Billboard JAPAN


Daily News

重盛さと美率いるガールズユニット“LLS”デビュー記念特番で「Facebookとかしてる男の人が嫌(笑)」

  • 重盛さと美「重盛さと美率いるガールズユニット“LLS”デビュー記念特番で「Facebookとかしてる男の人が嫌(笑)」」1枚目/3
  • 重盛さと美「」2枚目/3
  • 重盛さと美「」3枚目/3

 重盛さと美がリーダーを務める3人組ガールズユニット“LLS”デビュー記念特番として、2月17日午後7時~文化放送『ガールズユニット「LLS」デビュー記念特番!重盛さと美とふくよかな仲間たち』がオンエアされる。

 重盛がほぼ思いつきで結成した“LLS”は、重盛以外は2人とも一般人というユニット。この番組はそんな“LLS”のCDデビューを記念した特番で、このほど文化放送で行われた番組収録では、お笑いタレントのオテンキのりを進行に迎え、仲良し3人のガールズトークが繰り広げられた。

 まずは自己紹介がてら3人の履歴書を紹介。履歴書に好きな男性のタイプを書いてきた自由奔放な「さっちゃん」こと重盛さと美は、その好きなタイプを「頑張る“気持ち”がある人。何か諦めてるような感じの人ってダメです。さっちゃんを幸せにしてあげたいって言ってほしい!」と熱く語った。対して、今まできちんと付き合った男性は一人だけ、というしっかり者の「きほ」は、その唯一の彼が、ほぼオネエと言えるほど“女子力高い系”男子。その経験もあってか「男の人には料理とかやらないでほしい」とコメント。

 リップクリームや化粧水など肌の手入れを欠かさない最近の男子については、3人とも声を揃え「いやだー!」と絶叫。続いてSNSについての話題でも、さっちゃんが「そもそもFacebookとかしてる男の人が嫌だよね(笑)」と言うと、3人が激しく同意。「更新する暇があれば、働いてほしい(笑)」「飛行機の写真を投稿する“仕事ができる俺”アピールは鳥肌立つ! ホントダメ」「でもそういう人はおだてると結構仕事をくれるんですよ。彼氏にするには苦労するけど、仕事相手としては分かりやすいよね」などという女子トークに、「女子は怖いな」とオテンキのりはタジタジ。

 番組ではこの他にも、女子なら「あるある」と思わず言いたくなるような3人のガールズトークをたっぷりと堪能できる。

◎LLS(さっちゃん、きほ、あすみん)結成の経緯
重盛さと美の思い付きにより結成されたユニット。顔見知りな重盛は、まず一番仲の良い友達、希帆(きほ・一般人)を誘う。その後何人かに声を掛けるが断られ、四番目に声を掛けた高校の後輩あすみん(一般人)がやっと承諾し結成された。
グループ名の由来:メンバーそれぞれの服のサイズ
LLSデビューシングルCD『LOVE GAME』
2016/02/24 RELEASE
発売元 ユニオンミュージックジャパン
販売元 タワーレコード

◎番組『ガールズユニット「LLS」デビュー記念特番!重盛さと美とふくよかな仲間たち』
放送日時:02月17日(水)午後7時00分~8時00分
パーソナリティー:LLS、オテンキのり

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。

Chartsmore