Billboard JAPAN


松本英子

松本英子

Surf&Cafe -70’s&80’s City Pop-
(V.A.) 笹川美和 松本英子+長谷川久美子 拝郷メイコ feat.池田綾子 松本英子 長谷川久美子 池田綾子 池田綾子+YUKA YUKA 松本英子「Surf&Cafe -70’s&80’s City Pop-」
2016/12/21
[CD]
¥3,240(税込)
購入画面へ
夢の種
松本英子「夢の種」
2014/05/21
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
I’m home
eiko matsumoto「I’m home」
2014/05/21
[CD]
¥2,800(税込)
購入画面へ
ママ・デカフェ ~LOVE~
m.a.m「ママ・デカフェ ~LOVE~」
2013/10/23
[CD]
¥2,484(税込)
購入画面へ
On/Off ふるさとボッサ
(V.A.) 池田綾子 松本英子 笹川美和 長谷川久美子 拝郷メイコ 笹川美和 feat.池田綾子 拝郷メイコ feat.池田綾子「On/Off ふるさとボッサ」
2013/08/07
[CD]
¥2,057(税込)
購入画面へ
On/Off ふるさとボッサ
(V.A.) 池田綾子 松本英子 笹川美和 長谷川久美子 拝郷メイコ 笹川美和 feat.池田綾子 拝郷メイコ feat.池田綾子「On/Off ふるさとボッサ」
2011/11/23
[CD]
¥2,469(税込)
購入画面へ
FLOWERS
(オムニバス) 中谷美紀 松本英子 槇原敬之 Le Couple 井上陽水 松たか子 財津和夫「FLOWERS」
2004/05/26
[CD]
¥2,700(税込)
購入画面へ
サウンドトラック「サモンナイト」
(オリジナル・サウンドトラック) 加藤いづみ 松本英子 今滝真理子「サウンドトラック「サモンナイト」」
2003/10/24
[CD]
¥3,024(税込)
購入画面へ
君の音
松本英子「君の音」
2003/02/26
[CD]
¥2,592(税込)
購入画面へ
今年の冬/夢見るシャンソン人形
松本英子 feat.槇原敬之「今年の冬/夢見るシャンソン人形」
2003/01/08
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
カタルシス
松本英子「カタルシス」
2002/07/24
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
明日も笑えるように/君に会いたい
松本英子「明日も笑えるように/君に会いたい」
2002/05/15
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
realize
松本英子「realize」
2002/01/23
[CD]
¥1,080(税込)
購入画面へ
Seasons
松本英子「Seasons」
2000/08/31
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
Someone
松本英子「Someone」
2000/07/26
[CD]
¥1,296(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore