Billboard JAPAN


Daily News

BiSH「【TOKYO IDOL FESTIVAL】最高!!」TIF代替公演で見せたクソアイドルの矜持

 元BiSマネージャーの渡辺淳之介が「BiSをもう一度始める」と始動させた新生クソアイドルグループ BiSH。出演キャンセルとなった【TOKYO IDOL FESTIVAL 2015】(以下TIF)2日目の代替公演を8月26日 Zepp Tokyoにて開催した。

<ジャンプ禁止、リフト禁止、モッシュ禁止、ダイブ禁止とか言いません>

 TIF初日(http://bit.ly/1ImWRA9)でオーディエンスを大熱狂させるも、2日目の出演がキャンセルになる事態となったBiSH。その代替公演として開催された【TOKYO BiSH SHiNE】(略して【TBS】)は、まず渡辺淳之介による挨拶からスタートした。「今日はTIF代替公演【TOKYO BiSH SHiNE】(トーキョービッシュシネ)へようこそ。本当にすごいたくさんの人が集まってくれて、こんなに正直集まると思ってませんでした。本当にありがとうございます。TIF代替公演ということで、2日目に僕たちが出演できなかったステージをやらせて頂きたいと思います。僕たちはジャンプ禁止、リフト禁止、モッシュ禁止、ダイブ禁止とか細かいこと言いません。言いませんが、思いやりを持って、でも最大に盛り上がりましょう!」と語ると、会場に駆けつけた1354人は大歓声を上げる。

<TIF2日目でやる予定だったステージ(Heat Garage/Sky Stage)を実現>

 「TBS 2015! レディース&ジェントルマン&ボーイズ&ガールズ! ネクストアイドル……BiSH!!」渡辺の呼び込みで登場したBiSHの4人は、TIF2日目やる予定だったステージをここに実現。まずはHeat Garage(Zepp DiverCity(TOKYO))の為に用意していた「BiSH-星が瞬く夜に-」「BiSH-星が瞬く夜に-」「BiSH-星が瞬く夜に-」の3曲をノンストップで披露し、清掃員(BiSHファンの総称)が水を得た魚のようにジャンプ、リフト、モッシュ、ダイブの限りを尽くせば、Sky Stage(フジテレビ湾岸スタジオ屋上)の為に用意していた「BiSH-星が瞬く夜に-」「BiSH-星が瞬く夜に-」「BiSH-星が瞬く夜に-」の3曲をノンストップで披露し、これまた清掃員が水を得た魚のようにジャンプ、リフト、モッシュ、ダイブの限りを尽くす。という、本来TIFで見せようとしていた光景を24日後のお台場で創造。

<6tトラックで運んだという大量なムービングライトを駆使>

 そんな痛快リベンジアクトに沸騰した空間へ再度現れた渡辺は「最高だよね。ここお台場で言わせて下さい。【TOKYO IDOL FESTIVAL】最高!!! 本当に感謝しなきゃいけないですよね」と語りつつ、ライブはここから本編に入ることを伝える。まさかの夢の国よろしくのエレクトリカルパレード(MAIN STREET ELECTRICAL PARADE)で開幕した本編だが、なんと6tトラックで運んだという大量なムービングライトを駆使し、その光の演出とドラマティック過ぎる楽曲群、そして4人の必死なパフォーマンスでもって、会場は常に興奮ないし感動の渦に終始包まれていた。小さいライブハウスでは良いと思ってもステージがデカくなると「あれ?」となるアイドルグループは少なくない(かのBiSにも言えたことである)。が、BiSHの音楽とパフォーマンス(特に歌声)はZepp Tokyoに驚くほど良く映えていた。

<BiSHのメガネ担当ハシヤスメアツコ&無口担当リンリン、登場>

 鳴り止まない「チンコール! チンコール!」の声を受け、アンコールではステージ初お披露目の新メンバー ハシヤスメアツコとリンリンが登場。そして「ちょっとしたオカズじゃなくてメインディッシュになりたーい!(ムリムリ~)もお! BiSHのメガネ担当 ハシヤスメアツコでーす」「勇気の鈴がリンリンリーン ………………………………………BiSHの無口担当 リンリンです。よろしくお願いします」とそれぞれに自己紹介する。

 また、キャプテンのセントチヒロ・チッチは「今日は急遽行ったZepp公演、こんなにたくさんの人たちが集まってくれて本当に嬉しいです! また絶対にこの6人で戻ってきます! 絶対に次は満員にします!」と語り、ハグ・ミィも「絶対、Zeppを満員にして帰ってくるからなぁー!!!」と叫び、最後は9月2日にシングルリリースするアイリッシュ(ケルティッシュ)メタルナンバー「OTNK」を6人で披露。空耳で下ネタにも聴こえるキラーフレーズではシンガロングも生まれ、熱く美しくTIF代替公演を締め括ってみせた。

<集客としてはキャパの半分1354人で「失敗」>

 そんなクソアイドルの矜持を感じさせてくれたZepp Tokyo公演。集客としてはキャパの半分1354人で「失敗」と言わざるを得ないかもしれないが、この経験をバネにBiSHがこの先どれほどのスケールまで成長していくのか。どの程度のスピードでZepp Tokyoを満員にするグループへと進化していくのか。今後の動向もぜひ見守ってほしい。

取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:Jumpei Yamada、内山直也

◎ライブ【TOKYO BiSH SHiNE】(略して【TBS】)
08月26日(水)Zepp Tokyo セットリスト:
[Heat Garage]
01.BiSH-星が瞬く夜に-
02.BiSH-星が瞬く夜に-
03.BiSH-星が瞬く夜に-
[Sky Stage]
01.BiSH-星が瞬く夜に-
02.BiSH-星が瞬く夜に-
03.BiSH-星が瞬く夜に-
[本編]
01.MAIN STREET ELECTRICAL PARADE
02.MONSTERS
03.サラバかな
04.DA DANCE!!
MC
05.BiSH-星が瞬く夜に-
06.HUG ME
07.SCHOOL GIRLS BANG BANG
08.is this call??
09.スパーク
10.Lonly Girl
11.STORY BRIGHTER
12.TOUMIN SHOJO
MC
13.ぴらぴろ
14.BiSH-星が瞬く夜に-
EN1.OTNK

◎ツアー【BiSH Eden of Sorrow Tour】
10月24日(土) 仙台 enn2nd
11月03日(火・祝)名古屋 Heartland STUDIO
11月08日(日)沖縄 output
11月15日(日)大阪 STUDIO PARTITA
11月23日(月・祝)札幌 KLUB COUNTER ACTION
11月28日(土)広島 Back Beat
12月13日(日)福岡 DRUM SON

◎BiSH TOUR FINAL【IDOL is SHiT】
2016年01月19日(火)恵比寿LIQUIDROOM

チケット料金:3,000円(税込)入場時にドリンク代別途必要
IDOL is SHiTのみ 3500円(税込)入場時にドリンク代別途必要
※未就学児童入場不可

イープラス抽選先行二次
08月28日(金)18:00~08月30日(日)23:59 ※沖縄公演のみ取り扱い無し
http://eplus.jp/bish/
一般発売
09月05日(土)AM10:00

GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」
2017/06/28
[CD]
¥3,024(税込)
購入画面へ
GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」
2017/06/28
[CD]
¥6,458(税込)
購入画面へ
GiANT KiLLERS
BiSH「GiANT KiLLERS」
2017/06/28
[CD]
¥10,800(税込)
購入画面へ
プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」
2017/03/22
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」
2017/03/22
[CD]
¥4,104(税込)
購入画面へ
プロミスザスター
BiSH「プロミスザスター」
2017/03/22
[CD]
¥16,200(税込)
購入画面へ
DEADMAN
BiSH「DEADMAN」
2016/05/04
[CD]
¥1,944(税込)
購入画面へ
DEADMAN
BiSH「DEADMAN」
2016/05/04
[CD]
¥5,378(税込)
購入画面へ
FAKE METAL JACKET
BiSH「FAKE METAL JACKET」
2016/01/20
[CD]
¥2,160(税込)
購入画面へ
OTNK
BiSH「OTNK」
2015/09/02
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
Brand-new idol SHiT
BiSH「Brand-new idol SHiT」
2015/05/27
[CD]
¥2,500(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
シュガーヒル・ギャング来日記念特集~長谷川町蔵×大和田俊之が語るヒップホップの姿
ヒップホップ / ラップを世界に知らしめた伝説的ユニットが遂に来日!
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
デヴィッド・T.ウォーカー来日記念企画、ファンから集まった質問への返答が到着
モータウン黄金期を築いた世界一ソウルフルなギタリストからの返答は読みごたえあり
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ジャネット・ケイ来日記念特集
ジャネット・ケイ来日記念特集
「Lovin' You」の大ヒットから40年…“ラヴァーズ・ロック”の女王のサクセス・ストーリーを追う。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。

Chartsmore