Billboard JAPAN


宇徳敬子

宇徳敬子

Daily News

6
森友嵐士 宇徳敬子/ゴールデンボンバー鬼龍院翔との共演も収録 初の映像作品発売
宇徳敬子 夏にソロデビュー20周年の集大成ライブ開催

もっとみる

光と影のロマン/ETERNITY
宇徳敬子「光と影のロマン/ETERNITY」
1997/05/14
[CD Single]
¥1,049(税込)
購入画面へ
宇徳敬子「氷」
1996/11/11
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
メッセージ/YEAI YEAI
宇徳敬子「メッセージ/YEAI YEAI」
1996/08/05
[CD Single]
¥1,049(税込)
購入画面へ
砂時計
宇徳敬子「砂時計」
1994/10/09
[CD]
¥3,146(税込)
購入画面へ
どこまでもずっと/あなたに会いたい
宇徳敬子「どこまでもずっと/あなたに会いたい」
1994/07/30
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ
愛さずにはいられない/幸せの予感
宇徳敬子「愛さずにはいられない/幸せの予感」
1994/03/16
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ
甦る60 S涙のバケーション
Mi-Ke「甦る60 S涙のバケーション」
1993/06/02
[CD]
¥2,412(税込)
購入画面へ
Please Please Me,LOVE
Mi-Ke「Please Please Me,LOVE」
1993/05/12
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ
涙のヴァケーション
Mi-Ke「涙のヴァケーション」
1992/12/31
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ
グッドバイ・モーニング
近藤房之助&宇徳敬子「グッドバイ・モーニング」
1992/11/21
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ
ピンク・クリスマス
Mi-Ke「ピンク・クリスマス」
1992/11/06
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ
朝まで踊ろう 悲しきテディ・ボーイ
Mi-Ke「朝まで踊ろう 悲しきテディ・ボーイ」
1992/10/14
[CD]
¥2,412(税込)
購入画面へ
白い白いサンゴ礁
Mi-Ke「白い白いサンゴ礁」
1991/12/04
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ
Mi-ke
Mi-Ke「Mi-ke」
1991/11/27
[CD]
-
購入画面へ
むーんな気持はオセンチ
Mi-Ke 近藤房之助「むーんな気持はオセンチ」
1991/07/11
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ
ブルーライト ヨコスカ
Mi-Ke「ブルーライト ヨコスカ」
1991/06/13
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ
好きさ好きさ好きさ/スワンの涙
Mi-Ke「好きさ好きさ好きさ/スワンの涙」
1991/05/03
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ
想い出のGS九十九里浜
Mi-Ke「想い出のGS九十九里浜」
1991/04/13
[CD]
¥2,412(税込)
購入画面へ
想い出の九十九里浜
Mi-Ke「想い出の九十九里浜」
1991/02/14
[CD Single]
¥975(税込)
購入画面へ

Special Contentsmore

NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
NOW PLAYING JAPAN~音楽をもっと、みんなのモノへ
2018年3月19日、東京Zepp DiverCityにてLIVE vol.1開催決定!詳細は1月12日発表。
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
シェネル 10周年記念オールタイムベスト『10th Anniversary ALL TIME BEST』インタビュー
私の目指すシンガーに、ホイットニー・ヒューストンがいる
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』発売記念特集
来年デビュー55年目を迎えるストーンズが、今なぜ最初期のライヴを発表したのか。原点回帰しながらも未来を見据える彼らの姿勢とは。
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
和楽器バンド『軌跡 BEST COLLECTION+』全員インタビュー
「日本のバンド=和楽器バンド」に辿り着きたい。
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
ビルボードジャパン 2017年年間チャート発表
【HOT 100】、【HOT ALBUMS】、【TOP ARTIST】年間ランキングを詳しく解説。
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
ソニー『クロスオーヴァー&フュージョン・コレクション1000』
100タイトルの中から音楽ライターの熊谷美広氏が「初心者でも楽しめる作品」、「マニア垂涎の作品」を5枚ずつピックアップ
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
KISSのフロントマンによる渾身のソウル/R&Bプロジェクト、ポール・スタンレーズ・ソウル・ステーション来日記念特集
なぜ、いまポールがソウル・クラシックスのカバーに挑むのか? 増田勇一が解説。
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
コン・ファンク・シャン 来日記念特集
数々のダンス・クラシックを生んだスーパー・グループの軌跡。

Chartsmore