Billboard JAPAN


NEWS

2016/02/10

Album Review: 未来の沖縄音楽シーンを担う新星ネーネーズによる意欲作『ディッカ』

 オキナワン・ポップスにおいて、ネーネーズはとてもユニークな存在だ。民謡の大家であり、同時にコンテンポラリーな沖縄音楽を追求してきた知名定男のプロデュースにより、1990年にデビュー。沖縄における女性コーラス・グループといえば、彼女たちというくらいの存在に成長した。メンバーチェンジを行いながら昨年は結成25周年を迎え、平均年齢が20代前半という若返った新布陣でセルフ・カヴァー作『reborn』をリリースしてメジャー復帰。そして、その流れでいよいよオリジナル・アルバム『DIKKA』が発表された。

 本作には、コンテンポラリーなサウンドを取り入れた作品が充実している。のっけから、ラテンのリズムを取り入れた「HEY MAN」で始まるのはインパクトが大きい。続く「島酒の唄」では、BEGINの島袋優によるブルージーなギターが響き、ファンキーな「ちゃーびらさい」には、かりゆし58の前川真悟がラップ調のヴォーカルで新たな血を入れる。初代ネーネーズはライ・クーダーと共演するなどジャンルを超えた活動が話題になってきたが、その伝統を見事に受け継いでいるといえるだろう。エルヴィス・プレスリーのカヴァー「好きにならずにいられない」を沖縄言葉でさりげなく披露するところも、彼女たちの柔軟な姿勢をあらためて実感できる。

 また、メンバーのひとり、世持葵が2曲ソングライティングでクレジットされることにも注目したい。彼女たちはただ歌うだけでなく、クリエイティヴにも関わっていることで、大きな将来性も感じられる。若いからといって侮ってはいけない。未来の沖縄音楽シーンを彼女たちに託すのは、もはや当然といってもいい。そんなことまで考えさせてしまう意欲作なのだ。

Text: 栗本 斉

◎リリース情報
『ディッカ』
ネーネーズ
2016/01/01 RELEASE
3,240円(tax incl.)

ネーネーズ その他の画像・最新情報へ

What's Hot

関連商品

ディッカ
ネーネーズ「ディッカ」

2016/01/01

[CD]

¥3,240(税込)

リボーン
ネーネーズ「リボーン」

2015/09/30

[CD]

¥3,240(税込)

ゴールデン☆ベスト ネーネーズ
ネーネーズ「ゴールデン☆ベスト ネーネーズ」

2009/08/19

[CD]

¥3,292(税込)

琉球的哀華VISION
(オムニバス) THE BOOM ネーネーズ よなは徹 新垣雄 上地一成 りんけんバンド 上々颱風「琉球的哀華VISION」

2005/06/01

[DVD]

¥4,104(税込)

琉球的哀華Ⅳ
(オムニバス) 森山良子 ネーネーズ THE BOOM 久保田麻琴と夕焼け楽団 りんけんバンド おおたか静流 サーカス「琉球的哀華Ⅳ」

2005/06/01

[CD]

¥2,592(税込)

ゴールデン☆ベスト ネーネーズ
ネーネーズ「ゴールデン☆ベスト ネーネーズ」

2004/06/02

[CD]

¥3,065(税込)

琉球的哀華Ⅲ
(オムニバス) ネーネーズ 花*花 喜納昌吉&チャンプルーズ りんけんバンド BEGIN 加藤登紀子 国仲涼子「琉球的哀華Ⅲ」

2004/06/02

[CD]

¥2,592(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    【ビルボード】BTS (防弾少年団)『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』ダウンロードのみで総合アルバム首位

  2. 2

    BTS (防弾少年団)、【2018 #BBMAs】のベスト・モーメントを振り返る

  3. 3

    【ビルボード】TWICE『Wake Me Up』が299,195枚を売り上げてシングル・セールス首位

  4. 4

    【ビルボード】TWICE「Wake Me Up」が29.9万枚を売り上げ総合首位 BTS (防弾少年団)が4曲、西城秀樹さんが3曲チャートイン

  5. 5

    【ビルボード】星野源「ドラえもん」、アニメ・チャート首位に返り咲き

SPECIAL

インタビュー・タイムマシン

more

more

HOT IMAGES

注目の画像