Billboard JAPAN


Daily News

さくらももこ&琵奈子によるイエローパープル初ライブ、吉井和哉&いとうせいこう豪華ゲストとともに開催&【フジソニック】にも出演決定

 さくらももことシンガー琵奈子による、ちょっと特殊でおしゃれな音楽ユニット、イエローパープルの1stライブが6月4日に恵比寿LIQUIDROOMで開催された。

 イエローパープルは、さくらももこが「おしゃれでかっこいい音楽をお贈りしたい!」と声を上げたことをきっかけに結成されたユニット。作詞&プロデュースを“パープル”こと、さくらももこが担当し、ボーカル&パフォーマンスを“イエロー”こと、琵奈子が担当している。

 薄明りの中メンバーが登場すると、琵奈子の「こんばんは! イエローパープルです!」という弾けんばかりの笑顔とともにスタート。1stアルバム『まんが倶楽部』の中から「ロマンティックタイム」を伸びやかに歌い上げた。1曲目が終了するやいなや、紫の着物に身を包んださくらももこが、自ら出囃子を歌いながら登場。さくらは、客席に挨拶するも終始 傘で顔を隠し続け、同じくアフロヘアー&サングラスで誰だか分からないくらいに変装した吉井和哉に、「顔、見えてないよね? バレてないよね?」と問いかけつつ、嵐のように袖へ戻っていった。

 続けて、1stアルバムの中から「Crazy Roman」や、『ちびまる子ちゃん』のエンディングでお馴染みの「走れ正直者」のカバーを披露すると、またもや、さくらももこが、出囃子を口ずさみながら「さっきの曲は、私が作詞したんですよ」と登場。すかさず、琵奈子は「いや、知っていると思いますよ」と突っ込み、仲の良い2人ならではの掛け合いで会場を盛り上げた。

 中盤には、自身でも作詞作曲を手掛ける琵奈子のオリジナルソングも披露。デビュー前から大切に歌ってきたという「ジグソーパズル」は、マンドリンの井上太郎と2人だけでスタートし、シンプルな編成ゆえに、彼女の持つ色彩豊かな歌声、そして芯の強さが伝わってくる、そんなパフォーマンスが届けられた。続く井上のマンドリンソロ「カラムシと麻」が終わると、突如「よ! 井上太郎!」と、ゲストのいとうせいこうが登場。「1曲歌うだけのつもりで会場に来たら、タイムテーブルに“いとうせいこう 20分”って書かれていて、びっくりした」という、いとうは井上とともにイエローパープルの成り立ちやメンバーについて、次から次へと色んな例えを交えながら紹介し、会場を沸かせた。そして、いとうが開設した渋谷コントセンターの主題歌「わらおも~渋谷コントセンターのテーマ~」でラップを披露。さらに、「まるちゃんの静岡音頭」では、いとうとイエローパープルレクチャーのもと、客席も一緒に盆踊りを楽しんだ。本編ラストは、今の季節にぴったりな「夏マチ恋ウタ」、そしてアンコールは、さくらももこの代表曲「おどるポンポコリン」で客席を笑顔で包み、幕を閉じた。1stライブに相応しく、音楽あり、笑いあり、盆踊りあり、そして豪華なゲストとともに開催されたイエローパープル【まんがの時間】。10月4日には、今年から静岡で開催されるフェス【フジソニック2015】への出演も決定している。

◎公演情報
イエローパープル1stライブ【まんがの時間】
日程:6月4日(木)
会場:恵比寿LIQUIDROOM
出演:イエローパープル(さくらももこ、琵奈子)
井上太郎(Mandolin)、工藤緑矢(Bass)、鈴木潤(Keyboards)、熊谷太輔(Drums)、
徳武孝音(Guitar)

ゲスト:いとうせいこう、吉井和哉
セットリスト:
01.ロマンティックタイム
02.うれしい予感
03.ハミングがきこえる
04.Crazy Roman
05.恋のひとりずもう
06.走れ正直者
07.ジグソーパズル
08.カラムシと麻
09.わらおも~渋谷コントセンターのテーマ~
10.まるちゃんの静岡音頭
11.死ぬほど恋して
12.突然の雨
13.Loop
14.夏マチ恋ウタ
En.おどるポンポコリン

◎開催概要
【マグロック2015】【フジソニック2015】
会場:静岡・清水マリンパーク内イベント広場(エスパルス・ドリームプラザ横)
10月3日(土)【マグロック2015】
音楽をこよなく愛するお笑いコンビ“ダイノジ”と、ロックシーン最先端を走る強力ラインナップで送る、新しいエンターテインメント・ロックフェスティバル
10月4日(日)【フジソニック2015】
地元静岡出身のアーティストを中心に、こだわりの音楽好きが集うすこしオトナなロック・フェスティバルhttp://magurockfujisonic.com/

ジグソーパズル
琵奈子「ジグソーパズル」
2017/03/15
[CD]
-
購入画面へ
ジグソーパズル
琵奈子「ジグソーパズル」
2017/03/15
[CD]
¥2,000(税込)
購入画面へ
帰り道ダイアリー
hinaco「帰り道ダイアリー」
2011/06/15
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
101年後
hinaco「101年後」
2010/08/04
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
泣き顔スマイル
hinaco「泣き顔スマイル」
2010/06/02
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
コジコジ銀座/世界の国からコンニチワ/歌をつくって歌う人
ホフディラン さくらももこ「コジコジ銀座/世界の国からコンニチワ/歌をつくって歌う人」
1997/11/07
[CD Single]
¥816(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
BiS『Re:STUPiD』アヤ・エイトプリンス(美人担当)単独インタビュー
「BiSと言えば、プー・ルイとアヤだよね」って言われるようになりたい
チームしゃちほこ インタビュー
チームしゃちほこ インタビュー
“VICTORY YEAR”を振り返り
メンバーの卒業を経験し5人になって初めてリリースされる2ndアルバム『おわりとはじまり』について
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
ACIDMAN 20周年記念『愛を両手に』インタビュー
祖母の死から紡がれた新曲「愛を両手に」完成
生命や宇宙を表現してきた20年―――
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
SCANDAL 結成10周年ベストアルバム『SCANDAL』インタビュー
どんなにネガティブな声や視線にも怯まず、
バンドシーン全体を唸らせる存在になるまで―――
大塚 愛『私』インタビュー
大塚 愛『私』インタビュー
転職? もう辞める? 新たなスタンダードソング誕生!?
切実な状況を爆笑トークでお届けする新感覚インタビュー
【スペシャル対談】小島麻由美×武藤昭平(勝手にしやがれ)×DUB MASTER X
【スペシャル対談】小島麻由美×武藤昭平(勝手にしやがれ)×DUB MASTER X
なんで今までこの組み合わせで出来なかったんだろう?
「奥深きプログレッシヴ・ロックの世界」ライブハウス編
「奥深きプログレッシヴ・ロックの世界」ライブハウス編
アンダーソン,ラビン&ウェイクマンやスティック・メン、セキュリティ・プロジェクトの公演が控え、にわかに来日ラッシュで賑わいを見せているプログレッシヴ・ロックを特集
JOE来日記念特集~不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力
JOE来日記念特集~不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力
不動の人気を誇るR&Bシンガー、JOEの魅力やリリースしたばかりの最新作について、村松カナ氏が語る。

Chartsmore