の公演を開催した。その大舞台を終えて、ボーカルのタケカワユキヒデとバンドリーダーであるミッキー吉野からメッセージが届いた。

「最初の曲で、涙を流しているお客さんがいたという話を聞きました。音楽の力、それも、たくさんの音楽家が一緒になって、お客さんに思いを届けることの力を、改めて感じました。今回のコンサートシリーズが実現して、幸せを感じています。」…タケカワユキヒデ

「ゴダイゴのバンドサウンドと特別編成のストリングスとの共演。50名を超えるクワイヤーのコーラスも新たに加わり 会場の皆さんの拍手・歓声に40thの最高のスタートがきれました。気持ちは もう東京公演に向け 22日23日と選曲を一部変える気持ちで取り組んでいますので楽しみにしていて下さい。」…ミッキー吉野

 本公演は、ゴダイゴのフル・メンバーによるバンドサウンドと、ゴダイゴ・ホーンズ、またビルボードクラシックス・プレミアム・コーラス&ストリングスの総勢80余名からの、まさに40周年にふさわしい祝祭の公演だ。綿密な本番前のリハーサルが続き、ロビー開場となった当日のフェスティバルホール。ゴダイゴのデビュー当時からのファンのみならず、その普遍的でいつも新しい楽曲の虜となった若い世代のファンに至るまで、さまざまな顔ぶれの来場者が会場ロビーを満たす。

 待ちに待った開演後、最初の曲は「Pomp And Circumstance」。一曲目からファン垂涎の名曲に、客席には割れんばかりの拍手が起こる。ストリングスの華麗なアレンジと50名を超すクワイヤーの音圧が加わった演奏に、往年の名曲がさらに輝きを増して響き渡る。流れるように奏される浅野のギターソロが続き、観客の心はすぐにわしづかみにされた。

 中盤ではタケカワのMCにより、隠れた名曲と紹介された楽曲が続く。「Piano Blue」「Somewhere Along The Way」「Guilty」。今回の40周年コンサートでは、数えきれないゴダイゴの名曲から、いつものコンサートではなかなか演奏されない楽曲もフューチャーされていることがひとつの注目であり、ファンにとっては感涙ものだろう。ミッキー吉野のジャジーで、まさに青い音色の豊かな表現によるピアノが奏でられる「Piano Blue」は、本公演の中でもひときわ染み渡るよう響き渡った。

 ライブ後半は、名盤『DEAD END』からプログレッシブな曲が続けざまに演奏される。難解な曲の展開をキャッチーなメロディで包み、観客に息もつかせずに聴き入れさせるメンバーの演奏力の高さ、曲自体の魅力が、クワイヤーとホーンズ、ストリングスにより何倍もの迫力をもって迫ってくるステージは圧巻で、まさに本公演の真骨頂と言ってよいだろう。万華鏡のように流麗に演奏されていく音の洪水に、すべての聴衆が魅了された。

 終演を惜しむ観客に向けて演奏されたアンコール、その最後の曲はおなじみの「Galaxy Express 999」。メンバーをはじめ出演者、観客が一体となって40周年を記念した【billboard classicsゴダイゴ コンサート】の初日を締めくくった。

 本公演は、4月22日、23日に東京文化会館においての開催が決定されている。ミッキー吉野の言葉にある通り、さらに輝きを増したゴダイゴの音楽が、東京の春の夜に響き渡るだろう。

◎公演情報
【billboard classicsゴダイゴ コンサート】
2016年2月7日(日) 大阪フェスティバルホール<終了>

<セットリスト>
01. Pomp And Circumstance
02. The Sun is Setting On the West
03. We’ve Got To Give The Earth A Chance
04. Kathmandu
05. Leidi Laidi
06. Holy And Bright
07. Monkey Magic
08. Gandhara
09. Piano Blue
10. Somewhere Along The Way
11. Guilty
12. Millions Of Years
13. Dead End - Love Flowers Prophecy
14. Mikuni
15. Great Sea Flows

En-1. Follow
En-2. Beautiful Name
En-3. Galaxy Express 999

◎今後の公演
【billboard classicsゴダイゴ コンサート】
2016年4月22日(金)・23日(土) 東京文化会館
詳細:http://billboard-cc.com/classics/2016/01/godiego2016/

アメリカン・ロード
ミッキー吉野「アメリカン・ロード」
2008/09/26
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ミー・アンド・セブンティーズ
ミッキー吉野 猪俣猛 寺川正興 水谷公生 川原直美 タケカワユキヒデ スティーヴ・フォックス 浅野孝己「ミー・アンド・セブンティーズ」
2008/09/26
[CD]
¥3,456(税込)
購入画面へ
流行曲中華風味
(オムニバス) ゴダイゴ クレイジーケンバンド Puffy 渡辺美里 工藤静香 松田聖子 南こうせつ「流行曲中華風味」
2008/07/16
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
ワン・ディメンション・マン
ゴダイゴ「ワン・ディメンション・マン」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
平和組曲/ゴダイゴ・ライヴ
ゴダイゴ「平和組曲/ゴダイゴ・ライヴ」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
フラワー
ゴダイゴ「フラワー」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
CMソング・グラフィティ Vol.2
ゴダイゴ「CMソング・グラフィティ Vol.2」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
M.O.R.
ゴダイゴ「M.O.R.」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
中国 后醍醐
ゴダイゴ「中国 后醍醐」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
カトマンドゥー
ゴダイゴ「カトマンドゥー」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
「マジック・カプセル」
ゴダイゴ「「マジック・カプセル」」
2008/03/19
[CD]
¥3,024(税込)
購入画面へ
OUR DECADE
ゴダイゴ「OUR DECADE」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
西遊記/ゴダイゴⅢ
ゴダイゴ「西遊記/ゴダイゴⅢ」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
CMソング・グラフィティ/ゴダイゴ・スーパー・ヒッツ
ゴダイゴ「CMソング・グラフィティ/ゴダイゴ・スーパー・ヒッツ」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
デッド エンド
ゴダイゴ「デッド エンド」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
新創世紀
ゴダイゴ「新創世紀」
2008/03/19
[CD]
¥2,417(税込)
購入画面へ
GODIEGO in 東大寺
ゴダイゴ「GODIEGO in 東大寺」
2007/11/21
[DVD]
¥3,780(税込)
購入画面へ
GODIEGO 2007 TOKYO 新創世紀
ゴダイゴ「GODIEGO 2007 TOKYO 新創世紀」
2007/10/24
[DVD]
¥6,685(税込)
購入画面へ
ビッグ・ママ
ゴダイゴ「ビッグ・ママ」
2007/10/24
[CD]
¥1,132(税込)
購入画面へ
交響詩 銀河鉄道999
(アニメーション) コロムビア・シンフォニック・オーケストラ ゴダイゴ 青木望「交響詩 銀河鉄道999」
2007/09/19
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ
CHRONICLE 1&2/+2
タケカワユキヒデ「CHRONICLE 1&2/+2」
2007/07/18
[CD]
¥2,571(税込)
購入画面へ
ワン・ディメンション・マン
ゴダイゴ「ワン・ディメンション・マン」
1995/02/21
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
平和組曲
ゴダイゴ「平和組曲」
1995/02/21
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
フラワー
ゴダイゴ「フラワー」
1995/02/21
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
エム・オー・アール
ゴダイゴ「エム・オー・アール」
1995/02/21
[CD]
¥1,572(税込)
購入画面へ
マジック・カプセル
ゴダイゴ「マジック・カプセル」
1995/02/21
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
ガンダーラ伝説
タケカワユキヒデ「ガンダーラ伝説」
1994/12/07
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

Anly 1stアルバム『anly one』インタビュー
Anly 1stアルバム『anly one』インタビュー
伊江島出身の20歳は、初めてのアルバムで何を歌いたかったのか
甲斐よしひろ インタビュー
甲斐よしひろ インタビュー
「エド・シーランもそうですけど、 いま本当にシンガーソングライターが要求されている感じがします」
NGT48『青春時計』インタビュー
NGT48『青春時計』インタビュー
NGT48、いよいよメジャーデビュー。
少女たちの熱くてピュアな想い―――解禁。
A Closer Look at Spotify Live
A Closer Look at Spotify Live
注目のアーティストのライブセッションを世界へ発信する人気プログラム“Spotify Live”の第一弾国内アーティストの配信がスタート。一体どんなプログラムなのか?一つずつ紐解いていきましょう。
桑田佳祐 ソロ活動30周年イヤースタート。
桑田佳祐 ソロ活動30周年イヤースタート。
今年、ソロデビュ-30周年を迎える桑田佳祐から目が離せない!
スコット&リバース最新作『ニマイメ』発売記念特集
スコット&リバース最新作『ニマイメ』発売記念特集
約4年ぶりの2枚目!新作の魅力を豪華なゲスト・ラインアップの紹介とともに紐解く
大塚 愛『LOVE HONEY』インタビュー
大塚 愛『LOVE HONEY』インタビュー
歌うことの楽しさも取り戻した大塚 愛による、待望の新アルバム『LOVE HONEY』完成。
 サバイバル化が進む音楽シーンにおける彼女の生き方。そして本音と夢。
スプーン 来日インタビュー
スプーン 来日インタビュー
ブリットが語る最新作『ホット・ソーツ』、プリンス&ボウイの魅力、フクロウカフェ。

Chartsmore