Billboard JAPAN


NEWS

2013/02/26

真野恵里菜 独りじゃない卒業式「みんなと私が帰ってくる場所」

 昨年7月「今まで以上に歌やお芝居の表現の幅を広げられるよう頑張っていきたい」と、ハロー!プロジェクトからの卒業を発表した真野恵里菜。2月23日 中野サンプラザにてハロプロメンバーとしての活動に終止符を打った。

<安倍なつみも語っていた“変化するアイドル”の勇姿>

 2008年、ハロー!プロジェクトが久々にソロデビューさせる美少女アイドルとして、さらにはピアノの弾き語りも出来てしまう才色兼備ぶりで一気に注目を集めた彼女は、この日の【真野恵里菜メモリアルコンサート2013「OTOME LEGEND~For the Best Friends」】において、まずグランドピアノでメジャーデビュー曲「乙女の祈り」を弾き語るという、卒業公演に相応しいセットリストを用意。赤いサイリウムを手にするBest Friends=マノフレ(真野恵里菜ファンの総称)たちと「楽しいライブにしたい」と、代表曲の数々を惜しみなく披露していく。

 その後も女優業で培ってきた情感豊かな表情を覗かせたり、初のダンスタイムを設けたり、本編最後の「バンザイ!~人生はめっちゃワンダッホーッ~」では、誰もが全身全霊でバンザイしながら真野恵里菜に向けて人生賛歌を贈っているかのような光景まで生み出した彼女。かつて安倍なつみは「真野ちゃんは正統派ですよね。今はまだ大事に大事に育てられている印象があるんですけど、今後変化を見せていける女の子だと思います。まだ19才だし、これからどんどんいろんな面を見せていってほしいなと。いつか自分が今入ってる箱を壊してほしい」と語っていたが、その言葉通りに成長を遂げたアイドルの勇姿がそこにあった。

<モーニング娘。田中れいな「共に頑張っていきたい」>

 また、同公演には、各ハロプロメンバーからメッセージが次々と届き、田中れいな(モーニング娘。)は「みんな知らんと思うけど、ちょいちょい喋ってたんですよ、れいな。まのえりは演技とかやっていくと? って話聞いたらいろいろ語ってくれたりして。未来に向かって頑張っていくところはれいなと一緒やけん。共に頑張っていきたいなと思います」と語り、和田彩花(スマイレージ)は「バックダンサーをやらせてもらっていたんですけど、いろいろお話してくださって“すごく優しい先輩だな!”って思ったので、もうその思い出は一生忘れません!」と、コメント。

 プロデューサーであるつんく♂は「影の努力。人が出来ないことを補っていくパワーを持っているので、この先も、卒業してからも自分の得意な分野や、まだやったことのないジャンルの仕事も、きっと乗り越えていけるんじゃないかと思っております。明日からも頑張って、素敵な女性になっていって下さい」と、育ての親らしくエールを贈った。

 そんな真野恵里菜は、同公演のクライマックスでファンに向け「またこうやってみんなと会える機会、みんなが帰ってくる場所……私自身もこうやって帰ってくる場所がほしいので、またそういう機会がありましたら、ぜひ私と一緒に盛り上がりに来て下さい。これからもよろしくお願いします!」と告げ、初めて聴いたときに“絶対、今日この場で、みんなの前で歌おうって心に誓った”という1曲「みんな、ありがとう。」に心を込め、歌い届けた。

<ハロー!プロジェクトの真野恵里菜として歌う最後の曲>

 また、ダブルアンコールでは、彼女がステージに戻って来るなり「真野ちゃん、卒業おめでとう!」という声が響き渡り、サプライズで嗣永桃子(Berryz工房)&矢島舞美(℃-ute)が登場。グループではなくソロで活動してきた彼女の為に2人は手紙を用意し、想定外の卒業セレモニーを演出すると、真野や矢島、ファンはもちろん、普段涙を見せない嗣永まで瞳を潤ませる。それでも嗣永は「悲しいけど、スタートだから!」と、矢島も「真野ちゃんは本当にひとりで凄いパワーを出して、本当に凄い!」と泣きじゃくりながら背中を押した。

 素晴らしい卒業セレモニーを受け、今日までアイドルとして走り続けてきた彼女は、「次の曲が、ハロー!プロジェクトの真野恵里菜として歌う最後の曲になります。今までの感謝の気持ち、これからの私から皆さんに想いを込めて歌うので……受け取って下さい!」と、熱い歓声と視線を一身に受け止めながら、満面の笑みで「My Days for You」をお届け。そして「今日まで、本当に本当にどうもありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました、真野恵里菜でした!」と、力強く未来に向かって歩き出していく。

 なお、終演後のスクリーンには、ハロプロエッグ時代から今日に至るまでのヒストリー映像と“真野恵里菜 夢はまだまだ続く”という意思表明が。これからも表現者としての道を歩み続ける彼女の動向にぜひ注目してほしい。


◎嗣永桃子からの手紙(抜粋)

「真野恵里菜さま。真野ちゃん、ご卒業おめでとうございます。真野ちゃんの卒業発表を聞いてから“まだまだ卒業まで時間あるから”と、呑気に今まで過ごしてきましたが、今日、2月23日でハロプロを卒業するということで、正直、まだ実感が湧いていません。真野ちゃんとは同じ歳ということもあって、一緒にいるとすごく安心しました。一緒にご飯を食べたり、たくさんお話したり。時には相談にも乗ってくれて、本当にどうもありがとう。

お芝居が大好きな真野ちゃんと、お芝居に苦手意識があるももち。舞台稽古中、セリフが全然覚えられなくて、「どうしたらいいの?」って相談したら、「台本読めば覚えられます」。……正直、実にアテにならないアドバイスだったけど、何故だか本当に台本を読んだら覚えられちゃいました。ありがとう。

ももちはファンの方から常に“ひとりぼっちのイメージ”って言われるんだけど、真野ちゃんが仲良くしてくれてから、真野ちゃんがももちにとって唯一の存在と認識されるようになりました。だから真野ちゃんが卒業することにより、またももちはひとりぼっちに……。またご飯食べる相手がいなくなると、心配されています。真野ちゃん、ファンの皆さん、ご心配なさらずに。ご飯を食べてくれる相手、きっと見つかります。

これからお芝居を中心に活動していく真野ちゃんを、ももちは心から応援しています。いつかドラマの番宣か何かで「現役アイドル時代の仲良かった方を紹介してください」みたいなことがもしあったら、ぜひももちを呼んで下さい。その際、真野ちゃんの楽屋で大量の納豆を食べたこと。外食したとき、お会計で端数まできっちり割り勘だったことは、お願いだから伏せて下さい。心からお願い申し上げます。

最後になりますが、自分をしっかり持った、真面目で優しい真野ちゃんが……大好きです。こんな私ですが、これからもぜひ“おとももち”でいてください。」

◎矢島舞美からの手紙(抜粋)

「真野ちゃんへ。何だか、真野ちゃんが「マノピアノ」を弾き語りしていた頃が、ついこの間のことのように感じるね。真野ちゃんのイベント、私も出させてもらったよね。あのときは「矢島さん、矢島さん」ってなかなか「舞美ちゃん」って呼んでもらえなくて、何がなんでも「舞美ちゃん」って呼んでもらえるようになるぞって思ったっけな。小さい頃、真野ちゃんは洗濯カゴに入るのが好きだったという、意外な共通点も見つけたな。あのイベントで真野ちゃんのことをたくさん知ることができたな。

そんなイベントからもう約5年も経つんだね。ソロでの活動ってきっと私が想像している以上に大変なこともあったと思う。泣いてる真野ちゃんや、ブログで悩んでる真野ちゃんを見る度に「大丈夫かな?」ってすごく心配だった。だからね、「いつでも頼ってほしいな」ってずっと思ってた。真野ちゃんが初めて私に悩みを話してくれたときは、すごく嬉しかったんだよ。

いつか真野ちゃんにも卒業する日が来るんだろうなと思っていたけど、ついにこの日が来たね。インディーズの頃から見てきて、最初は「あ、真野ちゃん、緊張してる。大丈夫かな。頑張れ!」って私までドキドキしながら見てたけど、この5年で見た目も中身もめちゃめちゃ大人になっちゃって、いつの間にか「格好良いなぁ。大人だなぁ」って尊敬の目で真野ちゃんのことを見るようになってた。

ハロー!プロジェクトのコンサートにもう真野ちゃんがいないんだと思うと寂しくなるけど、真野ちゃんは新たな道を、自分の夢に向かって歩んでいってほしい。これまでいろんな壁を乗り越えてきた真野ちゃんだから、きっとまた新たな壁にぶつかっても、乗り越えていけるだろうなぁって心配はしてないよ。でも辛いときには、独りで抱え込まないでね。真野ちゃんは独りじゃないし、周りを見れば、スタッフさんたちだって、マノフレだって、もちろん私だっているよ。いつでも真野ちゃんの味方なんだからね。明日からも真野恵里菜を心から応援しています。

卒業おめでとう。」

取材&テキスト:平賀哲雄


◎ライブ【真野恵里菜メモリアルコンサート2013「OTOME LEGEND~For the Best Friends」】
02月23日(土)中野サンプラザ SET LIST:
01.乙女の祈り
02.ラララ-ソソソ
03.ラッキーオーラ
04.天気予報があたったら
05.お願いだから…
06.ドキドキベイビー
07.Tomorrow
08.メドレー(熱血先生~純情警察“K・I・S・S”~Ambitious Girls~青春のセレナーデ~堕天使エリー~青春のセレナーデ)
09.ダレニモイワナイデ
10.黄昏交差点
11.世界はサマー・パーティ
12.21世紀的恋愛事情
13.元気者で行こう!
14.-ダンスタイム-
15.春の嵐
16.Song for the DATE
17.Glory days
18.はじめての経験
19.バンザイ!~人生はめっちゃワンダッホーッ~
En1.マノピアノ
En2.NEXT MY SELF
En3.みんな、ありがとう。
En4.My Days for You

真野恵里菜 その他の画像・最新情報へ

関連商品

プッチベスト20 2020
(V.A.) ハロー!プロジェクトモベキマス 7AIR モーニング娘。’18 ℃-ute 道重さゆみ・生田衣梨奈・鞘師里保・鈴木香音・飯窪春菜(モーニング娘。) Juice=Juice こぶしファクトリー「プッチベスト20 2020」

2020/01/08

[CD]

¥3,300(税込)

プッチベスト20 2020
(V.A.) ハロー!プロジェクトモベキマス 7AIR モーニング娘。’18 ℃-ute 道重さゆみ・生田衣梨奈・鞘師里保・鈴木香音・飯窪春菜(モーニング娘。) Juice=Juice こぶしファクトリー「プッチベスト20 2020」

2020/01/08

[Blu-ray Disc]

¥4,400(税込)

℃maj9
℃-ute「℃maj9」

2015/12/23

[CD]

¥3,056(税込)

℃maj9
℃-ute「℃maj9」

2015/12/23

[CD]

¥4,400(税込)

℃maj9
℃-ute「℃maj9」

2015/12/23

[CD]

¥5,500(税込)

ACCESS RANKING

アクセスランキング

  1. 1

    Hey! Say! JUMP、ニューシングル全貌&新ビジュアル公開 DECO*27、映秀。が楽曲提供

  2. 2

    新世代トランスジェンダーアイコン“サリー楓”誕生の瞬間を捉えたドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』公開へ

  3. 3

    アリアナ・グランデ/オリヴィア・ロドリゴなど、米ミネソタで再び起きた黒人男性の理不尽な死にSNSで反応

  4. 4

    ポール・ギルバート、新インストアルバム『Werewolves of Portland』発売へ

  5. 5

    イヤーズ&イヤーズ、2人のオリー・アレクサンダーが登場する新曲「Starstruck」のMV公開

HOT IMAGES

注目の画像