Billboard JAPAN


Billboard Japan Hot Animationチャートの解説

順位│前回 ジャケット写真│タイトル│アーティスト名 チャートイン数
1 NEW Aqours 「青空Jumping Heart」 1
2 UP 13 藍井エイル 「翼」 2
3 UP 11 GLIM SPANKY 「Next One」 3
4 DOWN 1 水樹奈々 「STARTING NOW!」 2
5 DOWN 2 YUKI 「ポストに声を投げ入れて」 2
6 NEW 765PRO ALLSTARS 「THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER 00 Happy!」 1
7 UP 10 秦基博 「ひまわりの約束」 100
8 DOWN 3 UNISON SQUARE GARDEN 「シュガーソングとビターステップ」 56
9 DOWN 6 B-PROJECT 「鼓動*アンビシャス」 3
10 DOWN 9 ケツメイシ 「友よ~この先もずっと…」 18
11 NEW 9mm Parabellum Bullet 「インフェルノ」 1
12 NEW KOTOKO × ALTIMA 「PLASMIC FIRE」 1
13 NEW 岸田教団&THE明星ロケッツ 「天鏡のアルデラミン」 1
14 NEW 地球防衛部 「沸点突破☆LOVE IS POWER☆」 1
15 DOWN 4 ASIAN KUNG-FU GENERATION 「ブラッドサーキュレーター」 2
16 DOWN 15 THE SUPER BALL 「トモダチメートル」 3
17 DOWN 7 (V.A.) ジャスティン・ティンバーレイク、グウェン・ステファニー、ロン・ファンチズ ジャスティン・ティンバーレイク アナ・ケンドリック、グウェン・ステファニー、ジェームズ・コーデン、ロン・ファンチズ、ウォルト・ドーン、キャロライン・ヒェルト、アイノ・ジャウォ、クナル・ネイヤー アナ・ケンドリック ズーイー・ディシャネル アリアナ・グランデ グウェン・ステファニー、ジャスティン・ティンバーレイク「トロールズ オリジナル・サウンドトラック」 11
18 DOWN 12 RADWIMPS 「君の名は。」 5
19 DOWN 16 Dream Ami 「トライ・エヴリシング」 15
20 NEW

アイ・ドント・アンダースタンド・ユー OK GO × Perfume

1

Special Contentsmore

もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
もしもビルボードジャパンチャートが30年前からあったら?~KUWATA KEISUKE~
ソロ・デビュー30周年となる桑田佳祐の代表曲が“今と同じリスニング環境”であると仮定したチャート分析。
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
ジャミーラ・ウッズ 来日直前インタビュー
「様々な制圧に自分の詩や音楽で立ち向かっていきたい」
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
特集:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND~ロック・スピリットを持つアコースティック・バンドの魅力
彼らにしかなし得ない音楽を追求し続けるOAUに迫る。
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
ポール・スタンレー来日記念インタビュー~KISSのフロントマンはなぜソウルを歌うのか
「ハードロックと同じくらい私にとっては大切なんだ。」
LIVE HACKASONG
LIVE HACKASONG
“エンタテインメント体験の拡張”をテーマにしたロングランハッカソン。観覧席予約受付中
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
「ピアノで歌う」― 村松崇継 インタビュー
アーティストとしての活動する上での信念や思い描くビジョンを語る。
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
ギター・マガジン編集部にインタビュー「“出会い事故”みたいなものが本を読んで起きたら嬉しい」
「どういうスタイルや姿勢で僕らが本を作っているのか、もっと知ってもらう必要がある」
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。

Chartsmore